« お好みデザート | トップページ | 一昨日何を食べたかすぐに言えますか »

思い立ったらすぐ焼けるパン

パンは焼きたいけれど、発酵に時間がかかるので、ちょっと敬遠。そんな忙しい人向きのレシピを発見。 それは、時間のある時に生地を混ぜ、軽くこねただけで、後の発酵は冷蔵庫まかせ。 そして、時間ができた時に、必要な分量だけを、取り出して焼くという方法。

 材料

強力粉カップ6杯~7杯・ ドライイースト大さじ2杯・砂糖大さじ8杯・塩小さじ2杯・ショートニング大さじ4杯・卵一個・ぬるま湯カップ2杯(400CC)

作り方と手順
 ボールにぬるま湯とイーストをいれ、よく溶いてから、砂糖、とかしバター、卵をまぜ、そこへ粉と塩を加えます。材料全体がよくまざる程度にこねたら、一まとめにして、ぬれ布巾をかけ、冷蔵庫へ。
 焼く一時間ほど前に、好みの形にかたちづくって、軽く油を引いた天板にならべ、ぬれ布巾をかけてあたたかいところにおき、ほぼ倍の大きさにふくらんだら、前もって暖めておいたオーブンに入れます。

 このパン生地は、冷蔵庫の中でイーストが眠った状態になっているので、季節にかかわらず、牛乳を使った場合は約3日、水だけでこねた場合は5日くらい、ほとんど変りません。それ以上経つと、だんだん菌の働きが弱くなります。
 冷蔵庫の温度は15度以下。中でパン生地がひどくふくれ上がったら、時々こぶしで押して、空気をぬいておきます。

毎年公民館バザーでピロシキ販売をしていますが、そのレシピの元をアップしておきます。これからアレンジして、さらに手抜き、かつ短時間でできるようにしたもので、200個以上を作って販売。

☆ピロシキのメモ

材料(皮): 強力粉300g・薄力粉200g・砂糖70g・バター100g・塩小さじ1杯・卵1個・ドライイースト8g・ぬるま湯250cc

(具): 豚ひき肉250g・タマネギ150g・春雨50g・塩・胡椒・片栗粉

|

« お好みデザート | トップページ | 一昨日何を食べたかすぐに言えますか »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お好みデザート | トップページ | 一昨日何を食べたかすぐに言えますか »