« 帆船を染めました | トップページ | サクランボの花満開 »

猫まんまより犬のご飯

今話題沸騰のねこまんま。一般的には、お行儀の悪い食べ方だと見られるものですが、急いでいる時とか、食欲のないときに、味噌汁をご飯にかけるのは良い物だと思います。お茶漬けの変形かも。だから、何でも相性の良い具材と調味料を入れればいいだけ。

 ある意味で、卵ご飯もねこまんまの一つかも。私のお勧めは、きな粉と砂糖とほんの少しの塩を混ぜてご飯に乗せるねこまんま。当たり前過ぎ?

 私が好きなのは、ねこまんまよりも犬のご飯。すき焼きの翌日、具が若干残っているのがベターですが、その中にご飯を入れて火にかけ、卵を入れて出来上がり。雑炊ではない。水分がほとんど無い。(カレーの翌日には、混ぜカレー。カレーにご飯を入れて、炒めてから卵を落とすだけ。これも一種の犬のご飯かも。)

 とにかく、我が家の連れ合いの育った家では、動物の入ったネーミングが多い。犬のご飯もそうですし、こんな会話も。

 「今晩のおかずは何?」 「蛇のおかず」 

 風呂から出てくると、「猫山に行って来た」。あれ? これは徳島の父(大阪出身)かも。

|

« 帆船を染めました | トップページ | サクランボの花満開 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帆船を染めました | トップページ | サクランボの花満開 »