« ミントの香り | トップページ | 外国語が大好きな家族 »

鯛のあら炊き

Img_tai これが鯛の中にある鯛です。我が家では、鯛のアラ炊きが大好き。外で注文すると結構高額の料理ですが、自宅ですれば調味料代のほうが高いくらいかな? 

鯛のアラ炊きの作り方

  アラに沸騰したお湯をかけて、臭みを取ってから、酒・砂糖・醤油で味付けて煮ます。水はあまり入れませんが、好みで入れても大丈夫です。でも入れないほうが味が濃くて美味しい。時々汁をアラにかけながら火を通します。時間は10~15分程度。

 なんて、作り方を書くほどの料理ではありません。でも、アラ炊きをしたことがない人が結構いそう。娘が友人にこれをご馳走したら、驚かれたそうですから。鯛のアラ炊きは料理屋で食べるものと思い込んでいたらしいですよ、その方。

 で、写真の鯛の鯛はどこら辺にあるのでしょうか。食べている途上では、鯛の骨はもうバラバラですから、どの部分だという説明は私にはできません。それに、上手に写真のように取れることは珍しい。だから、幸運の印なのでしょう。

 以前、嵐山の美空ひばり館で3個ほど陳列してあったようですよ。もうすぐ閉館。寂しいなあ。大好きな歌手でしたから。演歌で聞くのはひばりさんだけ。それ以外は、興味なし。私はラテン音楽が好き。学生時代はパパリンはギターを片手にラテン音楽を歌ってた!

二人の結婚式でも元のメンバーと一緒に歌ってくれた。何ていう曲だっけ?「ベサメムーチョ」のような気が?

 息子からやっとメール到着。昨晩は、誰かの送別会で遅かったのでメールが出来なかったとか。車で戻るのに?飲酒運転?

ベネズエラで居た頃は、パパリンは毎晩のように接待で、飲んでご帰宅。高速道路を100キロ以上ですっ飛ばして戻るのですが、途中で意識がぶっ飛んでいたこともあったらしい。よくぞご無事で。日本でなら検問もありますが、あちらでは事故を起こさない限り、バレることはない。もう20数年も前のこと。

Img_fusafusa あーちゃん、ちょっと毛が伸びすぎて暑苦しいよ。早く散髪しなくちゃねえ。胸毛が立派過ぎ。お婆ちゃんに、「ちょっと肥えたんちゃう!」と言われたでしょ。「チャウ、チャウ」と言わなくちゃね。

今週は殆ど毎日で歩いていた忙しない週でした。落ち着いて本も読めなかったと思きや、反対に自動車文庫で借りた本7冊読んじゃった。それ以外の本にまで目を通したから、忙しい時ほど寸暇を惜しんで何かができることを再発見。

英字新聞の記事と産経新聞のスヌーピーのひと言英語もちゃんとスクラップできました。忙しいといっても、お勤めしているわけじゃないから、一日中出ている訳じゃないからできるのです。返って何も予定がないと、本も読めなかったりして。家事がはかどるかな?

さて、本日は娘も息子もお休みなのですが、よほど疲れているのかまだメール無し。ゆっくりし~や。私も少し腰を休めます。座っていると結構疲れるのです。立っている方が疲れにくいかも。

|

« ミントの香り | トップページ | 外国語が大好きな家族 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミントの香り | トップページ | 外国語が大好きな家族 »