« 子供の遊び | トップページ | 未来のボクシングチャンピン »

クリスマスイブに昼食会

 毎年、我が家ではクリスマスは鶏料理が定番。ちょっと豪華にローストチキンを買うことが多い昨今ですが、自分でターキーを焼いたこともあります。でも、2人で食べるには4キロ以上(アメリカでは約7キロ)もは大きすぎます。せいぜい鶏肉で十分。丸のまま焼くと切り分けるのが難業。魚をさばくようにはまいりません。骨が硬いので包丁の位置を失敗して刃をかいては大変。

 いつも私の話に出てくる料理好きのアメリカ人から、ターキーの焼き方から出来上がったものの切り分け方、ウィッシュボーン(願い事が出来る骨)の取り方まで教えてもらいましたが、長く使わない記憶は消滅。

 今年はタンドリーチキンにしようとレッグ2本購入。せっかく自家製のヨーグルトがあるのですもの使いたい。これはインド料理。フランス料理と中国料理に並ぶ、世界3大料理の一つであるトルコ料理かと勘違い。カレー粉とヨーグルトに一晩つけておいて焼けば、鶏の臭みがとれて美味しくなります。

つけタレ: 玉ねぎすりおろし(半個)・プレーンヨーグルト(カップ1)・カレー粉・パプリカ(あ  るいはケチャップ)各小さじ1・チリパウダー(小さじ半分)レモン汁(半個分)・塩・胡椒

      好みで、すりおろし生姜・ニンニク(各小さじ1)

      漬ける時間は、ゆとりがあれば1晩。なければそれなりに。

Chickenx 漬け込みにヨーグルトを1カップ使用したので、また牛乳から作りました。結構容器を考えたり、暖かい発酵に適する場所を探したりと面白い。

明日は朝からクリスマス用のドライフルーツ入りのパネトーネ風パンを焼く準備をする予定。うまく焼けるか楽しみ。

Dinner2 クリスマスに美味しく焼けました。ルンルン。

 子供達が小さい頃、徳島の父が孫たちへと、一人に1個のクリスマスケーキを準備してくれて、皆びっくり。弟のところには3人姪がいるので、各自1個。それは、私が子供の時、夏のことですが、スイカを丸ごと兄弟3人、各自1個もらいましたから。時々びっくりさせてくれる、78歳現役の父です。

Partyx 本日はイブだけれど、早めに義母の家で昼食でお祝いをしてきました。すべてイズミヤで仕込み料理。急に思い立ったので。でも美味しかったから大丈夫。

カリフォルニア巻き風に、ご飯が上の巻き寿司がピンクで可愛いのを選びました。フライドチキンは夕食にチキンだけれど、我慢我慢。ショートケーキは4個入りで、1個は亡くなったお爺ちゃんへのお供え用。ホールケーキだと3人では食べ切れませんから。娘が戻っていればよかったのですが。残念。

 さきほど、3人の昼食会から戻ると息子から、メールと一緒にJR君の写真が届いていました。昨日は、真夏の炎天下で大勢のクリスマス大会で一日中忙しく、疲れたでしょうに、有難う。

 

|

« 子供の遊び | トップページ | 未来のボクシングチャンピン »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子供の遊び | トップページ | 未来のボクシングチャンピン »