« 1時間でできるお手軽ピロシキ | トップページ | ベランダは秋バージョン »

フィリピン語のすすめパート3

記憶力の衰えには勝てず、ほとんど記憶しないで学習中のフィリピン語ですが、せめてもの暗記必須?

朝のあいさつは、Magandang umaga (po). マガンダン・ウマガ・(ポ) スペイン語もそうなので、フィリピン語も読み方はほとんどローマ字読みで大丈夫。g とか鼻にかかる音が特徴的。 カッコ内の言葉をつけると、ていねいな表現となります。
 「ご機嫌いかが?」は、クムスタ? スペイン語では、コモ・エスタ? 英語では ハウ・アー・ユー? こんな簡単な言葉なら、私でも覚えられるのですが、今、20課中の17課に突入。本の後半は、動詞の時制ばかり。えらいこっちゃ? ん? でも、覚えない方針で読み進み、片っ端から本に日本語でルビやら意味やら書き込んで、いつ読み返しても再スタートできるように、準備するだけ。 決して今から通訳になるわけでも、試験を受けるわけでもなく、ペンちゃんやジェイアール君と片言でも話せれば嬉しいだけなのですから、お気楽。 

 でも、だんだん欲が出てきて、この本を読破した暁にはイタリア語やら中国語やらスウェーデン語、はたまた韓国語まで本棚には並んでいるので・・・ま、フィリピン語が終了する頃には、次の採点の仕事が入るでしょう。でも、全く言語体系の違う言語を知るのは、たくさんの発見があって、興味深い。カルチャーショックをいっぱい受けます。

 ここまでの記事は日曜日夜中に自動転送。

 いつになるかと心配していたのですが、家事をほおり出して励んだおかげで、月曜日の午後、何とか20課まで終了させることができました。全くといって良いくらい単語暗記に時間を割かなかったので、20日間程度で終了。 よく外国語学習の4週間シリーズより早い! 

 途中、一度振り返って、ノートに各課の文法事項をまとめたり、よく出てくるマーカー・指示代名詞・人称代名詞(私とかあなたとか)だけは、いちいち調べるのは面倒なので、メモを作成しただけの怠け学習。て・に・を・は等にあたる言葉が動詞の種類によって、表現の仕方が変るので、いまいち理解が出来ていません。多分、こんな感じ?という程度で次から次と新しいルールが出てくるので、何でもでも読み返さないと身につきません。でも、フィリピン語の全容を網羅したわけです。動詞のある文では、英語流の文法用語で頭の中にまとめると、

①動詞の原形(命令にも使う)・②過去形・③現在形(進行形にも使用)・④未来形というふうに分けられます。英語の時制なら、他にも完了時制があるし、スペイン語ならさらにもっとありますから、これは嬉しい。何度でも同じ本を繰り返し読めば、そのうちいやでも単語の10個や20個は覚えられるでしょ。とにかく一冊の本を終了させたというのは大きな喜び。    o(*^▽^*)o

|

« 1時間でできるお手軽ピロシキ | トップページ | ベランダは秋バージョン »

外国語学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1時間でできるお手軽ピロシキ | トップページ | ベランダは秋バージョン »