« 合格かな? | トップページ | フィリピン語のすすめ »

日本語ボランティアは順調

ステンシルで、コスモスを染めてきました。パパリン用に青いコスモスになりました。手芸のアルバムにアップしておきました。当人は、どこへ着ていこうかと喜んでくれたみたい。

夏休みが終了して、日本語教室は順調に滑り出し。また一人メンバーが増えました。これで一家3人が揃って学習となります。ボランティアのグループ活動をしていると、結構出入りが激しいので、運営は大変だろうと思います。わが市では、今までのところ、会場費(公民館使用料金)は市のABC委員会持ちなので、参加者からは一切集金無し。運営費用の調達ができなくて解散するという問題は無し。ただ、相手が外国人だと、連絡無しで休むことも結構あるので、ボランティアの意欲が減退するケースもある。逆の場合もある。トホホホ お互い気をつけなくちゃ。
 今までに数箇所の日本語教室を見学したけれど、会場費が必要なので、参加者全員から毎月徴収しているところが多い。交通費自腹はもちろんですが、ボランティアをしながら、参加費を払うのはちとキツイ。でも、それは、日本語を教えてあげているのではなく、お互いに学ぶことが多いのだから、つまり同等の立場なのだから、同額負担という理念。
 私は、無理をしない程度にボランティアをしようと決めたので、自腹が負担になる遠距離ボランティアはしない。近場で 短時間に 出来ることに限定。燃え尽き症候群になってしまったボランティアがたくさんいるのです。

 明日は、月1回のステンシルの日。図案はコスモス。どんな構図や展開にしましょうか。楽しみ

|

« 合格かな? | トップページ | フィリピン語のすすめ »

日本語ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合格かな? | トップページ | フィリピン語のすすめ »