« リサイクル・トールペイントでブローチ用ボックス | トップページ | 日本語は難しい »

イチゴのボックス

Itigoweb Tulipsweb 練習帳にペイントするのをやめたので、リサイクルできる箱の大活躍。本日は午後から、イチゴと葉、チューリップと葉が描けました。花は少し立体感がだせるようになったかな? と思う程度なのですが、葉は難しい。とにかく、ピンクの丸箱2セット完成です。居間で、もう一つ同じチーズの空き箱を発見したので、今度はブルーに塗っておきました。紙の箱が一番書きやすいので、もうないかと物色中。

 教本によると、ペイントする時には、同じ種類の花でもそれぞれ違うはずなので、パレットに色々な色を出しておいて、少しずつ変化をつけて塗ると、単調にならない、とありました。確かに。 私の場合、つい、必要な色、三色程度を出すだけなので、単調になるわけです。
 トールペイントの良い点は、失敗が無いこと。コアラさんが、「ステンシル(ファブリック・ステンシル)には失敗がありません。」と言ってくれて、稚拙な上に失敗までした作品でも、最後にはきれいに修整、追加をしてくれて、ボロ隠し以上のできにしてくれるのですが、それと同じ。いえ、それ以上でしょう。 ステンシルは、一度塗ってしまうと、その色が気に入らないからとその上に塗り重ねると、たいていはさらに悪くなってしまいますが、トールペイントは失敗した色に重ね塗りOK。 もちろん、乾いてからですが。 乾くと、色が混ざることが無い。

 トールペイントの練習をしつつ、写真編集の実践中。オリンパスマスターで編集し始めて、サイズ変更は20%に縮小して、ブログにアップ。 詳細を残しておきたいので、作品の保存自体は50%縮小。 さらに、JPEGで保存できるので、写真屋さんで印刷可能となりました。  以前から使用しているアプリケーションは、スキャナー用として存在価値あり。オリンパスでは我が家の古いスキャナーを認識せず、映像の取り込み選択肢は、カメラかメディアだけ。何だか訳が分かりません。

|

« リサイクル・トールペイントでブローチ用ボックス | トップページ | 日本語は難しい »

トールペイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リサイクル・トールペイントでブローチ用ボックス | トップページ | 日本語は難しい »