« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ABC祭りのフリーマーケットへ

Abcmaturiこれは、入り口のアーチ。毎年同じものを使用しているので、私はうっかり場所も去年と同じと勘違い。方向音痴ですから。
時間の都合で、南米の民族舞踊も何も見えなかったのですが、もう少し待つとフィリピンのバンブーダンスが始まるところでした。泉南市には、南米の人達同様、フィリピンの人達も多いのかな? 海外交流推進チームに一応登録だけはしているのですが、ほとんど活動に参加していない状態なので、よく分かりません。ごめんなさい。
 南米の料理として、懐かしいアレパ(トウモロコシのお焼き風)やエンパナーダ(ピロシキ風)もあったのですが、昼食を食べてすぐに出かけたので、手がでませんでした。 む、無念! パパリンに、「また今度作ってくれたらいいやん。」と言われてしまいました。「は~い、そうさせていただきま~す。」 どうやら、我が家の味に馴らされてしまったらしい。
Bears_2  昨日載せたのですが、久し振りのフリマ。 あっという間に、熊の縫いぐるみを発見し、次々と購入。我が家の仲間が増えました。 
セットの中に、ムーミンが2個。仕方なく購入。ムーミンはバク? 熊以外の動物が増えました。キリン・猫・犬・小鳥・カメ・・・カラカス時代には、たくさん陶器の動物達を収集していたのですが、帰国後、置き場所がなく処分。

Saratate 今回のフリマでの買い物は、熊3個・ムーミン2個・台所の皿立て一個。
平行に置くのではなく、斜めに立てかけて、皿ではなくフタ掛けに使用。

こういうアイデアを思いつくと、すごく嬉しくなります。こんなことばかりだと家事も楽しめるのですが。

 久し振りに食パンを焼こうとしたら、ベーカリーの説明書兼レシピの小冊子が無い。古い機械のもない。アレマの日々。 ネットで調べてみると、あまりにもいろいろな配合があり、どれにしよう? と迷いつつ、意気消沈。

| | コメント (0)

パソコンが立ち上がりません

Zeraniiumエライコッチャです。パパリンのパソコンが立ち上がらなくなってしまいました。相談電話は時間外。スクリーンに英語で案内が出ているのですが、キーが全く反応せずお手上げ。 

 私の問題はまったく深刻ではないのですが、少し前から、写真編集のアプリケーションを変更。 まだ不慣れ。 写真のサイズ変更を20%にしてアップしていたのですが、これは50%。 なんと大きな写真になることか。茎や葉の薄い毛のような部分まで見えるではありませんか。びっくり。でも、息子や娘(携帯)がブログを開くのに時間がかかるのでは? 娘が時々携帯でチェックを入れてくれているらしいのですが、画面が小さいので細部は見えないでしょ。 

Bears

中を取って、30%にサイズダウンしてみました。これでもまだ大きすぎ。画面をずらさないと一目では見られません。う~ん、じゃ、25%? 小さすぎるとサムネイルは別として、ポップアップしたときにはぼやけてしまいます。

 

| | コメント (0)

コーヒーの空き瓶蓋にトールペイント

本日のテーマは、細筆の使い方練習。結構、頑張ったのですが、最後の仕上げニスが不足し、得体のしれない?上塗り剤を使用。すると、最後の最後の一筆で失敗。見事にペイントが剥げ落ちてしまったのです。トホホ
 使用方法が間違っていたことは間違いない。

  ①筆使いが最後にあせってしまったのか、それとも②仕上げに使うべきではなかったのか。それが問題。
 ②の間違いだとすれば、コーヒー蓋に描いた他のトールペインティングの犬・紙箱のヒマワリ・鏡の縁も、ペイントがはげていいはず。 なのに、最後に塗ったスズランだけ。こんな失敗は初体験。
Sunflower P4280107 コーヒーの空き瓶のフタに描いた犬は大失敗の巻。デジカメから取り込むのにも失敗。諦めましょSuzuranう。娘が「目を描くのがうまくなったねえ」と、慰めてくれました。花はごまかしがきくけれど、動物は・・・

真ん中の写真の鏡の縁取りでは、ダブルサイドローディング(二色同時塗りでグラデーション)に挑戦。 グラデーションができた!   ピンクの濃淡が見えるでしょうか。小さな幸せに浸っています。

 この古い鏡は、ひょっとすると息子のか、あるいは弟のかも? どちらにしてもかなり古い物を取り出してきたので、 何とか使用できるようにと明るく変身。 ピンクは部屋の運気を良くする? え、それは黄色? では、今度はオーソドックスに黄色のヒマワリにしましょうか。

| | コメント (0)

ジャムは娘の手作り、容器のフタには私がトールペイント

Jamufuta Jamu 仕事が休みでも自宅でゆっくりできるのは珍しい娘が、料理学校で習った4月のもてなし料理を作ってくれました。イタリア料理。デザートはクレープ(ソースはクワントローとオレンジ入りの本格派)。 夕食の分だけ、アルバム『娘の料理』にアップ。 デザートは三時のおやつにしてくれました。
 このジャム作りにはおまけが。調理途中の上澄み液を紅茶に入れてもらい、最後まで渋くならずに香りの良い美味しいのを頂きました。こんな美味しい紅茶は初めて! 感謝。
 昨日描いたイチゴの方が美味しそうに出来ていたのですが、これは少しダーク過ぎ。(パパリンも同調) 過熟イチゴみたい。
 今日でだいたい3週間くらいパンを焼いていないらしいのですが、ステンシル歴がそれくらいということです。このところ、下塗りをしたり重ね塗りをしつつ、別の作品の準備もするという風に時間の節約をはかり、とうとう一日に数点を仕上げるのが普通に。 本日も、このイチゴジャムのフタを準備しつつ、ソーメンのフタにデージーとカーネーションを描きました。気持ちよく筆が動かせました。
Deji  母の日が近いからという分けではないのですが、偶然、お店で扇型に開いた筆を発見したので、カーネーションを描こう!と。 デージーの素敵なデザイン・描き方も教本に載っていました。ただ、このデザインをされた方は、あまり下描きをしないタイプなので、本を見ながら直描き。 かなり違った雰囲気に出来上がり、それが狙いらしい。コアラさんのステンシルレッスンの精神と同じ。世界に一つの自分流。(ゼロからは無理なので、素材として型を使用) 

| | コメント (0)

空き瓶の蓋にトールペイント

写真の上のは、綿棒入れのフタ。プラスティック容器。下のは、ガラス瓶の蓋。どちらも板や紙よりペイントが乗りにくいので、下塗りに手間と時間をかけました。そのため、二度と同じ色あいや風合いはできません。
Mugi  本日のテーマは、S字に筆を動かす練習とダブルサイドローディング。 下地塗りを丁寧に丁寧にしたおかげで、とっても落ち着いた仕上がり(自己満足)。色を変えて5回くらいスポンジでポンポンと。普通に塗ると、筆の跡がついてしまうので、不器用な私には無理。ごまかしテクニックです。

 少しづつですが、教本に書いてある説明が分かり始めました。最初は、読んでも写真説明を見ても良く分からなかったのですが、異なった本の説明を10冊以上繰り返し読んでいると、私にも分かる・できる説明に当たりました。目からウロコがポロポロと落ちる毎日。

| | コメント (0)

日本語は難しい

まだ、ぺんちゃんと連絡が取れていませんので心配です。早く元気な声を聞きたいものです。

 ところで、紙のあき箱は残りすくなくなったので、台所の空き瓶の蓋にトールペイントをしてみようかと、まずは下地塗り。先日購入した下塗り剤と上塗り剤(ツヤあり)で、夫婦して頭をン? 説明文がほとんど同じ。 

 日本語は難しい。いえ、考えすぎなだけ。作品を塗り始める前の段階で塗るのは、下塗り剤(重ね塗りもきれいに自由自在)。では、上塗り剤(ツヤあり)はどう使う? 

 上塗り剤の特徴は、乾くと水に溶けなくなり、重ね塗りもきれいに自由自在、とあります。え? じゃ、仕上げ剤ではない。 下塗り剤と同じ????

 こういう事でしょうか。下地塗り→ペイント→上塗り剤 or 仕上げ剤

 仕上げ剤には、ちゃんと仕上げ用の水性ニスです、と書かれているのですから、さらに上塗りはできないという意味? 上塗り剤は追加描きこみ可能なのかな、と想像。ちょっと悩ましい表示です。

 でも、最近のPCの表示・説明もよく分かりません。意味不明。息子に相談して、「それ無視していいよ」、と言ってもらえるとホッとします。

| | コメント (0)

イチゴのボックス

Itigoweb Tulipsweb 練習帳にペイントするのをやめたので、リサイクルできる箱の大活躍。本日は午後から、イチゴと葉、チューリップと葉が描けました。花は少し立体感がだせるようになったかな? と思う程度なのですが、葉は難しい。とにかく、ピンクの丸箱2セット完成です。居間で、もう一つ同じチーズの空き箱を発見したので、今度はブルーに塗っておきました。紙の箱が一番書きやすいので、もうないかと物色中。

 教本によると、ペイントする時には、同じ種類の花でもそれぞれ違うはずなので、パレットに色々な色を出しておいて、少しずつ変化をつけて塗ると、単調にならない、とありました。確かに。 私の場合、つい、必要な色、三色程度を出すだけなので、単調になるわけです。
 トールペイントの良い点は、失敗が無いこと。コアラさんが、「ステンシル(ファブリック・ステンシル)には失敗がありません。」と言ってくれて、稚拙な上に失敗までした作品でも、最後にはきれいに修整、追加をしてくれて、ボロ隠し以上のできにしてくれるのですが、それと同じ。いえ、それ以上でしょう。 ステンシルは、一度塗ってしまうと、その色が気に入らないからとその上に塗り重ねると、たいていはさらに悪くなってしまいますが、トールペイントは失敗した色に重ね塗りOK。 もちろん、乾いてからですが。 乾くと、色が混ざることが無い。

 トールペイントの練習をしつつ、写真編集の実践中。オリンパスマスターで編集し始めて、サイズ変更は20%に縮小して、ブログにアップ。 詳細を残しておきたいので、作品の保存自体は50%縮小。 さらに、JPEGで保存できるので、写真屋さんで印刷可能となりました。  以前から使用しているアプリケーションは、スキャナー用として存在価値あり。オリンパスでは我が家の古いスキャナーを認識せず、映像の取り込み選択肢は、カメラかメディアだけ。何だか訳が分かりません。

| | コメント (0)

リサイクル・トールペイントでブローチ用ボックス

ペンちゃん、大丈夫かな~? と心配しています。昨日はチャットができないくらい体調不良らしい。息子は、メールを開くよりこのブログを見てくれる回数が多いようなので・・・

 先日、ケーキの空き箱(厚紙)に桜のステンシルに挑戦したのですが、今度はチーズの空き箱(プラスティック製木目風?)をが2つ発見。 とても可愛いイラスト(ワインビン等)があるのですが、雰囲気を変えるために、ピンクで下塗り。  とっても明るい仕上がりとなり気に入っています。

 夕方から始めて、食事休憩以外は休まず、熱中して10時前に完成。

 新たに借りたトールペイントの本を見ながら、最初は練習帳に描いていたのですが、ペンちゃんに「もったいない」と注意されたのを思い出し、本番一発勝負=空き箱で練習。 前回は、ソーメンの空き箱。 本日は、チーズセットの空き箱。 練習帳や古封筒に練習するのは、ペイントがもったいとのこと。 そうやね! 反省。
Broochbox Broochbox  ブローチボックスの完成です。まだ新規の編集ソフトに慣れていないので、明暗調整ができず、白く光ってしまってあまりよく分かりませんね。左が無修正。 右はPictureIt!で編集したものが右側。PC作業のお勉強!

写真の左上に、参考にしたデザインを小さく写しておきました。もう一つ空き箱があるので、同じ色で下塗り準備OK。 さて、どんなデザインにしようかな? 楽しみ。

Cheesecake  今、娘からベークド・チーズケーキ完成という写メールが届きました。

私はチーズケーキが大好きなので、半分ほどは持ち帰ってくれるそうなので、楽しみ。

| | コメント (0)

また新たなトールペイントの本を借りました

たいていの事は、半年くらいは熱中するので、多分トールペイントもその程度は続くかも。ただ、仕事が忙しくなって間があくと怪しい。続けて描いている間は、次々と筆使いの練習をしたり、デザインを研究したりする意欲が湧くものですが。
 私より一足先に開始したペンちゃんは、手先の器用さと創造力の豊かさと両方あるので、どんどん上手になっているみたい。 それを見ている息子も少しはやりたい気持ちがあるらしい。 子供の頃から、ミニチュアカーを組み立ててペイントまでしていたり、 以前車の塗装を仕事にしたこともあるので、一旦トールペイントを始めると、上達は早いでしょう。 ところが、彼曰く「、あまり上手な人が側にいると、ペンちゃんがやる気をなくす恐れがある」から、始めるのを躊躇しているらしい。 そうかもしれませんね。でも、何か趣味を持つのは良いことです。今はまだ自動車業界が本調子ではないので、ゆとりがないかも。そのうちに、そのうちに・・・
 私は、かわいいデザインを探したくて、また図書館からトールペイント関係と色鉛筆で描く本を借りてきました。 残念ながら、すぐ近所にあった本屋さんが廃業したので、不便になりました。これはネットで何でも検索できる弊害かも。
 娘が2連休なので、夕食を作ってくれたので、私は筆使いの練習に没頭。ちっとも上手になりませんので、上手になることは諦め、楽しむ方法を学びます。 

借りた本は、図案つきで146点も季節の花や行事、それに動物もいろいろ載って、見ていると夢の世界へ飛んで行けます。いつかはこんなのを・・・などと夢見るわけです。それだけでも十分価値あり。スキャナー復活なので、どんどん取り込んでみましょう。メモリーはいくら保存しても大丈夫なくらい大容量です。

| | コメント (0)

お絵かきエコバッグ

昨日、時間が空いたときに楽しくお絵かき。エコバッグの買い置きが2枚あったので、好きに描いてみました。もう一枚は、ソーメンの空き箱に描き続けていたのを完成させ、ニスを塗りました。

P4230054Somenさて、これから娘は料理教室、私は公民館へ出かけます。

娘のクッキングレッスンの写真は、「娘のご飯」アルバムにアップします。

| | コメント (0)

7秒体操でジーンズが履けました

息子一家が我が家に居た数年前に、息子用に購入したものの合わなくて、私にまわってきたジーンズ。 その当時は何とか入ったのですが、ちょっとキツメで普段履きにしてない間に、体重が増加。(去年、TVゲームで運動した時に再び履けただけ) あわれ、ジーンズはタンスの奥へ。 
 そのジーンズが、なんと体重は全く変化ないはずなのに、また着られるようになりました。 何で? ジーンズは放置しておくと伸びる? いえ、絶対にそんなことはありません。
 7秒筋トレの成果かも。朝、布団の中で、お腹を7秒間だけ引き締めて休む。ただ、それだけをTVをつけて眺めつつ、15~20分程度。忘れてしまうこともあるので、そう効果は期待していなかったのですが、ま、わずかでも変化はあったわけです。
 ところで、生徒さんから勧められた、目に良いというブルーベリー。サプリメントの錠剤は飲み辛いので、顆粒状のヨーグルトに混ぜるタイプをかなり長いこと続けていたのですが、入手できなくなり困っています。昨日で終了。残念。
 カスピ海ヨーグルトに混ぜて朝食時に食べていたので、、抵抗力(花粉症がましに)を強くすることと、目に良いことと、一挙両得と喜んでいたのですが・・・

| | コメント (0)

三色コースター完成

本日、初めてスキャンした教科書をペンちゃんに送りましたが、字が読めるでしょうか? ファイルのサイズを小さくした方が開けやすいかと、小さくしたのでぼやけるかな? 心配。少し大きめの目のファイルにもしてあります。スキャンしたままだと字は読みやすいですが、大きすぎ。

少し前に下地塗りを重ね、寝かしておいたコースターにトールペイントが完成。
Kosuta 薄いベージュに下地を塗ってあったのですが、図案の都合でまた三枚別々に、海綿で色をパタパタと叩きました。

もう遅いので寝ます。

一夜あけて、枕元に娘のかわいいバッグがあり、図案が気に入ったので早速デッサンしておきました。さて、これから朝食準備。毎朝、TV『今日のわんこ』を楽しみにしているのですが、つい作業に熱中し、済んでから気づきます。 トールペイントに熱中し過ぎ、 娘から「最近、パン焼いてないね。」 と。 一点豪華主義ではなく、熱中症です。フォカッチャを焼いて欲しいらしい。 初の炊飯器で焼く(蒸す?)レシピを探してくれました。ベランダには生のローズマリーもあることだし。フフフな毎日。

 三色のコースターの構想は、出来上がりとは少し違っていたのですが、ま、結果オーライ。薄ピンク・黄色・ブルーの地色に変更して、上塗り2回。なのに、デザインを写す作業に熱中するあまり、色選択を失念。本当は、熊さんが風船で空を飛んでいるコースターをブルー地にする予定でした。チューリップ柄をピンク地に。そのために、雲の色を白からブルーへ。一晩置いてよく観察してみると、魚の柄の泡がいびつなのと、コースター側面の塗りのムラが気になるので、少し塗ります。

 トールペイントで気づいたことは、木の素材には、一度では塗れないということ。私のやり方が下手で、自己流なので本来はそういうことは無いかもしらないのですが、三度塗り位で、やっと普通状態にペイントがつきます。だから、ステンシル型でペイントを叩いても色が乗らない。薄~く付く程度。 ステンシルでも少し乾かしながら、三回に分けて叩く? それも良いかも。ドライヤーを駆使しつつ・・・一度やってみます。

| | コメント (0)

砂川の藤祭りは29日まで

昨日の日曜日に、公民館からの帰り道、例年通り藤が咲き、ボランティアの案内役が見物客に説明している姿が見えました。 お祭りが済むと花房を落として参加者に配布すると伺っているので、この週末が本番かな? 

 ネットで調べてみると、保存会のHPがあり、4月29日までとのこと。

 砂川駅から徒歩7~8分なのですが、人出が苦手なので、すぐご近所にも見事な藤の花が咲き誇っているので、それで満足しています。散歩道の公園の藤棚では、小さな房が。去年同様、徳島で昔食べた藤餅を思い出しては、もう同じものはないだろうなとか、連想ゲームでブドウ饅頭まで思い浮かべて・・・小松島港経由で里帰りしていた学生時代には、必ず買っていました。花より団子のマルガリータです。

 月曜日は、3時間位トールペイントの教本をスキャンして過ごし、疲れて描く気力無し。5冊分ですから、結構時間がかかりました。

| | コメント (0)

失われた写真発見

先週、娘の休日を撮った写真をデジカメからPCに取り込む作業中に、自動削除機能が働いて削除されてしまった件。なんと、マイ・ピクチャーを整理していて発見。写真を全て、メモリーに写す作業の最終段階で、私が作成していないフォルダ名3個が残りました。うち、2つにすっかり存在を諦めていた『花図鑑』をスキャン(数年前)したものと、日付入りでデジカメ直送のものが。 Adobeというアプリケーション内にあったために、気づかなかったのです。もともと、Adobeというものは写真を取り込んだり保存編集するものなので、当然なのですが・・・
 私が通常保存するのは、PictureIt経由で、マイピクチャー(PC内)。ごく最近は、OLYPUS Master経由で、メモリーへ。Adobeには登録していないので使用していないはず。???
 いつまでも、PCは私にとっては謎多き物。でも、毎日いろいろなことを実行できる大切な道具です。感謝。

  ところで、数年前に、デスクトップで使用していたスキャナーを久し振りに接続し、写真を取り込むことに成功。 最初は、XPに対応していないので、障害を引き起こす恐れありと警告され、「もうアカン」 と処分するつもりになっていたのですが、パパリンのおかげで接続できました。このスキャンは、息子が手に入れてくれたもの。二人に感謝。 

| | コメント (0)

ステンシル失敗

Henshusomenbako大失敗や~の巻。せっかく下地を4度も塗って、かなり滑らかにできたと喜んで、さらに海綿を使って、青色(水で薄めた)をパタパタと叩いて、スポンジイングをしたところ、その上には、ステンシル手法のトントンと絵の具を叩き込むという作業が全くできず、がっかり。 昨日書いたように、仕方がないのでトールペイント用の筆(普通の筆の意味)で、普通に塗ると何とか重ね塗りができました。エライコッチャでした。
 反省する点は多々あります。 新しい絵の具の上澄みで描いたかも?  最大のミスは素材選び? スポンジングしていない、メディウムを絵の具に混ぜた部分に、試しにハートを描いてみましたが、やはりあまりきれいには塗れなくて、どうやらこの素材が不向きな様子。 
 この素材(素麺の空き箱)で苦労した甲斐があって、布地に塗るのが非常に楽に感じるようになりました。最初はキャンバス地は固くて、普段レッスンで扱う布とあまりに違うので戸惑いましたが・・・
 22x35センチ四方の箱に下塗りをしたり、一応の完成後に、側面の周囲を真っ赤に塗って終了。これは2回の塗りこみで何とか滑らかな仕上がり。ちゃんと、マスキングテープでカバーをしつつ。後は、つやだしニスを塗れば完成。でも、何だか心もとないのでしばらく寝かせて置きましょう。(左端に雲と天使を挿入。 今や練習画用紙!)

 ステンシルの型抜きの苦手な私は、トールペイント流に下絵を写して描くのがむいているみたい。ニャンコ先生の顔のような、シンプルなのが好き。 あれも3枚型に自分で作ったのですが、絵の具が滲んでしまったので、顔の部品を消してから手書きに変更。

 息子は、セマナサンタ(ホーリーウィーク)という長期休暇の後でのお仕事で、かなり疲れた一週間だった様子。 そんな時にPCトラブルでヘルプをしてくれて、感謝。また、新しい週が始まります。頑張りましょうね。

| | コメント (0)

多色刷りは難しい

ステンシル(型染め)の多色刷りは難しい。まず、型を三枚も抜くなんて、不器用な私には至難の技。大幅に下絵と抜き型が違っているらしく、仕上がりは決して合致しません。隙間があるのがいいはずはありませんが、結構味があって・・・なんて、言い訳しても始まりません。
 本日は、三枚型をソーメン箱とエコバッグ(キャンバス地)で練習しましたが、箱にはペイントが全く乗りませんでした。後から、筆で重ね塗りをするありさま。素材が木ではなくプラスティックなのかも? 

 ステンシルし難かった原因は、多分、スポンジング(海綿を使ってペイントを塗る手法)をした時に、メディウムを混ぜなかったせいでしょう。ペイントが乗らず、結局トールペイント用の筆で、普通に塗りました。型を使って叩き込むという手法のステンシルが全く出来なかったのです。

 完成したと言えるかどうか分からないので、写真は後日のことに。でも、勉強になることは確か。目からウロコがポロポロの毎日です。ペイントの基礎は、下地作りですが、今回は4回塗ってやっと少しましな出来に。ペンちゃんには脱帽です。

| | コメント (0)

こんどはインターネットに繋がりません

私のPCではネット接続はできますが、パパリンのPCがどうも変。二日くらい前から、印刷時に変になり、それまで入力しておいた文章が少し飛びました。さらに、変調は増幅しつつあるようで、午前中に入力した書類全部飛び、さらに夜にはインターネット接続ができなくなりました。

 自力回復できるのでしょうか。心配。

SOSの信号を出したので、息子からヘルプのチャットが入りました。いろいろ有難うね。万事解決したみたいです。

| | コメント (0)

デジカメ写真の取り込み失敗

せっかくJPEGで保存できるようになったと喜んでいたら、大切な写真の取り込みに失敗し、消失。アラマです。やはりまだPictureIt!は削除できません。油断大敵。
 取り込んだら、すぐにデジカメから写真を削除する、という作業を自動的に実行されたみたいで、気づいてキャンセルした時にはすでに半分消失。 何でやねん? とPCに突っ込んでも仕方無し。

  私は、ほとんど頭を使わずに、習慣で作業をしているらしく(ゲーム脳?)、何をしたのか意識無し。以前にも、HP更新の際に、とんでもない変更を無意識に実行し、後で息子に原因を調べてもらうと、「こんなんなってましたけど」と笑われる始末。「どうして?」と尋ねられても、そんなんした記憶は全く無し。無意識ですから。
 
  P4170025それはそれとして、朝から昨日カットした型を使って、二枚目のエコバッグを ステンシルしました。少しトーンを派手目に。そして、デザインの周りにリボンやら葉っぱを追加で染めてみました。残念ながら、まだこのソフトを使いこなせなくて、周りの追加部分が見えません。

 多色刷りは初めてなので、どうなったら失敗か成功かよく分かりません。絵の隙間があるのがすごく気になるのですが、それはそれで味があるという見方もできるし・・・トールペイント式に、最初から花の下地を塗っておくべきかな? また挑戦してみます。

Nyanko ニャンコ先生(漫画のキャラ)のステンシルは、娘に気に入ってもらえたらしい。でも、これは黒ニャンコで、本当は白ニャンコの方が好きだとか。残念ながら、参考にするものがなくて・・・

『なつめ友人帳』というアニメの携帯ストラップを参考にして描いてみました。

| | コメント (0)

写真の取り込みに奮闘中

P4170033

この写真は、デジカメに付属していたソフトで取り込んだ写真を低画質と指定して保存。初めてブログに挿入。すると、まあ大胆不敵な大きさ。 これ以上の編集能力はまだ私にはありません。息子に使い方を教えてもらおうとフィリピンまでソフトCDを送ってのですが、引っ越し等々の諸事情で紛失? こら! 本日時間を見つけて何とか自力学習を目指します。最初からそうすれば良かったのに・・・息子よ、ごめん。

 写真は、初の三枚型(版画でいう多色刷り)のトレースしたものを重ねたので、ボンヤリ画像。アップにするとサイズが大きいだけによく見えます。完成品は、まだデジカメに撮ったままのサイズなので、ブログ受付サイズを超えています。アラマ! 本日は、アーちゃんのトリミングに娘の友人がわざわざ来てくれるので、結構忙しい一日になりそうです。

P4160024P4160031  これは娘手製の桜餅。葉は道端の桜から5枚だけ頂戴しました。ごめんなさい。JPEGで保存できるように、何とか頑張っています。まだ大きすぎ。我慢我慢のPC作業で~す。

右側の写真は、夜中におやつ(アカンねえ)した煮リンゴと蒸しオレンジ。これも姫手製。少し小さくできました。もう一息かな?

P4160027

やっといつものサイズにできました。これは、姫のアサリとじゃが芋の蒸し煮。すごく良い組み合わせで美味しかった。姫料理三連発でした。

PCメモ: デジカメ付属ソフトで編集する場合、①保存はメモリーのフォルダを指定すること。指定しないと認識しない。②サイズ変更は、実際の大きさですると時間がかかるため(このせいでギブアップしていたのです)、割合で実行する。私の場合は、20%が適当。明暗変更等は自動機能でも可能。時間短縮。ルンルン



 

 

| | コメント (0)

二枚目の猫完成

写真の大きさが違うので比較は難しいかもしれませんが、同じ型で、キャンバス地にステンシル染めをしてみました。右は少し前の作品。左は、布専用のメディウムを混ぜてペイントしたのですが、うっかりと塗ることに気を取られて、絵の具の量が多過ぎ。でも、まあまあの出来。ちゃんとハイライトもシャドーも入れておきましたよ~。

 写真編集ソフトが古くて、JPEGではなくGIFだとかで、「色数が少ないらしく本物の良さがでん」、と息子にはいつも叱られているのですが、「でもでもそれしかでけへんねんもん、しょうがないやんか」と言い訳中。

 何はともあれ、二枚目の方が満足度少しだけ大。 ペイントの量が多すぎたと書いておきましたが、それはそれでトールペイント風で良いです。ハイライトがはっきりくっきり出たのでグー。 怪我の功名? ニットとか綿の洋服と違って、キャンバス地で固くてざらざらしているので、薄い色は似合うかな? 今度は薄い色に挑戦してみましょうか。何しろ、チャレンジャー精神だけは旺盛です。

P4150021 Gato2

| | コメント (0)

今月のステンシルは孔雀の羽?

久し振りの雨の中、ステンシルレッスンへ。お友達は、なんと同じ型で8枚も上手に染め分けられました。私も負けじと、コアラ先生からポーチセットを分けて頂いて、準備したTシャツプラスで染めてみました。デザインが単純なので、十分時間に完成。
April
Pochi 同じ型で、少しだけ色が変っただけで、雰囲気は全く違うと思います。

金粉を振りかけたのがまだ乾いていないのですが、そのうちおさまる予定。何だか、Tシャツよりポーチの方が豪華な感じに完成してしまいました。この上に、さらにメタルのアクセサリーを縫付けることになっています。

パパリン曰く、「ポーチは良いけど、Tシャツに金粉はすぐ落ちそうやなあ。」 そうなんかなあ? 

 本日、やっと布地ようのメディウム(テキスタイル・メディウム)を入手。これを水性アクリル絵の具に混ぜて使うと、ステンシルができます。シークルの手芸品店でゲット。店員さんがとっても親切に教えてくれて、感じの良いお店。 これから絵の具はこの店にします。

しかし、コアラさんちのレッスン以外に、自分でステンシルをするようになるとは夢にも思いませんでした。 もっとも、小さな型を適当に抜く程度。私のすることですから、一日で簡単に仕上がる気楽な物限定。エコバッグとかポーチ。

| | コメント (0)

バードハウスが描けました

先週に引き続き、日本語ボランティアに出かけた以外は、ずっと部屋に閉じこもってペイントレッスン。題名は、バードハウス。24センチ四方の大きさの板に練習。

 まだまだ、トールペイントの教本を読んでいると、分からないことばが続出。

ティント とか グレーズ とか。その本の用語説明には書いてないこともあり、あれこれと本をひっくり返して探し中。イカにもタコにも、サイドローディングができません。不器用なのが最大のネック。高校生の頃、すべるのが苦手で、スケートを一日でギブアップしましたが、筆もなかなか滑りません。

ちなみに語源的には、ティント=インクで、グレーズ=仕上げのことだと思います。後は、朧です。私、カタカナ語にはとても弱い。アルファベットで書いてくれると辞書で調べ易いのですが・・・

Birdhouse

 せっかく、部分練習をしておいたハート型は、画用紙と板の違いが克服できずあまり成功とは言えません。下塗り用に、ペイントとメディウムを混ぜると、前のよりはうまく下地が作れました。それでも、まだ滑らかに塗るには難しい。ま、楽しく半日を過ごせたので、満足。

 昨日、関空前のショッピングセンターにある趣味の店で、メディウムとペイントの不足分を入手。 ペイントコーナーには、ずら~っと素敵な色が豪快に並んでいて、感動。 思ったほど高価でなく嬉しくなり、思わず会員登録をしました。講習会とはまた別の話。会員特価で購入可能(ヒャッキンの倍程度)なのです。布用は見る時間がなかったのですが、また別なのでしょうね?

 

| | コメント (0)

☆とハートの練習

すっかりトールペイントに熱中しているのですが、どうやら講習会とは縁がないらしく、申し込みに行ったら、5月に6月からの講習会に申し込みが可能だとか。それはちと気の長い話。週一回で2ヶ月単位なのですが、申し込みは店頭で1ヶ月前から開始。前回は、義母と一緒に行こうかと計画していたのですが、お流れ。今回は、採点の仕事が決まってから考えることに・・・

Renshu

という次第で、どうやら自学自習が私には合っている様子。また、夜中に星とハートの描き方練習。

フィリピンでは、長い聖週間(ホーリーウィーク)のお休みが終了。日本のゴールデンウィークみたいなものだそうです。南米もキリスト教徒が多いので同じでしたっけ。スペイン語ではセマナ・サンタ。

| | コメント (0)

ステンシルの型抜きにトライ

Kataやっと本来のステンシル用の材質にカットできました。私のは、クリアホールダーを代用。これは、ブックオフで購入したトールペイント本に挟まっていたもの。四分の一くらいで途中放置して、処分したらしい。 それを発見した私は、同じ材質のものを買おうとしたのですが、見つけられず、代用品としてクリアホルダーの色つきにしました。 それは、結構薄い素材なので、普通のカッターで対応はOK。ところが、こちらは固くて無理。 

 リンクウタウンのヒャッキンで、別の物を探している時に、偶然見つけた替え刃つきの工作カッターで、結構簡単に切ることに成功。 ありがたく使用させて頂きます。

Kinkan  昨日、大きな農場をされている生徒さんから、タマネギと金柑を頂きました。キレイな色です。籠は義母の手製のを使用。

さて、どうやって食べましょう。生食は、皮のみとか。 煎じて飲むと、咳・声・喉の良いらしい。

| | コメント (0)

空き箱に描いてみました

数週間、トールペイントやステンシルに熱中していますが、なるほど好きなことをしていると楽しい。楽しいから描いているということですが。図書館で借りてきたペイントの本の中に、自由に描けば良いと書いてありました。 ホンマにそうやね。 無理してお手本の真似をすることはない。お手本があると、少々不器用でもある程度の仕上がりになるので、それはそれでありがたい。
 トールペイント(下絵を使います)やステンシル(型を使って描きます)が気に入った理由は、手や部屋があまり汚れないことと、ペンキやシンナーを使わないので、臭いが気にならないこと。水性あくりるペイントですから、水彩絵の具と同じ感覚で、水を含ませた筆で描いたり、水で薄めたりして描くのですが、乾くと耐水性となります。ただ、塗れるものと塗れないものがありますから、ご注意。説明書をよみながらの挑戦。
 ところで、プレートを幾つも買ってきたのですが、家の中を見渡してみると、本棚とか物入れとか殺風景な平面がたくさんあります。 それに少しずつ描いてみましょうか。 まずは小さな物からスタート。そうそう、ソーメンの木箱に何かキレイな花を描いて、お盆にしようかな?  
Original まず、ケーキの空き箱から開始。材質は厚紙。桜を型抜きし、空想の花にアレンジ。 葉とかドットとか色々加えて、ちょっと和風なペイントになりました。バンザ~イ。

 ペンちゃんは、台所のビンの蓋?かなにかに描きたい様子。頑張ろうね。生活に潤いが生まれそう。見るとホッとするような模様が良い。葉とか蔓とか花。

| | コメント (0)

図書館でトールペイントの本を

公民館まで迎えに来てもらったついでに、図書館まで足を伸ばしてもらって、トールペイントの本を5冊も借りました。自力では到底無理。 電車とバスを乗り継ぐか、電車で一駅乗った後、徒歩で15分程度。いつも、ボランティアタクシーをしてもらって感謝。

 後の祭りなのですが、近所で手に入れたトールペイントの本は、ある程度練習した人用だったらしく、レベルが高く、全くの初心者の私には、ほんまにほんまストレスでした。今回は、初めての人にも懇切丁寧な書き方をしてある本を借りました。

 例えば、メディウムでもいろいろあって、私が探しているのはファブリック用のメディウムだと判明。そうとは知らず、仕上げ用に塗るのを誤って、途中で使ってしまいパレットに染み付いてビックリ。

 例2は、筆使いの説明。サイドロード(グラデーション・シャドーやハイライトに)は、①筆を倒して筆の片側に三角形にペイントつけ、②反対側に水をつけてパレット上で、筆先がしっかり開くまで力を加え、筆を8往復させます。③ペイントのついていないほうの毛先をつまみ、余分な水分とペイントをとり除き、④筆は描く面に足して垂直に立てます。

Books  さて、たくさん借りてきたので、どのデザインにしようかと楽しみです。ペンちゃんは、台所のビンの蓋に描きたいようですが、私は花の鉢カバーにしようかと思って、とりあえず2個購入。 私が古封筒でパーツ練習をした写真を送ると、そんなもったいない(ペイントが)と言われちゃいました。いえ、いえ、練習も楽しみですから決して捨てませんからお許しを。

何度もデザインを描いて見ると、どこがどうなっているのかが分かって、描く時には大いに役立ちます。適当に線を描いたりしなくなります。ステンシルレッスン時は、ぶっつけ本番ですから、コアラ先生に頼りきりで、いつも適当。どうりで進歩無し。

| | コメント (0)

アーちゃんを描いてみました

工作用のプレートを幾つか準備しているのですが、ハート型の可愛いサイズがアーちゃんの犬種・キャバリアを描くのにピッタリ。昨日、活躍し過ぎて、背中が痛むのですが、それを忘れるくらい熱中して完成させてしまいました。まだ、ニスを塗っていないので、手直し可能。
 第2作目の妖精もニス未塗布。見るたびに、あれだこれだと手を入れている始末。つい描きこみ過剰に。
Cavalier これが第三作目。また違う塗り方を開発。プレートの輪郭には、ラメ入りの青を追加。犬の毛の量感を出す工夫もしてみましたが、犬の骨格不明。

自分ではかなり気に入っているのですが、パパリンには「人間みたいやなあ」、と。 そりゃそうでしょ。こんな格好は、うちのキャバリ犬はしません。 視線が遠いために、人間的な顔に? 難しいものです。

Second第二作目は、顔が変。どうしても顔の輪郭と目がうまく描けません。

でも、今回は少しだけ進歩したことがあります。筆先の使い方。 結構、細かい作業ができるように。ウフフフです。

| | コメント (0)

花咲きファームへ行ってきました

デジカメを忘れたので、携帯で撮ったら帽子の陰が入ったらしく、下半分が写っていません。残念。手袋も出したまま置いて・・・娘が忘れ物が多いのは、どうやら私からの遺伝?
Tulipnet 写したのが私ですから、完全防備の女性は私ではありません。

お昼ご飯に久し振りに、散らし寿司に金時豆を入れて美味しく頂いてから、泉南市の農業公園(花咲きファーム)へ。お天気が良く、春休み最後の日なので親子連れもたくさんお弁当を開いていました。

 先週の金曜日から開園なのですが、もう白のチューリップは終了間際。時差をつけて植えてあるらしく、まだ蕾が固いものもあります。20本500円なので、入場者はほとんどの人がスコップ片手に、どれにしようかと楽しげに探していました。たいてい、義母と半分ずつします。ベランダでは20本も植えるスペース無し。私はほとんど蕾を選びましたから、開花してくれるかな? 

Tulips2  息子一家が日本に滞在中にも、皆で出かけたことがありました。それまでの数年は、すぐ近所の畑で、チューリップ摘みを楽しめたのですが、場所が変更となり、少し遠くなりましたが、数が多くなって壮観。コアラさんも今年は行ったかな?

写真は、ベランダに植えたもの。今年は、掘り方がうまくいったらしく、10本全部しっかりしています。 義母は裏庭に地植えに。 数年前のが小さくなっていますが、まだ咲いています。

| | コメント (0)

鼻炎でもミントはOKよ

Shoujobakama先日、ラムー前のお店で買った山野草の名前が判明。ちゃんと売り場に張っておいてくれました。百合科のショウジョウバカマだそうです。でも、花が済んで、めしべかおしべだかだけになっているので、ネットでの確認は茎と葉だけなので、どうも納得いきません。
 春になるとお花屋さんは、本当にカラフルな苗や鉢植えがずらりと並んで、見ているだけで何だかワクワクしてきます。本日は、昼食後、何軒も買い物に回ってくれたおかげで、十分目の保養ができました。買ったのは、探していたハーブで、ミントの苗。 ミントにもアップルとかぺバーとかいろいろあり、以前植えていたのと同じ葉にしました。鼻炎の鼻にも良い香りが分かります。
 息子の国では、今週いっぱいお休み。飛び休をまとめてお休みにしたとか。自動車業界は、もう目の前まで受注が見えているのに、まだ経営不安から操業自粛で、労働時間短縮分は当然減給。焦っても仕方がないので、ケセラセラと笑って暮らしましょう。
 泉南市の農業公園、花咲きファームでは、先週金曜日からチューリップ園が開放されているので、義母と三人で出かける予定。20本のチューリップをスコップで掘ってきます。

| | コメント (0)

日本語ボランティアにピンチヒッター

Pencils2二人で一人の外国人を担当しているので、本日は私の出番となりました。普段はもう一人のボランティア(日本生まれの南米とのダブル)の方が主担当となっていますので、私はほんのお手伝い役。こういう方がどんどん増えると良いですね。あるいは、外国出身者のボランティアの増加を願っています。

以前、関空で働いておられたブラジル出身の方が、日本語教材のポルトガル語訳を作ってくれて、感激。 東京?でもお元気で活躍されているでしょうね。

 今、トールペイントのバラの描き方を練習しているのですが、ペイントだと片付けやら何やら手間なので、簡単に色鉛筆を使用。色鉛筆には水をつけると水彩絵の具に感じになるものもありますが、これは普通。
 普通でないのは、多分ほとんど30年ものだということ。ベネズエラから戻るときに持ち帰った物がほとんど。
 色名がスペイン語で書かれているものは、確かにベネズエラで購入。それ以外にも、ドイツ製のも。どうしてか不明。あちらには、ドイツ村があるくらいですから、不思議でもない。
 6~70本くらいはありそうです。同じ色は数本だけ。後は違う色合い。
 せっかくですから、見つけ出したのを良い機会に、活用しなくちゃ。色名をスペイン語のレッスンに使用したこともありました。
 息子の家族に送ったEMSは、昨日中には手にしているはず。全て無事に届いてくれていると良いのですが。今までのところは、開封検査無し。最近喜ばれているにが、魚肉ソーセージ。あちらには、すぐに食べられるようなおやつタイプのは無いとか。最初は、羊羹に感動されたので、毎月送っていたら飽きられたらしい。向こうでも売っているとか。 ペンちゃんにはサロンパスとピスタチオ(海外では日本より高価)。ジェイアール君には、息子と同じくソーセージとガム(ポケモンの)。さて、もう来月のことですが、何が喜ぶかな?

| | コメント (0)

絵の具違いでした

 先日来、トールペイントに挑戦中なのですが、とんでもない勘違いをしていました。 一番肝心な絵の具の種類を、工作用ではなく絵画用のを購入していました。どうりで、塗りにくいはず。ま、手先が不器用なせいだとは思いますが。
Paint アクリル絵の具と水性アクリルペイントとは別物らしい。まだ試していません。本当にアハハハです。写真の下部に写っているのが間違い。中央のが工作用。
 どうして分かったかというと、ダイソーの店員さんに下塗り剤のことを尋ねたら、ペイントのコーナーに案内してくれたので、アレレレ?と。 急いで、必要だと思われる12色を選び出しました。ついでに、ミニローラーとか油絵用ナイフ(ペイントを混ぜるため)もゲット。本当になんでも揃うダイソーに大感謝。

P4040047

さっそく、バラの描き方を練習してみました。絵の具が違うのか、それとも新たに買った平筆(素材が違うのが分かります)が良いのか、はたまた両方良いのか? 数日前より進歩したような・・・

 多分、絵の具の粘度、粘り具合の差じゃないかと。

 

バラの花ビラが上向きか下向きか、それを意識することで立体的になるように思います。陰も入れて、80%のできです。後の不足分は、色が思った色にならないこと。これは、立体感を出す練習ですから、仕方なし。工作用のペイントは、色味がいろいろあり嬉しいので、また練習、練習。残念なのは、教本指定のクリアーグレイジングメディウムがなかったこと。やはり、趣味の店に行かないと駄目かな?

 

| | コメント (0)

トールペイントのテクニックは面白い

昨日は、第2作目のデザインの妖精の練習をしたので、今日は、頭飾りと手に持っているバラの描き方の練習。そのためのトールペイントのテクニックに挑戦中。
 バラは、デザインの関係で、花ビラが上向きの部分と外側に開いている部分があります。それを描き分けられると、味のある素敵なバラとなります。まあ、私にはそんな高等テクニックは無理。そこを何とか誤魔化すのが私のテク。
 誤魔化すテクニックその①が、スポンジング。 先日、下地を塗った端の部分に使いました。ティッシュに水と絵の具をつけて、余分な水分を絞ってから、叩きつけます。
 テクニックその②は、スパッタリング。歯ブラシに水と絵の具を含ませて、指ではじくのです。水分が多いと大きな粒、水分が少ないと小さな粒になります。結構、面白い。本当は、デザインの周りだけでなく、中心の花の部分の際にも入れるのです。もちろん、花や葉を塗る前。
P4030040では、証拠写真。スパッタリングをデザインの中心にもすべきでした。

 次は、なんども塗りなおすよりは、何とか部分練習をして、少しくらいはましになってから、本番に取り掛かることにしたので、まだ下地の上に下絵を写したところです。『一週間の歌』のような状態。

 まだまだ、バラの花がうまく立体的に描けそうにありませんから、明日もまたステップbyステップで練習しましょう。

| | コメント (0)

近くに文房具店がありません

筆と言っても、字を書いているわけではないのですが、絵の具の筆もやっぱり扱いが難しい。もはや、小学生にすら及ばないとガックリ。でもま、そのうち何とかなるでしょう? 

 なんだか、へたなりにサイドローディングができかかっているような、ないような。天使の羽を白で描いているうちに、少し希望が湧いてきました。  蟻さんの一歩ですが。

P4020055おめめクリクリのお人形さんのような女の子と妖精なのですが、多分小学校卒業以来初めて? というより、子供の頃は家の中は、母と私以外は7人が男。(弟二人に父の弟子5人)。 外で遊ぶ時も男の子が多かったので、あまり女の子の絵を描いて遊んだ記憶なし。

何と言っても、筆先の扱いが下手。絵の具を筆全体に含ませずに、筆先に少々つけると良いのかな? サイドローディングも筆の角に少々つけると少し描けるようになりました。本日は、下地を2回塗り、ティッシュで叩きつけた後の段階に入ります。十分乾いたので、下絵を写します。事務用の黒い転写紙より、ピンク色の洋裁用の方が目立たないみたい。 部分練習の時に、いろいろ試して楽しんでいます。すべてヒャッキンで揃えているので、経済的にも大丈夫。 逆に、普通の文房具屋が近くにない。 専門店のカタナヤまで行くのは・・・あ、考えればイオンりんくうにもありますね。

| | コメント (0)

ステップ by ステップ

水曜日のチャットレッスンは、大雨のためにペンちゃんは実家から戻れず、不参加となりました。残念。ついでに明日まで待てば、送ったEMSを受け取れるよ。

今週は、トールペイントにドップリとつかっています。第2作に取り掛かりました。少しずつ進めることにしたので、まずは土台作り。紙やすりを軽くかけてから、まず白。乾いてから薄い水色を塗りました。前回は、細い筆で苦労して何とか塗りましたが、結果は骨折り損? それで、大して大きな木に塗るわけでもないのに、刷毛を購入。感激するほど簡単にキレイに塗れました。ホッ!
 弘法筆を選ばずというますが、ヘタクソは筆を選ばなくちゃね。
 2作目ということで、新たな手法に挑戦してみようと思います。最初にずっこけたのが、平筆を使ったサイドローディング(筆先の角にだけ絵の具をつけて、グラデーションを作る方法)。 どう頑張っても、筆先がバラバラなので無理。いい筆買わなくちゃ。『筆を十分水で湿らせtから、余分な水分を取って、それから筆角にほんの少々絵の具を取り、ペーパーパレット上で、良い頃合いにグラデーションになるまで描いてみる。』 ということができないのです。 諦めて、ステンシルスタイルに変更。つまり、先に薄い色を染めてから、だんだんに濃い色を部分的に染める。
 今回挑戦するのは、多分私でもできるはず。ティッシュを丸めて、絵の具を染みこませて、ぽんぽんと軽く叩いて、色を好みの濃さにするだけ。土台の周りにぐるりと、デザインの際にもいっぱい。スポンジングと言います。

 デザインが完成したら、際にスパッタリング(歯ブラシに絵の具と水を含ませて、指で叩く)もします。ウフフフな体験。 

 デザインは、羽のはえた妖精。まずは、さきにステップバイステップ、部分練習として女の子を描いてみます。第1作では、何でも書き直しをせざるを得なかったので、しっかりと描けるまで練習してみます。台の下地作りは、写真のごとくばっちり?

Suponjingu

| | コメント (0)

動画が見えない理由が分かりました

niftyから定期的に動画の案内がメールで届きますが、どうやっても開くことができなかったのです。指示通りにソフトをダウンロードしたのですが、駄目。 パパリンに相談すると、別の方法でやってみてくれたのですが、それでも駄目。 ふと気づいてくれたのですが、一番肝心なことなのですが、「インターネットイクスプローラで開くこと」とあったのですが、私のメールは「モジラファイアーフックス」で開くように設定してあるのです。 まさにそれが問題だったのです。
 今から思えば、ネットで動画を見たことが何度もあったのですが、届いたメールから動画を見ようとすると駄目だったのです。分かってしまえば「な~んだ」、です。せっかく息子が便利なようにと教えてくれたソフトなのですが、不便なこともあるのでした。使いこなせてなくてごめんね。
 火曜日に、EMSでPC本とお菓子・魚肉ソーセージ等を送りましたが、ラムネ菓子を自分で作るというのを面白そうなので入れておきました。ジェイアール君に日本語の説明を読んでやってから、箱を開いてね。ちなみに、娘はいつも失敗していたとか。ウフフフ

| | コメント (0)

書き直し完成

トールペイントは初めてなのですが、失敗するたびに新しい発見。手直しし過ぎて、え~い、面倒だと、真っ白に塗りつぶすと濃い色のところはわずかに透けるものの、同じ下絵ですから問題無し。 さらに、顔の部分の下絵が分からなくなったので、手本を見ながら描くと全く違うものになり、5回ほど書き直しをするうちに、だんだんと立体感が出てきました。鼻と口の部分は前に伸びているので、飛び出すような描き方が必要ですから、怪我の功名?
 失敗しても、水を少し筆で落とし、ティッシュで吸い取れば全く跡形無し。 修整だけは上手になりました。 で、仕上げてから気づいたのですが、土台の色を塗ってから、再度とレーシングペーパーを転写紙で写せばよかったのです。練習の時は紙だったので、再度写さなくても線が見えていたので・・・小さなことからこつこつと。
 花の描き方は、昨日パート練習をしたおかげで、花ビラがどういうふうに巻いているのかを観察する眼ができました。最初は、全く何がどうなっているのか冷静に見えませんでしたから。

 出来上がりを写真に撮ると、肉眼では目立たなかった銀色がかなり光って写り、残念。でも、もう肩がこりこりなので、手直しはこれ以上できないように、ニスを塗ってしまいました。 というのは、最初の出だしから失敗していたのでした。地色を白ではなく、グリーンとブルーに塗り分けておかないと、エプロンを白にできないじゃありませんか。でも、地は白と思い込んでいたらしい。

 左の写真が書き直し分。TolepaintTolepaint1

 

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »