« バイリンガルの上を行く? | トップページ | 通訳ボランティア終了 »

俳句集1冊転載が完成しましたよ

Sbara_thumb 豪華な満開のバラ。藤原さん、ありがとう。

同じマンションの庭にもきれいなバラが咲いていますが、まだ撮ったことがないですね。散歩コースではないので。いつか・・・

近所の花アルバムを見ていると、撮った日付順なので、季節の移り変わりも分かるけれど、家に居ながらにして散歩ができるのが嬉しい。多分、毎日見てくれている友人もそう思っているんじゃないかなあ。

英語の日記だけは毎日見てくれることをお勧めしますが、このブログは長いから写真だけ見てくれたら十分嬉しいですからね。そして、たまに母の俳句もね、どうぞ見てやって。また、今晩も昨夜に引き続き少しだけだけど入れておきましょう。結構時間かかるんですよ。

今日は昼から関空へ行きます。サービスカウンターでアメリカからの到着時間の確認をしてからゆっくり行くつもり。何も用意してないので、また恥をかくことになるのかな? 

説明会に出られなかったので、ボランティア内容が全く分からない。到着口で出迎えて、バスに乗る案内をするだけなのか、それともバスに一緒に乗り込んで、和泉市まで行って、市役所かホテルまで行くのか?わからない。

もしも、バスに乗って移動中に何か訳してと言われたら、多分酔うね。乗り物に弱いから。若干恐怖。和泉市まで結構ありそうだもの。

 そろそろサッカーが始まったかな。日本対クロアチア戦。もとサッカー部のパパリンは多分日本は勝てないのではないかなあ?と悲観的。勝てるくらいなら、前の試合に負けるはずはなかった。とか、私にはわけの分からない話をしています。勝負なんて時の運だから、強いからといって勝てるもんではないでしょに。

 英語の日記を見ていない人のために、息子の息子、JR君の笑顔をお見せしましょう。途中から読み始めた人のために説明すると、息子と孫と飼い犬が同じ名前。それで孫にはジェイアールあるいはジェイジェイ、犬にはジュニアと呼び分けているのです。ややこしくならないように配慮してのこと。なら、別の名前にすれば良かったのに。

Egao 満面の笑顔のことを、英語では簡単に BIG SMILE(ビッグ スマイル)と表現しますね。まさにそれ。どういうわけか、孫からパパリンへの父の日プレゼントです。

息子から、質問がありました。実は、私はお婆ちゃんと呼ばれたくない派なのです。で、グランマと呼ぶようにお願いしてます。だから、パパリンはどうなの?ということです。 「何と呼ばれても良いから、次に会ったときに泣かれないようにしておいて欲しい。」とか。よほどこたえたらしい。

私と娘は2月にフィリピンへ会いに行ったので、まだ忘れられてはいない筈。でもパパリンは、去年の9月に分かれたきり。アーちゃんをペットホテルに預けるのがしのびないのと、仕事に追われていたせいで行けなかったのです。どちらが主たる理由かな?

以前に飼っていた紀州犬のラウラを、1週間預けたら神経症になってしまったので・・・心やさしいパパリンには耐えられないのです。そう言えば、亡くなったお婆ちゃんが何度も言ってました。「あの子は顔に似合わず優しい子です。」 顔に似合わずだけ余分ですが、その通り家族には優しい。

 やっと母の俳句集の1冊をほぼ載せました。俳画のないものは省略。最期のページを見ると驚いたことに、今の私の年齢と同じ時に、この俳句集を手作りで描いてます。よく失敗もせずにまるまる1冊を描ききったことと感心。私など手紙1通でも書き損じばかりで、ついパソコンで打ってしまいますのに。

 さて、これからの母の俳句は俳画無しの句だけ。どうしましょ。ずらっと並べますか?読んでもらえるかなあ? ずっとそれを心配してます。HPと違ってブログでは、配置を換えたりとか編集機能を使えないので、俳句の雰囲気を損ねます。ごめんね。

 もう時間切れなので、PC作業を一つづつ確認できなかったから、とんでもない出来上がりに・・・色と大きさがまちまちです。ああ、もうアカン。PCめ!

 サッカーは後3分。0対0だそうです。

 今、終了。同点。これでは決勝進出は? ダメ?

朝8時半: 母の俳句集1冊掲載終了と思っていたら、なんと本棚にはまだまだありました。中には同じ俳句をいれているのもあるのですが、約10年後に手作り和紙の本にかいたのを見ると、すごく俳画が変化しているのに気づきました。我が母を褒めるのは恐縮ですが、確かに進歩。比べて見た事がなかったし、上手へたの対象外としてみているので・・・俳句が分からない人だから、絵がないと見られないだけで、何でもあれば良い・・・なんてひどい娘で。

 俳画も書道も自己流の母ですが、作り続けている俳句を読みやすいように、また自分の楽しみで描いているのでしょうが、10年継続の差は歴然。多分、俳画も長く描いてきたのでしょう・・・ 継続は、そして好きということは素晴らしいことですね。

 じゃ、また時間を見ながら2冊目の俳句集の転載に挑戦しましょうか。題名は「うすくれないに」となってます。ありゃ~、見開き2ページで1句。スキャンできるのかな? 作業人としては不安。何かするたびにPC作業を開拓していくという、泥縄式のブログです。その前に、家事を少し・・・

 やっと冬服の9割を収納。台所の片付けを終了させたら、今度は昼食の準備。ご飯だけ仕掛けて、本日は久しぶりに牛丼。ああ、吉野家の牛丼が懐かしいですね。大阪人なので、豚丼とかカレーや肉じゃがに豚が入っているとどうも・・・とパパリンが。私はどちらでも別物として食べるから平気なのですけどね。男性は食物には保守的。(皆じゃないですね)

 三食、パパリンと一緒。今日のボランティアはどうも和泉市まで行くらしい。夕食までには帰れるかな? スケジュール表には、14時半から18時となってます。さて、どんな高校生と先生かな?楽しみ。お行儀のよさはイギリス人とは比較にならないと思うので、期待してません。

 子供のホームステイ経験は、インドネシア(8歳と10歳)とイギリス(中学生)、それにアメリカ(高校生)から。それぞれお国柄が異なって面白かった。笑い話が一杯。仕事の同僚にも、ホームステイにもオーストラリア人の経験があまりないのですが、一度経験してみたい。テレビでしか見てないけれど、アイとエイが逆さまとか。

 湖=レイクをライク ・ 好き=ライクをレイク ・ こんにちは=グッドデイをグッドダイ

と発音するのでしたっけ。頭が混乱してきそう。映画「クロコダンティ」で有名になりましたから知っている人も多いでしょ。

 

|

« バイリンガルの上を行く? | トップページ | 通訳ボランティア終了 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

そうでしたね。もともと息子の名前は、当時テレビで流行していたヒーローの名前ですから。強くて格好良くての代表なのですよ。画数からいっても、苗字のと関係からも理想的と判断してつけた良い名前。
 娘のは、南米でつけたので字画とかは確認する本を持って行ってなかったので、土地柄を表す名前をと苦労してつけました。ところが、当時NHKの連ドラで超有名になったのと同じ読み。書き方は違うのですがね。これは偶然の一致。徳島の写真館が題材のドラマでした。見られませんでしたけどね。

投稿: margarita | 2006年6月20日 (火) 09時38分

 magandang gabi. JR君の名前と犬のJr. が僕と同じ名前なのは僕のように体が大きく丈夫になって欲しいとのみんなの願いからです。僕は近所で「体が大きくてマッチョ」少し有名。要らないちょっかいを出す人は居ません!そのようになって欲しいとの願いから名前が付いているのです。その代り笑っていないと「怖い・・・」と言って大人は離れて行きます・・・ 反対に子供は皆僕のファン(大袈裟?)子供にはもてる僕でした。ちゃんちゃん。

投稿: ドラ息子 | 2006年6月19日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイリンガルの上を行く? | トップページ | 通訳ボランティア終了 »