« ダンジリ祭りですね | トップページ | フィリピン語のすすめパート3 »

1時間でできるお手軽ピロシキ

去年は公民館祭りのバザー参加は、フランクフルト販売だけでしたが、今年はまたピロシキを作って販売しようとお誘いしました。作り方を載せておきますので、確認してください。

 2006年10月30日にも書いていますが、公民館バザーでは、300個位一度に作りましたので、家庭用に、それから計算して10個分の分量にしてあります。今回は、カレー味ではなく、シーチキン・マネーズ味と粒アン入りの2種類を販売予定ですから、シーチキン・マヨネのピロシキの作り方をアップしておきます。1時間でできる簡単ピロシキです。

 皮の作り方は、まずぬるめの湯を135cc・ドライイースト小さじ2杯・砂糖大さじ1.5杯・油大さじ1杯を混ぜておきましょう。次に粉を計量。薄力粉と強力粉をそれぞれ125グラム・塩二分の1杯・ベーキングパウダー小さじ1.5杯。計れたら、先に準備したイースト等と混ぜて、7分~8分程度よく捏ねてから、丸めてビニール袋に入れ、暖かい所でしばらく寝かせておきます。

 皮の準備が整ったら、次は具に取り掛かります。荒めのみじん切りにしたタマネギ(1個分)を炒め、ボールに入れて、シーチキン缶(1缶)とあればトウモロコシ缶(半分程度)も入れて、塩・胡椒・マヨネーズで味付け。先に準備しておいた皮が倍くらいに膨らんでいるはずですから、10等分して、1個ずつ15センチ程度に丸く伸ばして、具を包みます。小麦粉を水でといたものを糊代わりにして、上半分につけ、半分に折ってくっ付け、5分程度置いてから油で色づCocolog_oekaki_2008_09_13_20_24

くくらいに十分揚げれば完成。半分に折ってから、フォークで押さえておくと安心。何だか餃子のお化けみたいな感じに・・・トホホホ

今回初めて、お絵かき機能を使ってみました。お笑いください。

 調理時間は、①ぬるま湯の準備とイースト類の計量と攪拌(10分)+②粉類計量(5分)+③捏ねる時間(10分)+④タマネギを刻んで炒めて、シーチキンを混ぜて味付け(10分)+⑤皮を伸ばして具を包む(15分)+⑥ピロシキを揚げる(10分)=60分 となります。

|

« ダンジリ祭りですね | トップページ | フィリピン語のすすめパート3 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンジリ祭りですね | トップページ | フィリピン語のすすめパート3 »