« 久しぶりにポンデケージョ | トップページ | 無花果入りのスコーン »

ニットソーイングで上着

今日は、マルチーズのマリちゃんの命日、後でペットの納骨堂へ行く予定。紫陽花で有名な寺の中にあるので、毎年お参りするのが楽しみ。P6050062

行って来ましたよ。もう紫陽花はほぼ満開。毎年、種類が増えているような気がします。マリちゃんもラウラも寂しくないでしょう。2匹仲良く眺めているかも。 

半袖の上着がほぼ出来上がり。糸始末と見返しの留めをすれば完成。以前、同じニット地でスカートを縫ってあるので、上下お揃いの完成となりました。去年、長袖の上下を2組作りましたが、半袖は初めて。

 今月のお稽古のポイントは、見返し。襟と前の部分にぐるりとつけてあります。デザインと裁断まで担当してくださるコアラ先生。今回は複雑なデザインだったので、イラストを描いてくれてました。おかげで、今何の作業をしているのかがちょっとだけわかるようになりました。でも、思い込みは禁物。私には裁縫の常識は皆無なのですから、確認、確認。で、完成までほぼ2レッスン。少しだけ次の作品の「ミニ袖のインナー」に取り掛かったところで終了。来月のお楽しみとなりました。7月末からの英会話講座に十分間に合いそう。

 そうなのです。去年の日程とほぼ同じ時期に同じ公民館で、5回連続講座を担当。夏のテーマは「海外旅行にすぐ役立つ英会話」。どんな出会いがあるのか楽しみです。

 日曜日に紫陽花の写真を転写したTシャツをコアラさんに見せようと、小さく畳んで持参したのですが、畳み皺が少々。転写紙をアイロンで貼り付けるわけですから、厚手になります。やはりステンシルのように、布素材の柔らかさを損なわずにはできません。転写は畳んだり、あまり洗ったりしない物、例えば、ジャケットとか手提げ袋とかタペストリー向きかな?

|

« 久しぶりにポンデケージョ | トップページ | 無花果入りのスコーン »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりにポンデケージョ | トップページ | 無花果入りのスコーン »