« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

初めてのベーグル

 先日このブログに書いた賞味期限切れのベーグル用の粉を使い、簡単に焼き上げました。
Boiled Beguru 左は、一度発酵させたベーグル生地を、クッキングシートに乗せたまま、片面30秒ずつゆでた状態。

水分を取ってから、210度のオーブンで15分焼いたのが、右の写真。初めてにしては、結構うまくできました。形がいまいちなのは大目に見ましょう。さっそく夕食に、味見として一個を半分ずつ食べましたが、なかなかのもの。明日の朝食用には、何かはさみましょうか。それとも、ジャムをつけるのがいいのでしょうか。→結果: レタスとハムをはさんで食べてくれました。私の分は無し。食パンのへたパンで・・・

こんなに簡単に上手に?作れるのなら、再度ベーグル用粉ではなく普通の小麦粉から作ってみたくなりました。レシピを調べましょ。

 ところで、以前から食べたいと思っている2つの物のレシピを探しているところです。二つとも徳島の食べ物。芋まんじゅう(一度だけ以前あった丸新で買ったことがある、さつま芋のお餅風)とういろ羊羹(実家近くのチュウコウ?のが食べたい)。

 ういろのレシピを見つけたのですが、電子レンジで簡単にできると書いてあったのですが、材料が小麦粉と黒砂糖と水と塩。 どうやら名古屋のういろ風。残念。徳島のういろは、濃厚なので、小豆が入っているはず。もう一度探してみましょ。→発見。さらしアン粉入りレシピ。でも蒸し器で90分も蒸す!ああ~。徳島のお店にネット注文するという手も・・・

| | コメント (0)

娘と二人で夕食作り

090226_201701 これすべて娘の手作り。野菜料理とマーボー豆腐。お浸しとか煮浸し。ベースを同じにして、酢やワサビやメカブを加えて味に変化を持たせています。スゴイ!と、野菜料理の苦手な母は感心しているだけ。3月からお仕事日数が減るようなので、こころのゆとりもできたのでしょう。明朝のお弁当用に取り分けるという技まで。

材料は、冷蔵庫のあり合せ。大根やら人参(数日前から味噌漬け)、それにエノキにキャベツにブロッコリーnにピーマン。

Kousouyaki 私はメーンの鶏の香草焼きだけ担当。ローズマリーとワインで焼き煮。ベリーリーフをつけ合わせに。鶏は、塩・胡椒・ローズマリーをふりかけて、フライパンで焦げ目を両面につけてから、白ワインで蒸し煮、多分15分程度だと思います。フライパンに残った肉汁をソースとして上に乗せておきました。これは、アメリカ流? 肉から出た肉汁を一滴残さず食べつくす。

 TVの花まるという番組で、菜の花のレシピいろいろを紹介していましたので、次回の買い物でぜひ挑戦してみましょう。忘れぬうちにメモ。

下準備は、まず30度のぬるま湯に20分つけて、シャッキリさせてから、湯がく。即席漬けだけ20秒で、後は茎・蕾30秒ずつで合計1分。

1 菜の花の即席漬け(醤油・酢・砂糖同量) 2 辛し和え(辛子+メンつゆ)

3 天婦羅   4 ペペロンチーノに加える  まだまだあったのですが、もう忘れました。

| | コメント (0)

ホットケーキミックスでバナナケーキ

Bananacake 食いしん坊のこととて、写真撮影以前に二人して食べてしまいました。
ホットケーキミックスを使うと、粉をふるうことも必要なく超簡単。この材料は、実は2倍量にして、電気炊飯器でバナナケーキを作るレシピなのです。

 できあがりは、直径22センチのグラタン皿一枚分。
材料: 完熟バナナ1本・ミックス100g・砂糖大さじ1.5・卵1個・バター40g・牛乳大さじ1.5

 作り方: ①バナナをボールに入れフォークでつぶし、卵・砂糖・バター(実は切らしていたので、ラード大目にして使用)・牛乳を一度に入れて、同じフォークでよ~くかき混ぜます。

 ②さらにホットケーキミックスを追加し、かき混ぜる。固さを見ながら牛乳量を適宜追加していき、滑らかになったら焼き型に入れます。
(今回は、私の好みで牛乳カップ3分の1程度になったと思います。)

 ③オーブンを160度(スポンジケーキと同じ温度)に余熱しておき、25分程度焼けば完成。焦げ色をつけたければ、200度で5分程度追加で焼きます。

 炊飯器で作る場合は、上記の材料を2倍にして、炊飯器に入れてスイッチを押すだけ。串をさして、まだ生焼けなら、もう一度スイッチを入れれば大丈夫。

炊飯器で作る場合は、分量を少なめに! 吹きこぼれると故障の原因になりますから、くれぐれもご注意!

| | コメント (0)

素肌美人を目指して

Hanano  花のえがおさんのブログから、また素敵な絵手紙を転載させてもらいました。ほんわか暖かい笑顔と柔らかで明るい色あいが、雨続きでうっとうしい気分を一掃してくれます。

 エステティシャンの娘からお勧めの化粧水パック。時間節約型人間(めんどくさがり あるいは ズボラとも言う)である私は、化粧水は霧吹きでシュ~でお終い。乳液はつけずに化粧をするというコース。

 ある時、TVである女優さんが、化粧水か乳液かのタップリしみこんだパックマスクをしつつ、自分へのご褒美だとニコニコ顔。でも結構な値段なので毎日はできませんという話。すると娘曰く、自分で作ればいいのにと。それで教えてもらった方法というのが、ティッシュペーパー・パックです。

Mask  目と鼻と口の部分を二重に折って、鋏でちょんちょんと切ります。写真は一手間省いて、鼻と口を一つにしました。
 石鹸洗顔ですが、泡立てスポンジできめ細かい泡にし、首や耳までついで洗顔。 その後、まず霧吹きで少し化粧水を顔にシュ~。その上に穴あけティッシュを被せ、その上からもう一度化粧水をたっぷりとシュ~。このまま家事をしながら、乾燥するまで(10分程度?)放置。ハラハラと勝手に落ちるまで放置できれば一番良いのですが・・・

 シワが少ないことと、肌がツルリンとしているのは、太っているせいだと思っているのですが、ペンちゃん(当時ほとんど生野菜は食べていなかった)には、キュウリを中心に、野菜を毎日食べているせいだと言われ、さらに、エステティシャンの娘からも、年の割りに肌がきれいだと言われ、気を良くして、さらにツルリンになってみようかと。

 花粉症が数年前よりましなのは、カスピ海ヨーグルトをコアラさんに頂いてから。涙目や疲れ目がましになったのは、生徒さんからブルーベリーを教えて頂いてから。 ズボラ流で、カスピ海ヨーグルトにブルーベリーとグルコサミン入り顆粒を入れて食べています。

 ところで、せっかくイオンで、「読めてかける伊勢物語」を買ったのに、9分の一のみ。意味が分からない部分が多いので持続不可。古文は漢文同様苦手。

| | コメント (0)

焼きたてパンはいつ食べる?

 焼きたての食パンはとても切りにくいので、少し放置する必要があります。我が家のグルメ犬は、焼きたてでないとトーストにしても食べません。さらには、パン焼器にタイマーをしておくと、朝方、いえ、真夜中、捏ねる音、ブザー数回が安眠妨害。寝室から遠い部屋に置いておくのですが、それは娘の部屋の向かい・・・ごめんね。
Bread やっぱり前夜に焼いておくのが一番良いのでしょうね。焼きたての美味しいのを食べられるのは、グルメ犬(アーちゃん)だけの特権ということに。新しいパン焼器第2作目。バナナを入れてみました。今、午前零時。いい香りが部屋中に・・・明日の朝のお楽しみ。

 次はなにを焼こうかと思案中。食品ストックを覗いていると、賞味期限切れの粉類二袋を発見してしまいました。えらいこっちゃです。
 一つは、ベーグルミックス。もう一つはタコスの皮(トルティーヤ)用に買ったコーンフラワー。どうやらディスカウントに引かれて買ったものの時間がなくて、放置。一番簡単な消費方法は、食パンに混ぜ込む方法。コーンフラワーはそれが一番の手だと思います。モチモチして美味しくなるはず。でも、タコスの皮も作りたいので、半分は残しておきたい。ムムム
 強力粉の分量に対してどの程度入れるかが問題。以前焼いたメモは?

 ベーグルミックスは、作るのが一手間余分なので、つい億劫に。
捏ねてから10分放置してから、リング状にしてさらに40分寝かし、それからが普通のパンよりひと手間余分な、お湯で湯がくのです。これがうまくいくかどうか今は心配。実は未経験。
30秒ずつ裏表をゆでるなんて、ぐちゃぐちゃになりそう。手先が不器用ですから。
 水気を切ってから、210度のオーブンで15分焼けば完成。できるのかな?

 
 

| | コメント (0)

デジカメ電池切れ、携帯カメラは操作忘れ

Sleeping2 ムムム、アーちゃん、何してるの? と思ったら、寝ていました。顔が潰れて・・・

せっかく日本語教室のボランティアで公民館へ出かけて、キレイな百合の花を見つけたのですが、携帯のカメラ切り替え操作が分からなくて撮れませんでした。残念。デジカメのバッテリーは充電中。 先日は、もうカメラ切り替え操作はOKだったのですが、それは単なる偶然だったようです。

機会音痴の私にはよくあることです。感覚で覚えているので、少し画面が切り替わるともうアウト。地図を頭の中で逆さまにすることができない、見事な方向音痴ですから。

説明書を見ると、カメラモード変更方法には3通り。すべて確認。はい、もう大丈夫。デモ画面からカメラマークを選択する方法という、超基本を忘れてしまっていました。

次の問題は、手先が不器用なために、レンズ穴をついふさいでしまうことです。

せっかくパパリンと同じ携帯にして、運転中にはメールを代読(音読してくれる機能があるらしい)してあげましょうと思っているのですが、私はメールはPCでしかみたことがないので、操作方法を説明書で調べていません。

| | コメント (0)

冷凍野菜のメモ

スクラップからのメモ
 冷凍術①小分けしてラップし、ジッパー付きの冷凍用ビニール袋で
     ②水分はペーパータオルで取る
     ③家庭用冷凍庫では一ヶ月で使いきる
生のまま冷凍できる野菜
1.小松菜     VCが冷凍したほうが高い。冷蔵庫で自然界等するか、常温解凍。そのまま炒められる。
2.青ネギ、白ネギ   小口きりにして、一回分ずつにしてラップ
3.ニンニク       薄皮をむいてから、ラップに包んで冷凍。凍ったまますりおろしたり、スライスして炒めたり、煮物に。
4.タマネギ       スライスしてビニール袋で。冷凍のまま炒めると、簡単に炒めタマネギに。
5.とまと         へたを取ってから、そのままビニール袋で。生食ではなく、煮物用。
6.なす          へたを取って、輪切りにして、切り口が空気に触れぬよう輪切り同士密着させてビニール袋で。
7.ピーマン・パプリカ  たて2つに切り、へたと種を取り除いてから保存。凍ったままゆでたり、炒めて使用。

調味料と合わせて冷凍する野菜
きゅうり   スライスして、酢、砂糖を加えて冷凍。自然解凍。しゃきしゃきしておいしい。
大根     皮をむいて、食べやすい大きさの輪切りにし、直接調味料に漬けて、ビニールで。凍ったまま、軽く煮込む。味がよくしみこんで美味しい。

この他には、生のまま冷凍保存できる野菜としては、しいたけ、ごぼう、バナナ、やまいも、長いも、パセリ、グリーンアスパラ、ブロッコリーが掲載されていたましたが、私はこれらを冷凍するつもりがないので、省略。

| | コメント (2)

もしもTV番組を撮影・・・

Bearchoco娘からもらった熊さんのチョコ。可愛くてまだ残してあります。写真に撮って残しておけるんだから、早く、美味しいうちに食べなくちゃ。

最近やっと暇ができたので、あれこれと取り置きしておいた情報を引き出して確認中。台所情報のスクラップの多い中、ふと目に留まったのが、NHK「きょうの料理」で人気の料理研究家のインタビュー記事。

 TV番組の内容は半年前に決まり、3ヶ月前にテキスト用の写真撮影とレシピ原稿作り。放送日直前に録画撮り。収録は生放送と同じ時間割で緊張する。関わるスタッフは大人数で各パートを分担するので、結構ストレスで、年3回出演が限度とのこと。

 このインタビューを読んで、ボランティア団体で働いていた時の、用のデモテープ(新規番組の売り込み用)撮影を思い出しました。台本と撮影カメラマンと進行役(若い女性)はプロ。他の出演者は、医師と通訳とボランティアが務め、私も一瞬だけ出演しました。ほんの短い(10、15分程度)ビデオ作りでも、準備には結構時間がかかりました。まずは、撮影場所の確保、台詞の暗記。スケジュール調整。とり終えたテープの編集にも立ち合わせてもらいましたが、10年前の編集作業の手際のよさに感動したものです。

 結局、局には採用してもらなかったのですが、最近、よく似た内容の番組をある局で発見。残念・・・

 娘の親友は、美大出身なので、東京のTVCM制作会社に勤務し、宇宙人役の有名アメリカ人俳優やキムタク等々の出演するフィルム作りに関わっているとか。大道具? 小道具? 全て? 24時間態勢で、出張あり、定期休暇なし、?無しの勤務。 頑張り過ぎないようにね。

| | コメント (0)

可愛いライオンの描き方

可愛いライオンを描くレクチャーをTVで見ました。
①まず、丸いお皿を描いて、
②そのなかに、クレヨンを描いて鼻にします。黒く塗りつぶす。
③お尻のような口とヒゲを三本を描く。  ④目  ⑤耳  ⑥タテガミのもこもこ
⑦目の延長線上に前足を二本描き、爪を2つ。
⑧お尻を前足の横に描き、最後にシッポを描いて出来上がり。

結構可愛いライオンが描けたかな? ウフフフ 笑って、笑って!

後、5日間もんもんと重要な結果待ちの息子へ。
Cocolog_oekaki_2009_02_21_23_28

| | コメント (0)

飛んで飛んで・・・ビーグル犬

英語の日めくりカレンダーで面白いのを見つけました。
 Fasten your seat belts.「シートベルトをお締めください。」と書かれています。
このカレンダーは犬の写真とコメントだけです。一年間毎日英語でコメントが読めるわけです。「いまにも大空に向かって離陸しようとしているかのような、大きな耳・・・」と。Beagle mix(ビーグル犬の雑種)で名前はPRINCESS(プリンセス)ちゃんです。
Cocolog_oekaki_2009_02_21_18_10
息子よ、どうですか? 今回は何を描いてあるか悩まなくても済みそう? ジェアール君とペンちゃんにも見せて、英語で説明してあげてね。

| | コメント (0)

うちの動物園

Myzoo 最近気づいたのですが、テディベア収集の際についでに購入していた動物が結構たまってきました。撮ってからウサギやら不明キャラも。一つ一つに思い入れがあり、興味深い。

Rupinasu初めてルピナスの苗を手に入れました。近所の花屋さんがバーゲン中なので、散歩代わりに。基本的に、蕾がついていない苗は入手しないことにしていますから、ちゃんとチェック。大きな蕾有り。さて、どんな色の花が咲くのでしょうか。

自動車業界は稼働時間短縮のために、帰宅時間が早い息子と長々とチャット。無料だからこそできる贅沢。来月からは、週休3日になるらしいので、さらに長時間日本語で話せる機会ができてよかったね。

 ところで、ジェイアール君が、ビデオに写っているのが嬉しくて、はしゃぎすぎて困りもの。ベッドの上でピョンピョンとジャンプ。喘息がでないといいのですが。息子も南米に居た頃は、いつも家族だけなので、ごくたまに友人が来ると、同じようにはしゃぎすぎて、後が大変でした。 熱が出る前に、「セアカボー ラ フィエスタ」 (お楽しみはお終いよ~!)と怒鳴ってましたっけ。

| | コメント (0)

梅満開

Umemankai このおうちの梅は満開。大阪城の梅はどうでしょうねえ。そういえば、以前は近くに勤めていたので、休憩時間に花見をしたこともあったくらいですが、あれからもう十年近く・・・

梅は咲いたか? 桜はまだかいな?」と浮かれるにはちと寒~い日差しです。

 でも我が家は食パンの焼ける香ばしい香りで食欲も増し、幸せ気分いっぱい。

 普段は食パンの耳は食べたがらないアーちゃんでも、焼きたてパンだけは別。 そういえば、去年ジェイアール君も、この焼きたて食パンにジャムをつけたのを喜んで食べていましたっけ。そのときは歯の治療中で、痛くて超柔らかなものしか食べられなくて可哀そうでした。今では前歯4本以外はちゃんと揃っているので、何でも食べられるみたい。

 電気代が日本並みの料金でなければ、ペンちゃんに食パン焼器を送るのですが・・・

そうそう、息子からの情報では、2年前と比べると、円の価値が2倍近く有利だとか。物価がもともと安いフィリピンですから、豪遊できそう。ただ、最近は世界規模で不景気なので、さらに治安が悪化しないかと心配。ま、海外ではくれぐれも財布の中身を見せびらかして買い物はしないことです。

 南米で暮らしていた頃は、買い物時には、財布からお札を数えながら出したりせず、一枚ずつ折っておいた札を、必要なだけポケットからすぐに出せるように準備していました。これだと他人には、私がどれくらいお金を持っているか分からないですから。

| | コメント (0)

新しいパン焼器を

Nanikanaこの写真はデジカメで撮ったもの。やはり慣れているほうが作業が早い。 携帯のメモリーは小さすぎて、PCに接続するのが手間。

前の自動食パン焼器が故障して以来数ヶ月、こねる行程だけで使用していたのですが、とうとうジャスコで購入。上新電機も覗いてみましたが、高級品ばかりで私にはもったいなく、ただ普通に食パンが焼ければいいだけです。朝食は毎日なのです。
 また食パンが焼けるのが嬉しくて、すぐに友人お勧めのパン専用の粉もゲット。輸入食品店にあるのですが、円高のせいで割安感があります。残念ながら、最初のパンはいつもの粉で何も追加せず普通に焼いているところです。残りを使いきってから、専用粉を使用しましょ。
 前のパン焼器と同じメーカーのですが、説明書のレシピの書き方が少し違う。古い方は、ちゃんと材料を入れる順番に記入されていたのですが・・・入れる順番を間違うと美味しいパンが焼けないとか。
 普通のパンだけかと思ったら、フランスパン風とかソフトパンとかスウィートパンとかもメニューに書かれています。ピザの生地をこねることも可能。どれだけ違うのかな? ん、とにかく楽しみが増えました。

 息子も連れ合いも共に、仕事が自動車関連なので、近頃の不況情報には困っていましたが、やっと大きな自動車メーカーが5月から生産再開の情報が流れ始めました。3月から期間契約社員を全員首にするという子会社もあるそうですが、今から変更はできないのでしょうね。

| | コメント (0)

4年2ヶ月ぶりに携帯を買い替え

Sentporia2_3携帯電話を新しくしたついでに、カメラ操作を練習中。デジカメの代用になるかどうか試しています。なかなか慣れるには時間がかかりそう。この写真は試作品。少しピンボケですが、最初にしては上出来。

Sentoporia_21GBのmicroSDカードを購入したのですが、PCへの取り込みが出来たこと自体が嬉しい。息子が準備してくれていたメモリーリーダーのおかげ。感謝。

日進月歩の携帯業界のおかげで、いろいろな楽しみが増えます。操作はマニュアルを読みつつボチボチと進みます。前回同様、メール登録せず、当然ネット検索もTVも見ません。その代わり、携帯本体に保険を掛けました。盗難、紛失、水難等々の備え。長期間、高い接続料金体系を続けていたので、ご褒美に15000ポイントを頂き、今後の接続料金に充ててくれるとか。帰るコールのみ使用なので、基本料金(これからは980円)のみ。でも毎月の支払いは、本体分割払いを上乗せされ、今までより少々増えるみたい。

 携帯は便利ですが、うっかりすると料金が高くつきそうです。海外でも使用できる機種なのですが、隣に居るパパリンに電話しても市外料金・国際料金?で高くつきます。旅行中だけはメール使用にしましょ。

| | コメント (0)

久し振りに日本語ボランティアに参加

Kouzusakura 花のえがおさんちの河津桜が開花とか。もう春ですねえ。ジョウビタキの写真が撮れたのには感激。小鳥の写真は難しいですから。近所のエビ養殖池には、年中サギがいますし、渡り鳥も毎年来ます。オシドリみたいなのも、カイツブリみたいなのも。未確認ですから。

Tarui これは樽井公民館の事務所です。いつも可愛く飾りつけをして、利用者を和ませてくれます。感謝。
 数ヶ月ぶりに日本語ボランティアに参加してきましたが、外国の方は少なくて、せっかくのボランティアが途中帰られました。不参加の場合は、事前連絡をお願いしたいものです。当日、公民館へ連絡されてもガッカリです。ま、無いよりましですが。たいてい、個人的に電話番号の交換をしています。

| | コメント (0)

ぺんちゃんからの贈り物

ぺんちゃんからのバレンタインのプレゼント。私の好みをよく知ってくれていることもビックリですが、その上サイズがピッタリなので二度ビックリ。 でも、それは息子とサイズが同じだからだとか。
Dress1 Dress2 フィリピンは常夏なので、冬服は購入不可。 それで重ね着、ジャンバースカート? として使える長めのワンピースが重宝。薄手の長袖か七分袖のTシャツかブラウスなら入手可能。あちらでも山岳地帯は結構涼しいのですよ。

今日は春みたいに暖かい一日だったので、さっそく左の赤いワンピースを長袖Tシャツに重ね着してみました。右は色違い。刺しゅうが豪華。
素敵なTシャツも色違いを半袖と七分袖で送ってくれましたから着られる日が楽しみ。

 パパリンは、「お、若返ったな!」と喜んでおります。最近、落ち着いた色ばかり着ているらしい。当人は意識無し。

 さて、本日は久し振りに日本語ボランティアに行ってきます。数ヶ月ぶり。

| | コメント (0)

幸せプレゼント有難う

090213_231201いたづら好きの娘の写メール。結構可愛く取れています。このヘアバンドは本当は超特大サイズのパパリンのためなのですが、頭脳明晰な彼の頭には乗りません。
 今年のバレンタインデーは、息子とペンちゃんからはグッドタイミングでたくさんのプレゼント(写真は少し後で紹介)が届くし、娘からパパリンへは超高級な和風チョコ(マダム・セツコ)。私にもテディベアのチョコをもらいました。

Madamsetsuko Bearbag チョコも嬉しいけれど、テディベアの紙袋まで素敵。やさしい娘のこころ使いに感謝。

孫のジェイアール君に贈ったチョコは、アンパンマン型。

| | コメント (0)

お土産に好物の芋羊羹をもらいました

Abokado娘からの、あくまでも食べる物中心の写メールは、食いしん坊の私を思いやって?
  これはアボカドのレアチーズケーキ。 

一泊二日のあっという間の観光でしたが、最寄り駅からの帰り道は大風でしたが、どうやら雨に降られることもなく無事帰宅。 好物の芋羊羹やら、パパリンが冗談で言ったミッキーマウスのかぶりものまでお土産に貰いました。

P2130030P2130035芋羊羹の右側のミニーは、すごく小さなパスタが入っています。楽しかったようでよかったね。

土曜日の午後は、久し振りに散髪屋さんに大変身して、連れ合いの頭をいじっているところ。

| | コメント (0)

娘はディズニーランドへ

本日は朝、チャットレッスン。最近はペンちゃん独りでPCを扱えるのですが、ネット環境だけが心配。

 でもちゃんとチャットできました。荷物も無事到着。関空で開封検査されましたが問題なく到着。私が送ったEMS小包も到着。良かった

友人二人と一緒にディズニーへ出かけた娘から写メール続々と到着。ほとんど食べ物。さすが花より団子の家族。
Eclair 24センチのエクレアは、三人でわけわけした食べたとか。それはそれは巨大なおやつ。ディズニーランドは確か食べ物は持ち込み禁止。すべて中で購入するとなると、入場料以外にかなり費用がかかりそう。
Lunch Smoked 真ん中の写真は、昼食。ホットドッグでしょう。右側は、スモークドターキー。そういえば、これと同じ物を大阪のUSJで食べましたね。




Sindererajo Concert 左は、逆光ですが編集して見えるようにできました。右はコンサート。
 ふと思い出したのですが、子供達が小さい頃、アメリカのディズニーランドにも行ったことがあるのですが、私は乗り物が苦手なので、西部劇が見えたり、子供達が馬車に乗れたナッツベリーファームの方が私には印象が強いのです。
 スペインではごく普通の、動物園(パンダがいました)が併設されている遊園地にも行きましたが、ちょうど入る時に昼休みになって、ガラ~ンとしていました。動かす係員が休憩時間だったのでしょう。シエスタ(お昼寝)タイム。
 結構、めげずになんでもトライする家族らしく、クリスマスに博物館に入ったら、12時終了だから早く出てください、なんて言われ、レストランは宿泊ホテル以外は閉店。それでも家族揃って体験すれば良い思い出。

| | コメント (0)

緑色のバラ

Up Greenrose ぼやけていますが、外がわの花ビラが緑色なのが分かりますか。娘が誕生日祝いにもらったのですが、珍しい緑色のバラ。当然ながら開花するまで分からずビックリ。

この薄ピンクの花色と薄い緑の花ビラを眺めていると、葉も茎も緑なので、その緑と繋がっているようで、ステンシル染めの時に、花はこの色、茎はこの色と別々に塗ると、塗りましたよ~!と、とってつけたようになるけれど、薄く絵の具が残っている筆で、やさしく花も茎も同じ色で繋げると自然になる、というのを実感。

 昨日のレッスンでは、色だしのときからすでに単色ではなく、葉・茎・実の色を混ぜ合わせて作り出すという手法を学習。これで、筆の使い方、1本の筆で、濃淡と塗る面積を変化させられれば一人前。まずこの技術の修得は無理。練習する時間がないのです。技術は知識だけでは駄目ですから。

 ところで、ほとんど客を呼ばない、来ない我が家なのですが、突然宿泊客が2名来るということに。エライこっちゃ。朝から、布団を干したり、カバーを洗濯したり大忙し。娘の友人だということで、頼みもしないのに家中掃除機をかけてくれました。
 千客万来だよ~とばかりに、「義母に散歩に出かけるんだったら うちにおいで!」と電話。

| | コメント (0)

今すぐ着られるステンシル染めシャツの完成

Stensiru1今月のステンシル完成。ベージュ色の、これはなんと呼べば良いのでしょうか。私にはファッション界の呼び名は分かりません。通販のカタログではプルオーバーと書いてあったような・・・ それはともかく、いつになく穏やかな色調の木が染め上がりました。全体を同じようなトーンでまとめた感じ。

 コアラ先生のアドバイスに従いつつ、自分で茶色と緑と赤系の絵の具を、少しずつ混ぜていって作り出した不思議な色です。

 同じ色でも絵の具だけの時と、メディウムを加えた時では濃さが違います。同じ色でも筆の使い方で濃淡をつけて染めることもできます。私にはまだまだ難しい技術です。
 次回は、また男性用の帆船の型抜きをコアラ先生にお願いしておきましたから、お楽しみに。

Hiasinsuこれはいつも無理ばかりお願いしているお詫びの印。ヒヤシンスの3株寄せ植え。低温がお好きという花ですから、先生のうちの玄関がよさそうです。 ピンクの花が芳香を漂わせるのはもう少し先。低温だと一ヶ月くらい楽しめますよ~。

| | コメント (2)

一昨日何を食べたかすぐに言えますか

Tokiwasakura2 先週プレゼントしたトキワ桜の鉢植えが、葉が萎れて悲惨な状態だったので、昨日、同じトキワ桜の同色を持参してみると   奇跡的に花が、葉が復活しているではありませんか。義母もなかなかやるじゃありませんか。すっかり諦めていただけに感激。

思わずお茶を誘ってしまい、娘とアーちゃんも一緒だったので、マンションまで歩いて連れ出しました。ちょうど娘がを買ってくれていたので、4人で素敵なおやつタイムになりました。途中、お昼には何を食べたの?と尋ねたら覚えていませんでした。 

 私も一昨日の晩ご飯を質問されたらすぐには答えられませんが・・・まず、昨日は「かき揚げ」だったから、その前だから・・・

 本日はステンシルの日。月に一回阪南市のコアラさんちで教えてもらいます。今回のデザインは大きな一本の木。 手提げバッグに、素敵にシックに染めているのをHPで拝見。さて私は何色で染めましょう? 超出来の悪い生徒で、ご迷惑ばかりかけておりますが、今しばらく我慢を! 

| | コメント (0)

思い立ったらすぐ焼けるパン

パンは焼きたいけれど、発酵に時間がかかるので、ちょっと敬遠。そんな忙しい人向きのレシピを発見。 それは、時間のある時に生地を混ぜ、軽くこねただけで、後の発酵は冷蔵庫まかせ。 そして、時間ができた時に、必要な分量だけを、取り出して焼くという方法。

 材料

強力粉カップ6杯~7杯・ ドライイースト大さじ2杯・砂糖大さじ8杯・塩小さじ2杯・ショートニング大さじ4杯・卵一個・ぬるま湯カップ2杯(400CC)

作り方と手順
 ボールにぬるま湯とイーストをいれ、よく溶いてから、砂糖、とかしバター、卵をまぜ、そこへ粉と塩を加えます。材料全体がよくまざる程度にこねたら、一まとめにして、ぬれ布巾をかけ、冷蔵庫へ。
 焼く一時間ほど前に、好みの形にかたちづくって、軽く油を引いた天板にならべ、ぬれ布巾をかけてあたたかいところにおき、ほぼ倍の大きさにふくらんだら、前もって暖めておいたオーブンに入れます。

 このパン生地は、冷蔵庫の中でイーストが眠った状態になっているので、季節にかかわらず、牛乳を使った場合は約3日、水だけでこねた場合は5日くらい、ほとんど変りません。それ以上経つと、だんだん菌の働きが弱くなります。
 冷蔵庫の温度は15度以下。中でパン生地がひどくふくれ上がったら、時々こぶしで押して、空気をぬいておきます。

毎年公民館バザーでピロシキ販売をしていますが、そのレシピの元をアップしておきます。これからアレンジして、さらに手抜き、かつ短時間でできるようにしたもので、200個以上を作って販売。

☆ピロシキのメモ

材料(皮): 強力粉300g・薄力粉200g・砂糖70g・バター100g・塩小さじ1杯・卵1個・ドライイースト8g・ぬるま湯250cc

(具): 豚ひき肉250g・タマネギ150g・春雨50g・塩・胡椒・片栗粉

| | コメント (0)

お好みデザート

090207_141801 花のえがおさんのブログ拝見。ジュウビタキですか。私も去年うちのマンションで見かけ、名前を探していました。渡り鳥なのですね。キレイな鳥。有難う。

 これは土台のタルト生地(チョコとかナッツ入り等いろいろ)からトッピングにソースまで、すべて選択できる。キレイだし美味しそう。 三宮と元町の間のお店らしいです。若い女性の間では、最近超人気のスタイルとか。

タルト生地・ベリー ・ローズマリーのアイス・チョコソース の組み合わせ。ハート型のチョコが可愛い

2月半ばまで有給休暇消費のためにゆったり、まったり中の娘からの写メールでした。

 今週、英会話サークルの新年会に集ったフランス料理店(ブタノブ)でも、の種類を選択すると、こんな感じにアイスとかいろいろ盛り合わせて、単品ケーキより、見た目も豪華にさらに美味しそうにして出してくれました。

 その新年会で、焼きを習っているという方の話を聞いて、発奮。私は独り自宅で、パン焼きの修行中なので、発酵メモを残しておきます。

 発酵メモ
  最初の発酵: 軽く油を引いたボールに、生地をまるくまとめて入れ、表面に皮がはらぬよう、うすく油を塗るか、ぬれ布巾をかけて、27~28度の状態におきます。寒い季節には、お湯を入れたボールを下において保温。発酵時間は40分~1時間位。オーブンに発酵設定があれば40分。(2~3倍にふくれます)

 二度目の発酵: ふくらんだ生地をもういちどコネ、炭酸ガスを押し出します。 もう一度倍の大きさになるまで発酵させます。温度は先ほどと同じく27~28度。一回目より短めの、約30~40分程度。

 仕上げの発酵: 表面が乾いて皮がはると、焼いたとき火ぶくれができたり、皮の分厚いパンになります。湿度が十分必要です。温度はかなり高めの35~38度。(濡れ布巾をかける場合は生地が布巾につかぬよう注意が必要です。 お風呂を利用するのもよい方法です。)

 20~30分後、ふたたび倍の大きさにふくれたら焼き始めます。その少し前にオーブンを200~220度に暖めておき、焼き上げます。焼き温度と時間はパンの種類によって異なります。焼きあがるとすぐにオーブンから取り出し、型からはずして冷まします。

  つまり、発酵回数は全部で3回必要なわけですね。 それで自動ベーカリーでは4時間少々もの時間がかかったのですか。メモの発酵時間の合計は、

一次発酵 40分+二次発酵 30分+ 仕上げ発酵 20分 → 計 90分

今日の料理のバックナンバーを見ていると、ソフト・フランスパンの作り方を発見。(2005年3月号)これは、発酵に特に時間をかける作り方で、前日から生地作りをして冷蔵庫で一日発酵させてから焼くのです。まさにスローフードです。

 材料: (長さ21~23センチ、二本分)

  強力粉300g・ドライイースト3g・牛乳255ml・オリーブ油15ml

  発酵メモ: 捏ねあがった生地を冷蔵庫で8時間以上おきます。これが一次発酵。このガス抜きをして、再度コネて20分程度寝かせます。二次発酵です。その後、成型してから、フランスパン型2個にして仕上げ発酵約1時間。2倍に膨らむのが目安。強力粉を茶こしを通して軽くふり、パン中央より少し右寄りに深く切り目をスパッと入れる。200度で20~25分、切り口に焼き色がつくまで焼く。

 を冷凍保存する場合には、焼き時間を短めにしておき、冷まして冷凍保存後、食べるときに凍ったままオーブンやオーブントースターで残り二分、焼くと焼きたての味になります。 

| | コメント (0)

日本史は結構面白い5

中学高校と近代歴史をあまり熱心に学習した覚えのない私としては、近代史って?という感じです。古代から歴史学習を始めず、現代から逆進して教えてもらえれば良かったのに。

 今回は、アメリカがどうして日本に対して居丈高に脅すのか、についての話。

日本人というのは下手に出て物を頼んでもだめだ。丁寧にものを頼んでも駄目だ。居丈高に脅かすのが一番効果があるが、あまり脅すと真珠湾のようなことをするから気をつけろ。」とアメリカの外交教科書に書いてあるが如し。

 さて、それはなぜか。

 話は黒船到来のずっと以前に戻ります。アメリカは当時、捕鯨国で補給基地として日本が必要でしたから、外交ルールとしてまずはソフトムードで日本に近づき、日本人漂流者を助けたよと「お土産」として交渉しようと江戸に近づきました。ところが江戸幕府は鎖国中のことですから、漂流民の帰国を拒否。 モリソン号という商船を砲撃して追い返します。

 それでもアメリカは補給基地が必要なので、2度目の使者を送ります。黒船到来の7年前、ペリーの前任者の紳士が、国書を持参してお願いしに来たのです。ところがこれも追い返してしまう。

 三度目の到来になるペリーは、いきなり江戸幕府を脅しつけ、あっさりと開国させてしまったということ。これで最初に書いたようなルールができあがったのかも。

 昭和16年に、日本が清水の舞台から飛び降りる覚悟でアメリカに宣戦布告したのは、なぜかといえば、日本が延々と日清・日露戦争以来築き上げた中国の利権を、全て手放せとアメリカが言ってきたから。それは東京裁判の際に、インドのパール判事が、「こんなことを言われたら、誰だって怒るだろう」といっていたほど強引だった。

 こういうやり方をアメリカがしたのは、それまでのアメリカ外交の流れからして、日本に対して下手に出た時には失敗し、強行な態度を取ったときは、上手くいっているから。 幕末のアメリカに対する日本の対応が、アメリカ人の頭の中にあり、それが日本に対する強硬な態度を生み、それが真珠湾、太平洋戦争へと繋がっているのかもしれない。 

| | コメント (0)

日本史は結構面白い4

<近代>の続き
 攘夷にもいろいろ

 攘夷というのは外国からの武力干渉あるいは内政干渉、侵略等を排除して、日本の独立を保つ」ということ。具体的は方法としては、最初は外国人を切り殺せばみんな恐れをなして帰って行くだろうという考えが主流。これはテロ。
 それに対して、外国は文明が進んでいるので太刀打ちできないのだから、敵に学ぶという姿勢が大切。開国して交流し、貿易をして国を富ませ、その力で兵を強くし、軍艦など最新兵器を持って国の独立を保つことができると考えたのが、勝海舟。
 最初は、テロをしようと企てていた人達から「外国かぶれ」「スパイ」とののしられ、切り殺されたりもした。坂本竜馬が勝海舟に会いに行ったのは、勝を切り殺そうと思ったから。ところが日本の現実を冷静にさとされ、逆に勝に説得されてしまい、後に勝海舟は日本海軍創設の父となったのです。

 結局、テロ方式に固執した者達は、実際に外国と戦って負け、黒船襲来から10年経ってからやっと、富国強兵論へと考えを変えざるをえなくなった。

| | コメント (0)

犬の気持ちが分かる?

蚤の心臓の持ち主の我が家のキャバリア犬のアーちゃんは、以前、バリカンでおなかを剃られた時に少し傷がついていましたから、きっと痛くて怖い思いをしたのでしょう。 散髪屋さんの前まで行くと固まってしまいます。それで、最近は娘が爪や足の毛を鋏で切ってくれています。冬毛になって、胸毛がふさふさとしてきてすっかり一人前のキャバリア男子、いえ、雄犬らしく? 散歩の汚れも大変なのでカットしなくちゃと思っていたところに、娘の友人のトリマーが挟み持参で遊びに来てくれました。結婚したばかりなので、夕食準備のために早めに帰宅。ちゃんと携帯サイトで列車の接続と到着時刻を確認。エライねえ。

 次回はバリカン持参で来てくれそうなくらいアーちゃんを気に入ってくれました。感謝。オジミソのあーちゃんは、やっと馴れたと安心していたら、彼女が帰宅するときに玄関で手を出すと、もう腰が引けて・・・元のモクアミ。

 そういえば、数年前、ウルグァイからホームステイに来た若い男性が、家畜の調教が得意だということで、紀州犬の血を引いていたラウラ(家族以外にはなつきませんでした)をほんのわずかな時間で馴らしたのですが、一緒に散歩に出ようと玄関の外に出た瞬間、ガウー!と今にも噛みつかんばかり。 その方をびっくりさせてしまいました。

 何か理由があるのでしょうね。犬には犬の事情が・・・もしも犬語が分かると面白いでしょうね。でも、犬の気持ちはもうすでに理解する器械が発案されているらしい。フフフ

| | コメント (0)

日本史は結構面白い3

日本史講座メモパート3

江戸時代の身分制度を崩壊させた思想とは?

 身分社会であった江戸時代、100人寄れば1位から100位まで順位がつけられるという社会でした。例えば、御三家といっても格の違いあり、同格の大名でも「長幼の序」つまりどちらが年長者か、武士であっても旗本か御家人か。「士農工商」のそれぞれの階級がさらに細分化されていたわけです。
 しかし外国にはそうした身分制度がない、ということを知った人達(勝海舟等)がいて、天皇という至高の存在の前では将軍であろうと百姓であろうと、家来ということでは平等と言う考え方が出てきた。 「一君万民主義」 

 この考え方が最終的に確立されるのが「版籍奉還」。これは土地の主君である大名が自分の領土と人民(家来を含め)を天皇にお返しするということ。
 具体的には、例えば薩摩藩の殿様も家来の西郷隆盛も身分の上下なく、等しく天皇の家来になるということ。このように幕末に生まれた一君万民主義が、明治の版籍奉還にまで繋がっている。
 民主主義の基本は平等で、それを達成するやり方には、キリスト教の神の名の下に王の権限を制限して平等を実現させるという方法。日本では天皇がその代わりになり、天皇の前での平等性を確保し、日本は近代国家になったのです。

| | コメント (0)

外国のレストランでは・・・

去年から新年会が一つ増え、楽しみが一つ増えました。連れ合いも一緒。私が指導している会話サークルは、出発は公民館での講座。そのときに彼も一緒に指導してくれたので、顔見知り。女性ばかりの中に紅一点?の男性一人。フフフ 美女に囲まれていい気分でしたか?

 洋風レストランで食事をすると、外国での食事スタイルを思い出します。ベネズエラではイタリア料理店によく出かけましたが、店によっては注文の前に前菜を自由に取って食べたり、アルコールを飲みながら、メニューから注文するスタイルもありました。実にゆったりとしたペースなので、空腹時には間に合いません。

 パスタはスープ並みで、メーン料理の前に食べます。ですから味が薄い。パンとかチーズ(塊のまま)は、ど~んと大量に机に出され、最初は現地の人達が豆腐をパンにつけて食べているのかと間違いました。

 そのころ幼稚園児だった息子など、空腹のあまりテンコ盛りのパンをおなか一杯食べてしまい、肝心の料理が出た時にはもうご馳走さま状態でした。 注文料理が運ばれるまでにはへたすると1時間近くかかることもあるので、時間を持て余した息子は、あちこちのテーブルにちょっかいを出し、スペイン語のお勉強。 ま、外国人に物怖じしない、あるいは外国語に慣れたことが、今のフィリピン生活で役に立っているのかも。

 スペインのレストランでの思い出は、料金の思い違い事件。エビの値段を100gにつきいくらと記入してあるのを、一人分の値段と勘違いして注文した人が居て、後でビックリ。 私達家族は旅行先ではあまり高級レストランには入りません。値段も高級なので。 城塞都市トレドで、観光途中に地元の方達が入りそうな店で食べたパエリャの味を忘れられません。オリーブオイルたっぷりなので、ギタギタしているように見えたのですが、全く油っこくなく美味しかった! ベネズエラで食べたパエリャとはまた一味違う。 私もたまに電気プレートとか炊飯器とか圧力鍋で作りますが、それはそれで美味しい? でもやっぱり、パエリャ鍋が欲しいなあ、と・・・

| | コメント (0)

日本史は結構面白い2

引き続き日本史講座のメモ。

近代について語る時には、日本が世界の中に取り込まれたということになります。
 日本の歴史上大事件は3つ。その一つが黒船(軍艦)の出現。
 3大事件とは、鎌倉幕府の成立。これは日本を支配していた朝廷・公家が、武士に取って変られたので大事件。
 もう一つは、明治維新。日本の政権担当が武家から天皇中心へ、そして近代国家へ。

 では、なぜ黒船来航がそれほど大事件なのか? 黒船以前、世界最強部隊とは騎馬部隊でしたから、馬を船で移動させるのは非常に困難だったので、日本は四方を海に囲まれているという利点から、外国から攻めらことのない、政界一安全な国家だったのです。
 ところが黒船は、巨大な大砲を積める上、人員もたくさん積める「動く砲台」だったために、逆に海に囲まれている日本は、どこからでも攻め込まれる可能性のある世界一危うい国へ。
 そして黒船来航の翌年、あたふたと徳川幕府は開国してしまいます。それには天皇の許可を得ていませんでした。このことが大変な結果となります。家康が幕府を開いた時に、朱子学(天皇を尊ぶ思想。天皇から政治を委任された将軍の権威づけに利用)を導入し、それが幕末の頃には、天皇を尊敬すべしという国論へ。なのに、天皇の許可を得ずに開国とは何事か、ということに。徳川幕府安泰のために導入した哲学が、結局は自分達の首を絞めることになるという皮肉。

| | コメント (0)

インフルエンザ警報発令中

まだ我が家では誰もインフルエンザに罹っていませんが、私の生徒さんのお子様達がかかっているそうです。義母だけは予防接種をしていますが、他は・・・
 あるTV番組によると、日本国中ほとんどの都道府県に警報が出ているそうです。高熱が出るのでご注意。

 今年、久し振りに連れ合いが鬼のかく乱で、風邪を長いこと引いていますが、インフルエンザに罹らなくてまだましでした。年明け以来ずっと忙しすぎて、抵抗力が弱っているみたいですから。とにかく栄養と休養を取って、外出から戻れば手洗い後にうがい(この順序が大切)をしていればまず大丈夫だそうです。
 昨日、大病院へ出かけたので、ありがたくないプレゼントを貰ってないかと冷や冷やものです。空気清浄機の姿が見えなかったのですが、あったのでしょうか? その点、個人病院ではちゃんとそなえているのが見えるので安心。

 私のインフルエンザと花粉症の予防法は、カスピ海ヨーグルトとレモン水、そしてタップリの栄養と十分な睡眠。腰痛予防には、毎日数分の柔軟体操の真似事を・・・と書いておきましたが、幸いまだ続行中。1週間で効果てきめん。

| | コメント (0)

お医者様は謝り上手

娘の付き添いで貝塚市民病院へ出かけましたが、予約してあったにもかかわらず2時間以上待合で待機。一人後の予約の女性が、あまりの対応の悪さに、とうとう医師に不平を訴えている大声が聞こえてきました。 医師は丁寧に謝っておられました。
 少し前、新聞に医師は誤り上手でないとことが前に進まないということが書かれていました。大病院での話し。手術をしようとすると、まずは「申し訳ないけれど手術室を使わせてもらえませんか」、から始まって、麻酔医に「お忙しいのは分かっているのですが、申し訳ありませんが、スケジュールを開けてもらえませんか。」 まだまだあちらにもこちらにも頭を下げて、お願いして、つまりあやまり倒してやっと一つ手術ができる、と。それで、自分はあやまり上手になったらしいと。
 娘の主治医もご自分が悪いわけでもなんでもないはずなのですが、謝っておられました。
思うことは、どこの公立病院も大赤字のはずなんだから、もっと患者の立場に立った応対をして欲しいということ。せめて今どれくらい遅れているか位掲示して! 決してお医者様をせめているわけではありません。システムが悪い!

| | コメント (0)

日本史は結構面白い1

図書館でしばらくぶりに、面白い本を発見。江戸川乱歩賞受賞作家の書いた本で、名前は結構いかめしく開くまでに時間が・・・でも開けてみるとこれが面白い内容。大学受験時に世界史を選択したために、日本史はまるで記憶に残っていないのです。(中学レベルのまま)

 少しだけメモしておきましょう。

 内容は簡単明快。「学校の教科書では歴史の本当の姿はわからないけれど、実はこうだったんだよ」と易しいことばで説明してくれています。

 まず、借りた本の最初は、戦国時代と江戸時代の厳しすぎる法律を2つ取り上げて、それはなぜ実施されたのか、その効果はどうだったのかを説明。

 これは、信長・秀吉・家康は日本をどう変えたのかという話から抜粋。

①織田信長の「一銭切り」。たとえ一銭でも他人の物を盗んだら、切り捨てる(死刑)という厳しい法律。この時代には警察は無く、弱肉強食でやりたい放題ですから、治安確立のためには厳罰にする必要があった。この施行によって信長の領内は治安が劇的に良くなり、人気を得た。

②徳川綱吉の「生類哀れみの令」が出された理由。

江戸初期の最大の課題は、「平和を確立すること」。今まで闘うことを職業にしていた人達の意識を変える必要。つまり、敵を殺してその国を取ることによって出世する時代から、人を殺してはいけない平和の世へ。武断主義(逆らう奴は殺す)から文治主義(法律による支配)へと転換。

 三代将軍家光の頃までは、戦争がなくなったせいで鬱憤のたまった者達の喧嘩が多かったとか。人の気質とはそうそう簡単に変化するものではない、ということで、「生類憐みの令」という極端な法律が実施されたのです。(たとえ、虫一匹殺しても許されない。)常識を劇的に変えるには劇薬が必要だというわけです。

 この話にはまだ続きがあります。「生類憐みの令」には、「病んだ馬は捨ててはならない」という項目があるそうです。ということは、戦国時代は効率第一主義ですから、病んだ馬を看病などしている優しさはなかったということ。

 さらに、「宿で旅人が病人になった場合、それを追い出してはいけない」という項目も。江戸時代の中ごろには、この令のおかげで病人を追い出す宿はなくなったそうです。

 悪い内容だけ言い伝えられ、良い内容は忘れられるとか。その例を少し挙げています。

信長で言えば、寺社勢力の武装解除というすばらしい業績、あるいは政教分離という業績。

綱吉で言えば、本当の意味での平和主義への転換。

 戦国時代は、警察がないため、みんなが武器を持ち、「自力救済」「自力解決」しか手段のない時代。それを最初に秀吉が武装解除(刀刈り)という形で終らせ、人を殺してはいけないという意識に劇的に変えたのが綱吉。その意味で、信長と綱吉も繋がっている。歴史というのは、点と点の繋がりだ。結果が原因となりまた次の結果を生む、その繰り返しで続いているのが歴史。

 パート2で、近代をメモしてみましょう。

| | コメント (0)

節分の日の朝食パン

Buns  節分なので昼から丸かじり用の巻寿司を作る予定。大阪発の新習慣だとのこと。今年はロールケーキの丸かじりも発案されたようです。夜に巻けるようにと、高野豆腐・シイタケ・人参を煮ておきました。桜デンブも購入。これにキュウリを加えて巻く予定。ほうれん草か三つ葉でも良いのですが、買い置き無し。最近、賢く保存食を使っているので、冷凍庫・冷蔵庫・食品保存コーナーがすっきり減量。良い傾向。これは自動車業界不況の影響?

 とりあえず朝食用にはこの丸型パンを焼きました。これで二度目の食パン材料での丸パン。 焼き方のメモを残しておきます。

 自動食パン焼器でこねる作業だけ→オーブンで一次発酵(40分)→丸く成型後、オーブンのメニューからバターロールを選択して二次発酵(20分程度)→余熱→焼き上げ(190度15分程度)

 全体でかかった時間は、2時間程度。自動食パン焼器なら、ほったらかしとはいえ4時間少々かかります。

「食パン材料にしてはしっとりして美味しい。」 とは、昨晩の娘の試食感想。 それは多分、食パン型に入れてないから、短時間で焼き上がったから。でもそろそろこねる作業も危うくなってきたみたいです。

Yoseue1Candymagic

昨日は良いお天気だったので、やっと1週間以上前に購入した苗を植え替えました。右は 『不思議な春色 超バラ咲きジュリアン キャンディーマジック』という長いネーミングの札が付いていました。一度ブログに載せてあります。本当にバラみたいで愛らしい花ビラ。そして、左写真の下の花が桜草。

腰痛退治にと、筋トレと柔軟体操も一日数分ずつですが続けています。今日で3日目。体操などと大層なものではなく、朝起き掛けと寝る前に、寝床で腹筋に力を入れることと、家事の合間の手隙に、台所調理台と食卓を支えに、かるく脚伸ばし。 せっかくの体操メモは参考だけに。

| | コメント (0)

義母へのプレゼント花

P1310099 花育ての苦手な義母に、今回はこの花鉢を届けてきました。以前にアップしたことのある花なのですが、すっかり忘れてしまいました。

 あまりに立派な葉っぱなので、サラダかお浸しにしてみたいような気がします。でも、うっかり食べると毒があるものもあるのでご注意。以前、友人が引越し先のプランターにネギみたいなものが植えられていたので、好都合とばかりに味噌汁に入れると、すごく変なお味だったとか。

| | コメント (0)

お雛様の絵手紙

Ohinasama花のえがおさんがしばらくブリにブログを更新されていたので、また転載させてもらいました。義母様が作られたお雛様を描かれたのです。やさしいお顔。

先日訪問した昔の庄屋さんのお家では、2月と3月の第4日曜日にお雛様の展示がありますので、また義母と一緒に伺うつもり。

 徳島の母が、ベネズエラ滞在中に生まれた孫のために、はるか遠くへ送るためにと、小さな雛飾りセット(と母は言うのですが、立派です)を探して買ってくれたのですが、事情ができて急遽帰国したので、そのお雛様達は海を渡ることはありませんでした。 木目込み人形なので、可愛いお顔立ちをしています。

 あちらでは、日本のものはほとんど手に入らなかったので、お雛様どころか、和食材料なども半年くらいの賞味期限切れなんてありがたく使用。寿司海苔なんて、大事にしまっておいて茶色に変色してましたっけ。薄口醤油なのに真っ黒になっていたり・・・インスタントラーメンは一度湯通ししてからでないと油がまわっていて辛かった。それでも食べたかったのです。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »