« 完熟バナナでお手軽ケーキ | トップページ | ネギ焼を作りました »

南米の料理が懐かしい

『アーちゃんの語学教室』のHPの、公民館学習者の授業内容を掲載しているページが更新できるようになりました。直接お伝えするのを忘れています。 年度別にしてくれましたので、2008年度分を開いてくださいね。もう一つの『出直し英語のネット講座』の方は改装途中。

Prin 娘のお土産。『うっふぷりん』という名前をうっかりと、『うっぷん』と読みそうになってドキッ。失礼しました。上に振りかけたのは荒砕きキャラメルで、トーチバーナーをお持ちの方はあぶってどうぞ、という説明つき。そんな高等テクニックはできません。ライターで焼いたら、ヤケドする! と言われて止めました。じゃあ、チャッカマンではどう? 火力不足でしょうね。
P3260036 こちらは、夕食のエビフライ巻き用の皮。タコスのサルサ(ソース)が残っていたので、エビフライを揚げて、キャベツと水菜(あり合わせ野菜)に粉チーズを振りかけて。 この皮は、小麦粉・コーンスターチ・塩少々に水を混ぜて、小さなフライパンに入れて焼きました。クレープのように少し粘りのある美味しい皮ができました。小麦粉だけの皮より包みやすいことを発見。この皮の出来具合から想像すると、ベネズエラのアレーパ(餅に似た食感のぺったんこの団子で。パン代わり)やエンパナーダ(ミートパイかピロシキ風?)もうまく出来るかも。挑戦してみましょう。

 あ、しまった。残念なことに娘が休日に調理してくれた料理を撮り忘れました。スペイン語ではパスティーチョと言いますが、イタリア料理でラザニアかな? ミネストローネ・スープと骨つき鶏肉の香草焼(ローズマリーで味付け)。ご馳走さま。あと数回でスクーリング終了でしょうから、ガンバ!

|

« 完熟バナナでお手軽ケーキ | トップページ | ネギ焼を作りました »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完熟バナナでお手軽ケーキ | トップページ | ネギ焼を作りました »