« こんどはインターネットに繋がりません | トップページ | ステンシル失敗 »

多色刷りは難しい

ステンシル(型染め)の多色刷りは難しい。まず、型を三枚も抜くなんて、不器用な私には至難の技。大幅に下絵と抜き型が違っているらしく、仕上がりは決して合致しません。隙間があるのがいいはずはありませんが、結構味があって・・・なんて、言い訳しても始まりません。
 本日は、三枚型をソーメン箱とエコバッグ(キャンバス地)で練習しましたが、箱にはペイントが全く乗りませんでした。後から、筆で重ね塗りをするありさま。素材が木ではなくプラスティックなのかも? 

 ステンシルし難かった原因は、多分、スポンジング(海綿を使ってペイントを塗る手法)をした時に、メディウムを混ぜなかったせいでしょう。ペイントが乗らず、結局トールペイント用の筆で、普通に塗りました。型を使って叩き込むという手法のステンシルが全く出来なかったのです。

 完成したと言えるかどうか分からないので、写真は後日のことに。でも、勉強になることは確か。目からウロコがポロポロの毎日です。ペイントの基礎は、下地作りですが、今回は4回塗ってやっと少しましな出来に。ペンちゃんには脱帽です。

|

« こんどはインターネットに繋がりません | トップページ | ステンシル失敗 »

ステンシル(型染め)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんどはインターネットに繋がりません | トップページ | ステンシル失敗 »