« ピロシキ | トップページ | 公民館でのバザー終了 »

ピロシキのレシピ

出来上がったものは後で掲載致しましょう。バザーで作った物を撮りましょう。

まずは、作業開始時にすることは、お湯を沸かすこと。椎茸や春雨を戻したり、イーストに混ぜわせます。

 ピロシキの材料:10個分

  具

  合い挽きミンチ200g・玉ねぎ中1個ミジン切り・干し椎茸1枚程度・春雨5g程度

  調味料ーカレー粉(好みですが、大さじ1程度)・塩小さじ半分・胡椒・小麦粉大さじ1

  皮

  A:強力粉と薄力粉を125gずつ・塩小さじ半分・ベーキングパウダー小さじ1.5

  B:ドライイースト小さじ2・砂糖大さじ1.5・油大さじ1・ぬるま湯135cc

  

作り方は難しくはありません。時間的には1時間程度で出来るはずです。

まず、ぬるま湯を沸かす。その間に、粉類を計量しておく。40度くらいにお湯がなったら、まずBの溶液を作ります。分量はきっちり量りましょう。そうすれば失敗はありません。

泡立て器でよくかき混ぜたら、Aの粉類と混ぜ合わせて、よく捏ねます。捏ねること7~8分。そうすれば、つるりとした表面になりますから、一つの大きなま~るい塊にして、ボールに入れて上に乾燥タオルをかけて、暖かいところに放置。(寝かせます)

 寝かせている間に、具を作りましょう。湯戻しした椎茸はミジン切り、春雨は1センチくらいに切る。玉ねぎは大き目のミジン切り。これを全てミンチと一緒に炒めます。味付けは上記の通り。これを皿に広げて、10等分に印をつけましょう。冷めたら、皮で包みます。

 皮は具と作っている間に膨らんでいるはず。寒いところでは湯をはったボールの上に別のボールを乗せてその中で寝かせておくとよく発酵します。でも大して発酵してなくても油で揚げるから失敗はしません。大丈夫。

 皮を細長く伸ばしてから10等分します。1個ずつを15センチくらいの楕円形に伸ばして、中心に具と入れて半分に畳んで、端に水(あるいは水溶き小麦粉)をつけてくっ付けます。餃子を包む要領ですが、ヒダはつけません。フォークで端を押さえておくとちゃんとくっつきます。5分ほど置いて少し膨らんだら、油で狐色がつくくらいまで揚げると完成。

これで1時間程度でできます。パンではないので、発酵に気を使いすぎる必要はありません。膨らし粉(ベーキングパウダー)もイーストも入っていますから失敗はありませんよ。朝鮮して見てください。ま、その前に公民館のバザーでピロシキを召し上がれ。パパリンの分は絶対確保してもどりますからね。

|

« ピロシキ | トップページ | 公民館でのバザー終了 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピロシキ | トップページ | 公民館でのバザー終了 »