« ホットケーキミックスでバナナケーキ | トップページ | 初めてのベーグル »

娘と二人で夕食作り

090226_201701 これすべて娘の手作り。野菜料理とマーボー豆腐。お浸しとか煮浸し。ベースを同じにして、酢やワサビやメカブを加えて味に変化を持たせています。スゴイ!と、野菜料理の苦手な母は感心しているだけ。3月からお仕事日数が減るようなので、こころのゆとりもできたのでしょう。明朝のお弁当用に取り分けるという技まで。

材料は、冷蔵庫のあり合せ。大根やら人参(数日前から味噌漬け)、それにエノキにキャベツにブロッコリーnにピーマン。

Kousouyaki 私はメーンの鶏の香草焼きだけ担当。ローズマリーとワインで焼き煮。ベリーリーフをつけ合わせに。鶏は、塩・胡椒・ローズマリーをふりかけて、フライパンで焦げ目を両面につけてから、白ワインで蒸し煮、多分15分程度だと思います。フライパンに残った肉汁をソースとして上に乗せておきました。これは、アメリカ流? 肉から出た肉汁を一滴残さず食べつくす。

 TVの花まるという番組で、菜の花のレシピいろいろを紹介していましたので、次回の買い物でぜひ挑戦してみましょう。忘れぬうちにメモ。

下準備は、まず30度のぬるま湯に20分つけて、シャッキリさせてから、湯がく。即席漬けだけ20秒で、後は茎・蕾30秒ずつで合計1分。

1 菜の花の即席漬け(醤油・酢・砂糖同量) 2 辛し和え(辛子+メンつゆ)

3 天婦羅   4 ペペロンチーノに加える  まだまだあったのですが、もう忘れました。

|

« ホットケーキミックスでバナナケーキ | トップページ | 初めてのベーグル »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホットケーキミックスでバナナケーキ | トップページ | 初めてのベーグル »