« お好み焼が食べたいと・・・ | トップページ | リサイクル手芸の準備万端 »

家にある材料で朝食パンを

久しぶりに雨が降ると歓迎していたら、夜には、なんと大阪に大雨・洪水警報発令。雷までゴロゴロと。えらいこっちゃ。せっかくのパパリンの週末テニス(早朝)が出来なくなりました。

~だけ」とか、「家にある材料だけ」で作れるというフレーズに弱いので、まあるい朝食パンに挑戦するつもりで、コピーをもらってきました。(今週中に作らないと、日曜日の午後から忙しくなり、多分1ヶ月くらい多忙)カチカチ山の気分。忘れないうちにメモ。

材料: 薄力粉150g マーガリン10g 砂糖10g 塩2g 水75g ドライイースト3(小さじ1)

 無塩バターを使う場合は塩を少々多めにする。普通のパンを作るように、コネコネして1時間くらい寝かしておき、2倍に膨らんだら、6等分にして丸めて、5分程度寝かしてからガス抜きをして丸める。オーブン用シートを敷いた天板に並べ、ラップをして35℃くらいのところで35分寝かす。250度に余熱しておいたオーブンで、200度で12~13分焼く。

 パンはいつも自動パン焼器なのですが、娘の安眠妨害に。朝食丸パンは、ポンデケージョ同様に、冷凍して焼こうと思います。丸める作業までして、冷凍し、朝、電子レンジで1分チンしてから、余熱してから200度で12~13分焼くか、あるいは、チンとオーブンの余熱をやめて、5分余分に焼くかどちらかにしようと思います。このポンデケージを焼く方法は、ブラジル生活が長かった料理上手な友人から教わった生活の知恵。また、オーブン使用が面倒な小家族では、電子レンジで1分チンしてから、オーブントースターで5分程度(焦げすぎぬようアルミホイルでカバーしても良い)で焼くことも教えて頂きました。感謝。

Hagi 義母の庭にはほとんどの時期、萩が咲いています。今週からできる限り、夕方食事時には水やりをすることを口実に訪問することにしました。義父が無くなってからは、買い物も一緒に行っていたのですが、お元気なので、かえって同伴は煩わしい様子で、つい・・・優しい連れ合いの製造元ですから、大切にしなくちゃね。

|

« お好み焼が食べたいと・・・ | トップページ | リサイクル手芸の準備万端 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お好み焼が食べたいと・・・ | トップページ | リサイクル手芸の準備万端 »