« 夏用ストールにステンシル | トップページ | 夏用ストールにステンシル »

おでん活用法

P7200099我が家は三人家族プラスキャバリアのアーちゃんなのですが、どうも調理する分量が多過ぎ。今頃気づいてどうするの?と突っ込みを入れられそうですね。「カレー」なら大体3~4回は連続しますが、慣れたもので、
①夕食カレー・②翌朝食パンでカレー・③昼食カレーうどんかカレースパゲッティー・④夜混ぜカレー(ドライカレー風に落とし卵)となり、誰からも文句はでません?
 ところが、「おでん」は大概残るものの活用法に工夫無しで過ごしてきました。そのまま連続しておでんとして暖めなおして食べる程度。今回、TVの指輪ギンギラギン女社長のアイデアいっぱいの生活からヒントを頂いて、リメイク料理に挑戦!
 まずは、残ったおでんの具とだし汁を別々に保存。具はできるだけ細かく刻んで準備OK。おでん二日目のリメイクメニューは、お稲荷さん。お揚げ嫌いの娘は、寿司飯だけを詰めるとあまり食べてくれませんから、寿司飯にこのおでんの具を混ぜて入れました。大成功。
 三日目。本当はここで、残りご飯を温めて直し、具と別に保存してある汁を混ぜて、一人前だけの炊き込みご飯にするつもりだったのですが・・・都合により、山芋をすりおろして、刻んだ具に豆腐も入れて、お焼にしました。試行錯誤の結果、片栗粉を混ぜてのお焼が完成。(片栗粉をいれずに揚げたのでまとまらず、さつま揚げ風天婦羅作戦は大失敗。)
 暑いと何もヤル気が起きてきませんが、シンド~~~と、何もしないでいると、いつまでたっても自然発生してくれない。「何かをやり始めて初めて、ヤル気は自然とでてくるんだよ」という心理学者がいましたね。そうそう、好きな事をとにかくやり始めましょ。 失敗もまた楽しです

|

« 夏用ストールにステンシル | トップページ | 夏用ストールにステンシル »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏用ストールにステンシル | トップページ | 夏用ストールにステンシル »