« 猿捕り茨 | トップページ | 白妙菊(シロタエキク) »

イタリアンフェアのホテルバイキング

9x  真剣にカメラ目線。だんだんと赤ちゃん顔から子供らしい顔になってきました。2歳になったばかりといえば、昨日も書きましたが、息子を南米に連れて行ったのと同じ頃。カラカス到着後、しばらくしてから、保育園に入れたのですが、お迎えの車が来ると1週間毎朝泣き通し。ご近所さんからもブーイングでした。「可哀そう」、って。それでついに中止。お迎えにきてくれる先生は(自家用車で送迎)、「お母さんの姿が見える間しか泣いてませんから大丈夫」、と言っていました。それを確認する手立てはありませんからね。

 私の4歳年下の弟(長男)もそうだったらしい。当時は保育園ではなく幼稚園(1年のみ)の話。母の姿を追いかけてついて戻るので、石を投げて追い払ったという鬼母でした? それで成人してから・・・

私は、そんな鬼母ではありませんから、翌年まで待ちました。(母はこのブログを読むことなし。)そうすると、すぐに馴染んで楽しく、保育園の人気者となりました。というか、先生達のお気に入りとなってました。娘同様、愛想のいい子でしたから。息子の事ばかりだと妬かれると困るので、一言。

 娘は競争心の全く無い幼稚園時代をすごしました。証拠は、運動会の徒競走。靴が脱げても悠々と取りに行ってニコニコと完走。良い子だけれど。いつも徒競争だけは1位だったマルガリータとは大違い。やはり、橋の下で拾った子か?息子は橋の上?という話を昔の親はよくしてました。大きな勘違いなのですが、私は大阪に本当の母がいると言われて育った。Bearx  

日曜日に義母の87歳の誕生会として、家族でホテルのバイキングへ。素敵な飾りつけでした。可愛いテディベアがセンターで。イタリアンフェアということでしたが、手こね寿司、シャブシャブ、ソバもあって和風兼用。ま、その方が義母には嬉しかったかな。チーズ好きの我々にはイタリア料理は良いのですけれどね。

Gotisoux これは英語の日記に載せたバイキング。ワシントンホテル。最初は、別の関空の景色を楽しみながら食べられるところに行ったのですが、何とか学会の貸切で入場拒否。む、無念。でも、こちらも豪華でしたから誕生会としては大丈夫。

 選択した料理は、センターにあるのが、鱧の照り焼き・シメジの天婦羅・豚シャブで、各自のお盆に乗っているので見えているのは、右下の自分のだけですが、コロッケ・魚・ライスサラダ・グリーンサラダ・スープ・手こね寿司・ミラネサ。娘とパパリンのは、よくわかりませんが、ソバはどこかにあるはず。自分で作るのです。デザート類は、まだ取ってませんが、オレンジ・メロン・プリン・ケーキ・ソフトクリーム(自分で盛り付ける)等々にコーヒー。これで体重が増えなかったのが不思議。とにかく、分量を少なく抑えることに集中。

いつもは一食分助かったとか、片付けもしなくていいのが良いという義母が喜んでいました。誕生会だということに気を使ったのかな?

 バイキングと言えば、娘が学生の頃、徳島駅の近くのホテルでケーキバイキングを二人で食べたことがありました。それが私にとっては初体験でしたが、何と13種類も食べちゃいました。もちろん、ホテルですからお上品に1個が超小さかったと記憶? 娘の方は?

子供達が小さい頃は、大阪市内のいくつかのホテルバイキングに連れて行きました。私は名前とか場所音痴で覚える気がないらしい。別に秘密にするわけではありません。興味のあるもの以外は無頓着なだけ。これからしっかり名前も場所も確認しましょう。無関心はボケの素。30年後に備えて興味の対象を増やす計画実行中。必要になったその時になってからでは間に合いません。

 最近、ベビーブーマーの退職時期が迫ってきているので、よく老後問題が取りざたされてますが、退職して急に何か趣味でも始めようかと思っても、多分面白いと思えるものを探し当てるには時間がかかるはず。それをやっていれば少々の頭痛や不快感は忘れられるくらいのものを持っていれば老後は退屈しないはず。お稽古に行っている時だけ、それをやっている程度では不十分。四六時中、そのことにかかり切りになれるものを、忙しい時期から探しています。

ご近所を散歩していると、老後を上手に暮らしておられるお家がちらほら。また、インターネットでも生き方上手な方のホームページをいくつも発見。年齢には関係なく、楽しく過ごされている人を想像できるのは嬉しい。若い方のHPは活力に溢れて、生活が前面に出てますが、先輩達のHPはゆとり生活が優しい雰囲気をかもし出してまた素敵。

 

|

« 猿捕り茨 | トップページ | 白妙菊(シロタエキク) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 今訂正の文を記入中だったのですが、バイキングはリンクウタウン駅のすぐ側にあるワシントンホテルの2階です。
 イタリアンフェアですが、ちゃんと万人向けに和風料理もありましたからぜひどうぞ。自分で湯がく蕎麦あり、マグロの手こね寿司あり、豚シャブはその場で作ってくれました。最後のデザートは、自分でソフトクリームをクルクル入れて好きなトッピングをどうぞ。私めは、ホットコーヒーに浮かせて、フロートとして頂ましたよ~。楽しかった。いえ、美味しかった。

投稿: margarita | 2006年10月24日 (火) 10時09分

JRくん
こんにちは!! 大きくなりましたね 可愛い瞳が大好きよ!
元気をもらえます

バイキングどこなんでしょうね
美味しそうですね
食欲の秋 いいなぁ~

花の文化園お勧めです
今度パンフレットお渡ししましょうね

投稿: コアラ | 2006年10月24日 (火) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猿捕り茨 | トップページ | 白妙菊(シロタエキク) »