« もこもこモンスター(セロシア・ベネズエラ) | トップページ | ニットソーイングの日 »

外国語の上達方法

Img_0027_1

後で、外国語の上達する方法をアドバイスしますね。実際に評価されている息子からの情報です。やれるものならやってごらん!ですが・・・

これは英語の日記にもアップしたハカラメです。先日来、水栽培していた葉です。Kalanchoe pinnataという学名ですが(カランコエ?)、和名は灯篭草。葉かから芽が出てくるから、ハカラメ。灯篭草というのは、花が祭りに使われる灯篭に似ているから。小さな白い細長い筒状の花が一杯咲きます。

水栽培からやっと土に植えてやりました。根付くかな? それが心配。冬になれば家の中に入れてあげますから、それまでしっかり育って!

 娘から70歳の女性の料理のHPを訪問するといいよというのでアドレスを送ってくれたのですが、残念ながら間違っていたらしく訪問できず。パパリンはテレビで知っているそうです。よく知ってますね。情報通。

テレビの「ちちんぷいぷい」で紹介していたそうです。でも、HPを訪問してもお目当ての件はどこに書いてあるのかわからず、イライラ。情報を探すのって慣れてないのです。やっと花の名前は調べるのに慣れたばかり。

正確ではないのですが、「ばあさんがじいさんのために作る食」らしい。まだ見てませんから。(アドレスからも名前からも訪問できず。)

Bag  これは、昨日送ってきてくれた写真の2枚目。ママのバッグを持ってお出かけ準備?すっかり手口足病は完治とのこと。よかった。

本日は、一家中で叔父さんのお見舞い。ペンちゃんのお父さんの長兄で、大学を出してくれた方なので、恩人。かなり重態なので最後のお別れになるかもしれないということで、早朝から急ぎ出発した様子。遠いので帰宅は夜の予定とか。

さきほど、帰ったとのメール。お父さんの兄弟が全員揃ったので、叔父さんは喜んでいたそうです。

持ち直してくれることを、遠い日本から祈っております。あちらは皆さんキリスト教徒ですが、私は仏教徒でもあり、神道でもありますから、神はすべて認めていますから。よろしくお願いいたします、神様。

 叔父さんちで、JR君が元気すぎて、息子の顔を殴ったらしく、まだそこが痛い!明日、あざになっていたら、夫婦喧嘩と間違われそう。大丈夫? 元気すぎるのも困るとか。

それから、最近知り合った日本人から、タガログ語の上達方法を尋ねられたらしく、困ってました。特別なことはしてないからって。ただ、妻の家族と毎日2時間くらいしゃべっていたら話せるようになるでしょうと、アドバイスしたら、そんな勇気はないと答えられたとか。

それって、どこのポイントが? 毎日2時間、タガログ語だけで話すところにポイント? それとも、妻の家族とにポイント? 日本語でだってそんなに長く話しませんから。

私なんか、4日間息子の家に滞在している間に、ペンちゃんの家族と合計でどのくらい話したでしょうか。息子ととにかくよく話しましたから。おしゃべりシャーベットの息子ですから。一緒に行った娘とよりよく話したもので。言語の問題もあるから、相手も遠慮したのでしょうし。英語でしか話さなかったからね。

タガログ語は、せっかく本と2冊も買ったけれど勉強する時間が無かったから。というか、英語とかスペイン語とかの、インドヨーロッパ語族とも日本語とも違う言語なので、文法を理解するのが難しい。中国語も違うとはいえ、漢字の言葉だからそう抵抗はないのですが、タガログ語はまた馴染みがないですものねえ。とっかかりが難しいです。これからペンちゃんとメール交換できるようになったので、少しづつ教えてもらうつもり。

私は息子と違って文法や書き言葉から外国語に入るので、難しいと思うと先に進めない。「楽しくなければ続かない」のが法則ですから。理解できて初めて面白いと感じますもの。

その点、よく似ている言語はやりやすいですが、逆に覚え難い。スペイン語とポルトガル語とかイタリア語は似ているけれど、いざ覚えようとすると混乱。そこを突き抜けると大丈夫なのでしょうねえ。私は挫折しましたが。

外国語は使う機会と意欲付けが一番の上達方法。ただ、それは基礎文法をちゃんと学習してからのこと。土台なしに一口英語とか一口スペイン語をいくら覚えても、覚え切れないでしょう。頭に残らないはず。頭が悪いわけではないのに覚えられないのは、文法欠乏症ですよ。(暴言をお許しあれ)

|

« もこもこモンスター(セロシア・ベネズエラ) | トップページ | ニットソーイングの日 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もこもこモンスター(セロシア・ベネズエラ) | トップページ | ニットソーイングの日 »