« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

スープカレーにヨーグルト

Img_tokeisou 時計草です。家の人はもうずいぶん前に引越しされて、庭にはボタンもアイリスもそのまま残され、律儀に季節を飾りましたし、キーウィの棚が今満開。この時計草はもう咲かないだろうと諦めていたのですが、たった3輪だけ。

別名、パッション・フラワー。十字架にはりつけになっているキリストを連想させるそうです。仏教徒には連想できないから、私には時計草。夏の花で8月頃開花の予定なのですよ。

天気が上々だったので、長めの散歩にして一杯撮ってマイフォトに載せておきました。コメントを書くのが追いつかないくらい沢山でした。ご覧ください。その分、母の俳句が掲載準備が出来てませんね。速達で掲載許可を申請したら、新たな俳句を30句も送ってくれました。俳画がないのでどうしたら見てもらいやすいか思案中。

時間があれば、近所の花の写真に1句づつ書き込めば良いのでしょうね。でもそんなことをしようとすれば、季語との関連まで考慮に入れないと変ですね。冬に浴衣を着てるような頓珍漢なことになるでしょうからね。こりゃ、難しい。何か良い案はないかなあ。

昨日送ってくれたフィリピンのすき焼き風煮物のレシピはまだ到着していません。

カレースープを作ったと書きましたが、その続編。インドではカレーによくヨーグルトを入れるというではありませんか。冷蔵庫で賞味期限切れのが1パック丸のまま。買ったのを忘れて次ぎのを買ったのです。アラララ。若ボケですか。

で、豪快にカレースープにたっぷりかけて食べてました。おいしい。これがまた今までヨーグルトを入れて食べたことが無かったので、凄く美味しく感じました。味付けにトマト缶を入れていたので、結構酸味同士で仲良く美味しくしてくれたのかな。もうパパリンはついてきてはくれませんでした。僕は結構と。味見した時はうん、美味しいよと言っていたのに。残念。今度はサワークリームを入れてみようかな。

今、冷蔵庫にはアボカドディップ用に買ってあります。明日の朝食に残りのカレースープを食べる時に挑戦。そうそう、バナナをフライパンで焼いて食べなくちゃ。学生時代に、バナナの天ぷらを学祭で食べたのが美味しかった。インドネシア学科があったからね。

結構食文化にはおおらかに適応できるのです。ブラジル料理の豚の耳とか血入りのスープとかソーセージなんかも美味しいですから。ただ、分量的についていけないのです。アルゼンチン風焼き肉なんて1人前が1キロ以上ありますから。

この大忙しの中、またひとつアルバムを作成中。高校の同級生の水彩画が素敵なので是非見てもらいたくて。嫁のペニャフランシアに見せたい。日本の絵って素敵でしょって。明日には準備ができるはず。ちょっと疲れました。一枚だけお見せしましょう。

元某テレビ局のアナウンサーで、現在は公民館で話し方の講師をされている、藤原満代さんの作品です。ホームページ「花のえがお」から。

Hyousei タイトルは「妖精」。夢の世界ですね。水彩画の特徴の、私の好きな淡い色使い。見ているとホワ~と想像の世界に吸い込まれそう。PC作業の練習に写真を取り込んでいたときに、世界の童話を集めた本を見つけました。その中にもう一度迷い込んだみたい。

毎日、1枚づつ紹介しますね。

| | コメント (1)

ハロハロ食べたいな

Img_dourowakiajisaiblue 紫陽花の季節到来。昨日から天気が良くなって梅雨みたいな天気ではなくなりましたが、早いところでは紫陽花がこれこのとおり。

久しぶりに長めの散歩コースに出かけました。お婆ちゃんの定期検査に付き添った時に発見し、長めの方へ。すると花街道はずいぶん伸びていてビックリ。花の種類もいろいろになってます。チューリップと一初(いちはつ)くらいしかなかったはずなのに。「ご近所の花」に写真を10枚入れておきました。

紫陽花の季節になると、紫陽花バスに乗って、奈良と京都の紫陽花寺巡りをしたことを思い出します。お弁当が美味しかったなあ。10年以上前。

ものすごいピンボケになっているのは、よくよく考えてみればカットアウトした写真です。小さく切り取った分、同じ大きさに揃えるためにPCが勝手に引き伸ばしているからピンボケになるのです。時間があれば、もう一度作業をやり直してみようかな。

さきほど、息子からフィリピン料理の第1号写真が到着。

Nilaganbaka 材料と作り方は後日連絡してくれるそうです。フィリピン風のすき焼です。名前は・・・後でマイフォトに入れておきます。ファイル名を見ないと覚えられないので。バカの料理だということだけしか。バカとは牛肉のこと。スペイン語と同じだから覚えています。

娘から今日の晩御飯には豚入りサラダを作ったよとメールが今到着。11時ですよ。お仕事が終わるのが遅いからねえ。お疲れ様。ゆっくりお食べ。

フィリピン料理に戻りますが、ハロハロはごちゃ混ぜということですが、デザートなんかに使われる言葉らしいです。もとは日本の氷アズキであるという説が。モンゴ・コン・ヒエロというスペイン風の名前だったとか。スペイン語ならヒエロ(冷えろ)じゃなくて、イエロです。Hは読まないから。イヒヒヒヒ

昨日書いたけれど、ハロハロ本当に娘ともども食べたかったなあと話してます。こちらに来たらぜひ作ってね。でもあまり甘いとねえ。去年、お米のデザートを作ってくれた時、すごく甘くて美味しかったけれど、丼に1杯もは食べられなかった。お椀でよかったね。お善哉なら丼でもいけたかも。

フィリピンでは分量は頭の中にないらしい。皆が適当に寄って食べるから。そのつもりでペンちゃんたら、鍋一杯にお米のデザートを炊いてくれたからそりゃ大変でした。残してごめんね。

南米にもよく似た料理があるらしく歌にもなってます。今すぐにテープと本が出てきませんが、授業で紹介したことがあります。Arroz con leche.アロス コン レチェ だったと思います。牛乳入りの甘いお米のデザート。聞いただけでなんか甘~! ちょっと日本人には甘いご飯はオハギ感覚とはまたちがって・・・・ううううう 

またまた食文化の異文化交流。雑炊かお粥に砂糖がたっぷり入っていそうな感じは、頭の切り替えがちょっと必要。

これとは逆に、数年前にコロンビアの友人が国際交流クッキングで紹介してくれたアズキ入りスープ。甘くない。豚肉・グリンピース・カボチャ・玉ねぎ・人参・アズキ入り、具たっぷりのスープ。

同居しているご主人のご両親は食べてくれないって嘆いてました。私は大好きよ。甘いと思って食べるとショックかも。だって、それはプリンだと思って食べたら、茶碗蒸しだったときのことを想像してください。

頭に、舌に、これはおかずだよって、ヨイショって号令かけて最初だけ食べてみると、後は大丈夫。ちゃんと美味しく感じるようになります。未知との遭遇。楽しいですよ。味覚の新発見やあ!

書いている途中の朝11時過ぎに、すぐそばで交通事故発生。

パパリンが仕事中に異常な音に窓から外を。私も呼ばれてベランダへ。すると乗用車がバックしかかっているのですが、うまく動けません。後ろのタイヤが違う方向へ向いていますからもう駄目。どうやら、走行中に何かがあって驚いたのか電柱に激突。運転手は車から自力では出られない状態。ずいぶんたってから通り合わせたドライバーの一人が携帯で救急車の要請。こちらかは姿は見えども声は聞こえずです。勝手に電話もできず見てるだけ。

やっと救急車が来て運転者が担架に。女性らしい。誰かそばにいる人が、車の中から小型犬(ヨーキー?)を出して自分の車に乗せました。この犬が原因か。他には関係した車は見当たらなかったので。絶対に子供も犬も専用の椅子が必要。

Img_accident

危ないですねえ。アーちゃんが車に同乗する時は、いつも私が身柄を確保してます。子供たちにはこの写真がどこなのかは分かると思います。

今日の我が家の晩御飯は、カレースープ。ペンちゃんのフィリピン風すき焼を見たら、お肉が食べたくなって、冷凍庫のかたまり肉を調理。

お婆ちゃんがナスが好きじゃないといっていたのを思い出し、ナスとキャベツを入れてカレーライスよりは薄味でとろみの無いスープにしてみました。お味はどうかな。「cooking」に入れておきますが、スープのことですからあまりよくわからないでしょうね。カメラマンがカメラマンだしね。

今、夕飯に間に合うようにとアーちゃんの散歩がてら行ってきました。セーフ。お汁を作ってないからインスタントのポタージュをしようと思っていたんですって。メーンは牛肉を焼くとか。若いねえ。娘よ、読んでますか? 

| | コメント (4)

ミネストローネ

ダイエットに良いというミネストローネ。今朝はKAGOMEのカップスープのを食べました。電子レンジで1分間チンするだけ。結構美味しかったですよ。パパリンは3種の豆のポタージュ。

原材料は野菜(トマト、ズッキーニ、ニンジン、じゃが芋、セロリ、キャベツ、玉ねぎ、赤ピーマン、にんにく)、レンズ豆、スペルト小麦、チキンブイヨン、ポークエキス、砂糖、ナチュラルチーズ、コーンスターチ、食塩、香辛料、オリーブオイル、(原材料の一部に大豆を含む)

うたい文句は11種の野菜・豆・小麦のミネストローネ。

私が南米で食べたのは、こんなにいろいろは入ってなかったよ。家庭料理だからね。野菜数種と豆(これをレシピに記入し忘れてました)に小さなパスタ(名前があるんだけどねえ)。味付けはトマトとブイヨン(チキンスープのもとでも可)に塩・胡椒少々。

さて、これからお婆ちゃんの定期検査に付き添ってきます。(朝9時前)

フィリピンよりたくさん写真が届いています。一枚づつですが、どんどんメールに乗って到着。その度に警告が出ます。「怪しいですけど開きますか?」

まだJR君の写真だけですが、そのうちに息子の家の晩御飯の写真も送ってくれることになっています。「クッキング」のアルバムに入れようと手ぐすね引いて待ってます。早く来い、は~るよこい。じゃなく、フィリピン料理よ来い。

Arajin あの、これはアラジンになったつもりですか?

外遊びができない土地柄なので、よく家の中で遊ぶこと。大家族なので出来ることかも。三階建ての家に、息子家族と両親・義兄の家族・義姉の家族にメイドの親子が住んでいるのかな? よく分からないけど。義妹も別に家を持っているけれどよく泊まりに来るという関係。ペンちゃん(嫁)は7人兄弟だからねえ。

フィリピンでは家族をとても大切にして仲良く助け合いながら生活してます。誰かが貧しければ、余裕のある人が兄弟の子供の学資を出してやるとかね。日本じゃ、そんなことはしないでしょ。金持ちほどケチかも?

娘が先日、『フィリピン家庭料理入門』という本を見つけてくれました。おいしくさわやかハロハロクッキングという副題がついてます。料理だけでなくフィリピン文化を知ることができそう。基本的にあちらの料理の味は、日本人向き。東南アジアは一般に暑いくにだから食欲を刺激するために辛い料理が多いけれど、フィリピンは酸味と甘みのある穏やかな味。中国風のものも多いしね。特別な香辛料を使わなくても、日本でフィリピン料理ができるということです。

ところで、ペンちゃんいわく、フィリピン人は野菜が嫌いであまり食べないよ。とんでもない。料理の本には一杯野菜料理が載ってますよ。嫌いなのは貴方だけじゃないの?これ!好き嫌いはだめよ。って、私は生野菜が苦手ですが。

この本の中にはあちらのジープニーという乗り合いタクシーなのかバスなのかよくわからにけれど、私のお気に入りの写真が載っています。旅行中にどうしても写真が欲しくて、息子と娘に走っている車の中から、無理やり撮ってもらったのですが、失敗。駐車場に停まっているのを撮ってもらいましたっけ。ごめんなさいね。わがままな母で。

旅行中に食べたかったものに、アイスクリームのハロハロがあります。でも日程の都合でとうとう食べられず、残念な思いが残ってます。ペンちゃん手製のを息子の店で売っていたのですが、ちょうど売り切れたところへ行ったもので。次の日は別のところへ・・・

たったの3泊4日でしたから。金曜日出発で月曜日帰国。もう、はるか彼方の話のようですが、2月でしたね。この9月にはビザの関係で息子は一時帰国するはずですが、ペンちゃんとJR君も一緒かなあ?

何枚かJR君の写真をマイフォトに入れます。

Img_0009sofade 久しぶりに寝ているアーちゃん。くつろいでいるだけで寝ていないかも。他のキャバリアの写真を見ると、耳毛が凄く長い子がいます。でもアーちゃんは伸びない。JR君に伸びかかった時に芽をつまれて以来、伸びそこなったらしい。

でも耳自体は長くて大きいから耳の穴はしっかり塞がれて蒸れる。遊びながら空気を入れ替えてやらねば。手のかかる度合いは、マルチーズのマリちゃんとは比べ物にはなりませんがね。マリちゃんの毎日のブラッシングで見事に腱鞘炎。今だに無理をするとでます。

| | コメント (3)

ダイエット?

娘から晩御飯メールが届きました。何と我が家と同じメニューがまた。胡瓜の酢の物。同じ日に同じ物を食べるということは、ひょっとして私達のレパートリーが超少ないということかな? 晩御飯情報を交換するようになってそんなになってないのに、すでに2回も偶然の一致とは?

それに味噌汁とジャガイモの中華煮とヒジキ。え、メーンは何?もう一度写真を確認してみましょう。マイフォトに入れておきます。「娘のご飯」

夜の間に娘と息子からメール。息子のところでは雷が凄くてPCに触れなくて遅くなったとの連絡。時差が1時間。私は早めにPCを切りましたから今見ました。(朝9時半)

アーちゃんの外耳炎は少し治まったようなので、様子を見ることに。先日犬の病院で、耳をふさいでいるから、遊ぶ時に気をつけて開けてやってくださいって。紀州犬のラウラは耳が立っていたから外耳炎にはなったことがなかった。逆に虫が・・・

Satikosenseinofuku このステンシル染めは、先日の文化フェスティバルにさちこ先生が着て参加されてたそうです。私は、会場での写真の中の着物で映っている方が、さちこさんだとばかり。あらら。でも、自分で自分は撮れませぬものね。

素敵な組み合わせですね。自分で縫ったニット地に染める人を育てるのが夢だとか。良いですねえ。近い将来きっと叶いますよ。

本日で、展示されたさちこ先生のHPの写真の殆ど全部を転載させていただきましたが、うまく作業ができてないので、元のHPをご覧ください。素敵ですよ。マイリストからどうぞ。

母の俳句も4枚なんとか大急ぎでスキャンして掲載できました。興味のある方はどうぞご覧ください。広報担当としてはもっと丁寧に切り取ってまっすぐ、美しくしてアップしたいのですが、どうしても時間が取れません。それならしない方がいいかもって。そりゃ、しないよりはした方がいいと思います。できる時にしておかないと大忙しの日々が目前に迫ってきてます。

今日も姑のところへ、夕食の1品を届けてきました。彼女、急に「もう90やしなあ。」いつの間に4つも年とったのかしら。勝手に四捨五入したらあかんよねえ。切捨てにすれば、まだ80歳。彼女の外出予定日以外の日には、毎日一回は顔を出す予定。電話は何度もかかってくるけれど、顔を見て話すほうが安心。母の日にプレゼントしたミニバラはもうすでにドライフラワーに。夜露にあててんのになあ。と言ってます。いつからバラが太陽より夜露が好きになったのかしら。

テレビのご長寿クイズに出ている人たちよりはずっとしっかりしてますけど、興味のないことにはまったく知識無し。これは私も同じ。でも違うことのほうが多い。

いつも息子や娘のことをいろいろ書いているのですが、毎日見ていてくれるパパリンのことをあまり書いてませんね。ま、彼とは毎日話せるから良いです。一日中、PCに向かって翻訳をしているソーホーなので、必ず散歩とコーヒーブレイクは心がけてます。肩こりが職業病です。そのせいで脳腫瘍の手術を数年前の七夕さんの時にしましたから、ご注意。

12年一緒に暮らした紀州犬のラウラがいなくなってから、散歩の回数も時間も少なくなり、あっと言う間に二人とも体重が増加。毎日の積み重ねって大事なんですね。以前は朝・夕方・夜寝る前の最低3回以上は行って、長いコースは40分。今じゃ、1日1回だけ。それも20分以内。

夏が近づくとテレビCMでダイエット、ダイエットの大合唱。いろいろな番組で減量企画が見られます。さて、どれにしようかなあ。先週はテレビチャンピオンの痩せさせ王を見ていて、つらされてつい体をひねったらしく、翌日筋肉痛。

あるテレビ番組では別々のダイエット方法を何人かに挑戦させて競ってました。その1つの方法が、食事療法。あるメニューをずっと食べる。いくら食べてもいいけれど、それだけ。そのうえ、食べれば食べるほど痩せる。

それが、ミネストローネ。だから、今週は作ってみました。野菜たっぷりですからねえ。でも毎日1週間でしたっけ。続かないでしょ、普通は。3日坊主は自己保存の自然現象ですから。でも、美味しかった。また作りましょ。三日に1回、冷蔵庫の野菜を整理するつもりで・・あ、やば、パパリンもこの独り言を読んでいるんだった。ウワ~。

ミネストローネとフルーツダイエット。バナナ以外のフルーツはOK. 結果は他の方法に挑戦したタレントより効果的でしたが、挑戦したタレントは、同じものしか食べられないというのは辛いと報告。期間が1週間だったのか、2週間だったのかよく覚えてません。5キロ近く減少したような。

ミネストローネとフルーツでダイエットするなら、本当に栄養的には優れていると思います。作り方はマイフォトに入れたと思いますから、息子よ、お試しあれ。でも同じ食品ばかりだと栄養はやはり偏るでしょうね。まねしない方が良いかもね。食べる食品は多いほど良いと言いますからね。野菜の種類に変化をつければ・・・まだこだわってる。

今週のテレビチャンピオンは、生後3ヶ月の子犬を躾けるトレーナーの挑戦でした。アーちゃんにもなんらかの訓練は必要。今できるのは、お座りとホーム(サークルに戻る)だけ。お手も出来ません。そんな必要性はありませんがね。新聞を取ってきてくれるとか、肩懲りの時に背中に乗ってくれるとか。番犬として吠えることが出来ない代わりにお手伝い犬に・・・      癒し犬で我慢しましょう。

Img_0040papato この写真を撮る時に叱られた。撮る時には、合図してくれなかったらお腹を引っ込められないやないかって。す、すみません。ずっと合図しておきます。

| | コメント (2)

娘のお弁当

Obento

さちこ先生の文化フェスティバル展示作品の個別写真を転載させてもらいます。(コアラあらためさちこ先生です)6作品。

ついでにさきほどフィリピンから届いたばかりの孫のJR君の写真もマイフォトにいてておきます。3枚。可愛いですよ。どうやら息子は自宅内にブランコを取り付けたようです。すごい大邸宅の話みたい。ホホホホホ。

美味しそうなお弁当。でもこんなに小さくてお腹一杯になるのかな? ま、私も学校講師の時のお弁当は、おにぎり2個だけのことが多かったけれど。そのかわり、飲み物は授業のあいまに飲んでましたが、娘はそうはいかないでしょうしねえ。しっかりお食べ。

昨晩の海老を炒めなおして、モヤシのサラダと。偶然ですが、我が家の昼食もモヤシでした。カレー味の野菜とスペアリブの炒め物に入れました。1袋18円なので、奮発して全部いれたら、パパリンから「えらいモヤシが多いなあ」とひと言。スミマセヌ。冷蔵庫で腐らせたくなかったから・・・

アーちゃんには、朝にスペヤリブ(骨付き豚肉)の残りを少々食べさせたので、昼はさつま芋煮だけ。最初は嫌がってましたが、仕方なく食べてました。贅沢モンが。私の好物を分けてあげているんだから感謝しなさいよ。

ところで、インターネットを使って、先ごろから疑問に感じていた花の種類を調べてみたら、面白くてつい時間を忘れてしまいました。でも記憶には残りません。ボケは始まってますから。しっかりメモ, メモ、メモ。

花の名前を確認しているうちに、学名はギリシャ語なので、スペイン語にも受け継がれているので、意味が分かる部分があって楽しい。例えば、アイリスという花の名前は、虹という意味ですが、スペイン語で 虹は ’アルコ イリス’ と言います。イリスを英語読みすればアイリスとなります。

1つだけ記憶に残っていることがあります。菖蒲と花ショウブは別もの。菖蒲の花は全く美しくなくて面白い筒状。里芋科だって。葉が似ていると言うだけのことで、紛らわしい名前。

そして、花ショウブに似たものが一杯あって、先日さちこさんに教わった一初(いちはつ)やらアイリスの他にも、文目に杜若に黄菖蒲。殆ど見分けがつかないので、こんな言葉ができました。「いずれ文目か杜若」  これは皆アヤメ科です。もう私にはすべてアヤメで結構。でもねえ、咲く時期と咲く場所が違うそうです。で、花の真ん中の黄色い部分も違うとか。ネットの写真で比較するとよく分かるのですが・・・

Img_0034matubabotan この写真は松葉ボタン。お婆ちゃんの家に行く途中。毎年圧巻です。この近くにはツツジの見事な家もあるのですが、時期を失してしましました。残念。そりゃもうツツジが花の壁のように感じるくらい。

最近まで全く気にも留めてなかったのに、アルバムを作り始めたとたんに今まで何を見ていたんだろうと不思議。新しいことを発見する毎日です。

また、「近所の花」に5枚だけ増やしておきました。まだまだ花盛りですねえ。

| | コメント (2)

アジ茶漬けはいかが

気がつけば来週で月が変わるのですね。6月~8月は忙しくなりそう。このブログも毎日は書けないかも。それまで頑張って書きますね。

さっき徳島からメールがあって、このブログのことを知らせました。母が自分の俳句が載っているのを見られるようになるといいのですが。でもちょっと恐怖。変な写真になっていてごめんね。これ以上のテクニックがないもので。

Aji 娘から昼ご飯の写真到着。アジを安く買ったから、お茶漬けにして2食に食べたとのメール。

安いと言うことは旬のもので、新鮮で美味しいのだから、いつも安いものを買うように心がけているのですが、その心が伝わったかな。

でも元々魚料理ができるのは、小さなものだけだから、イワシにアジくらいかな買って自分でさばくのは。南米に居たときは、日本の魚屋さんみたいに刺身もなければ、三枚おろしになんかしてくれず、包丁ではなく、ハサミか鋸切りでぶつ切りだったので、自分で大きな鮭とか鯛とかもさばいてましたよ。やれば出来るんですよ。

タコなんて、ものすごく大きな何キロもあるのを丸のまま買って、塩でぬめりをとってから大なべでタコゆでの刑に処す。そうそう、それで思い出しましたが、一度ほめられたことがありました。それは魚ではなく、鳥の足。

大阪ではチューリップと言って、鳥の手羽の骨を残したまま切れ目を入れて、皮をひっくり返して、食べやすくするのです。唐揚げにするのですが、東京から来ていた人に「大阪の人は器用ですね」。私は徳島ですけど、こてこての大阪人の姑に教わりました。誰でも出来るもんだと思ってましたが、そうじゃないんですね。

当時、南米では日本より物価が安かったので(今は20年前よりさらに安い)、たまには豪華に海老の大きなのを買いました。ロブスターほどではないけれど。すると、その頃は幼児だった息子が、オモチャ代わりに調理台の端っこにズラーっと大きな海老の頭を並べて遊んでくれました。ものすごく几帳面にキッチリ同じ方向にし、線だしをしたようにまっすぐ。

ベネズエラの物価は多分、今は十分の一以下のはず。フィリピンより安い? 日本で半年働いて、その収入であちらで暮らせば、大名生活が可能。でも治安は不安。政情は正常とは言いがたい。あの、まじめに書いてますよ。

話は変わりますが、サークルのメンバーが外国へ行くのが増えてます。現在は、イギリスとオーストラリア。来月からハワイ。それぞれ1名づつですけれど。現地で、会話学校へ行く方もあります。進歩が楽しみです。これは1ヶ月以上の長期。短期なら中国とか韓国とかいろいろ聞きます。フィリピンに行くという人はまだ・・・

ところで、俳句のコメントは当人がない方が好きに解釈できていいのではないかしら、と言ってます。もともと詩や小説はそうですからね。俳句の場合は、俳句の心得がない人には馴染みのない漢字や言葉を使った表現が多いです。それに、読めない句は当然意味も分かりません。それで、振り仮名だけはタイトルとしてつけておきました。後はお好きにどうぞ。

Cutout_1cowaime これは殆ど寝てます。でも起きてなくちゃ悪いかなあって頑張ってます。

そうそう、娘のアジ茶漬けは「娘のご飯」に、人形用の着物を「手芸・ステンシル・ニットソーイング」に入れておきました。着物は丈が15センチくらいです。私の着物の残り切れがあったので作りました。ずいぶん前ですけど。公民館で日本語教室を始めた頃ですから、7~8年前?

着物を作るとついたくさん余ってもったいないので、和装ハンドバッグと草履を誂えて、まだ端切れが残るのです。背が低いから。娘は余らない? 私との差が22センチもありますから。

娘から晩御飯のメールも届きました。豪華。海老やらマーボ豆腐やらまあいつの間に料理上手の所帯上手に・・・と感心するやら驚くやら。親が頼りないと子はしっかり者に育つのですね。良かった。ついでだから、マイフォトに「娘のご飯」のアルバム新設。

 娘の手料理に負けてられないので、晩御飯にミネストローネを作りました。姑様にも配達。洋風料理なので気に入るはずはないけれど、野菜が一杯で栄養的には豊かなので食べてくれるといいのですが。個食だとどうしてもいろいろな食品は食べられませんから。

| | コメント (0)

ドクダミ

やっと「母の俳句紹介」に3句載せておきました。本からスキャンしているので、合わせ目が黒く写って変ですがお許しを。私にはこれ以上の編集は不可能。当人はPCはあるもののの自分ではこのブログを見られないと思うので許してもらいましょう。

今日はいい天気だったので、ご近所の花を撮ってきました。特に山野草を綺麗に展示されているお家の写真を中心に入れておきました。花の名前を明示するだけでなく、竹細工で装飾されて本当に山野草の展示を楽しんでおられます。一見の価値あり。

ついでに先週のニットソーイングで出来た残り布でブローチを作り、手芸に載せておきました。けっこうレース地で作ったみたいで可愛くできたと自画自賛。

Img_0010dokuzami 私の住んでいるところは田舎なので、未だに空き地が少し。そこには雑草と一緒にドクダミが生えているところもあります。少し前はJRの駅周辺にも生えていたのですがねえ。

ドクダミは子供の頃、母が薬草だと教えてくれました。77歳の母の話を思い出す時、日本は短期間の間に激変したことを実感。

母が中年の頃、今の私よりずっと若い頃ですが、臭いお茶を飲んでいたのが薬草。ドクダミかどうかは? 母の子供の頃というと、今から70年位前になりますが、おやつは梅干しを、三角錐のように巻いた筍の皮に包んで、下からちゅうちゅうと吸っていたとか。一度やってみたいような気がします。

激変と言えば、高校時代のこと、学校帰りにお茶の稽古に通っていたことを思い出しました。お茶の先生のお家は、通っていた高校のすぐ近く。で、そのまた近くにマイリストの「日本画」の作者が住んでいました。高校の同級生。

裏千家の先生なのですが、とても小柄で上品なお婆ちゃま。痩せていて背が低いと存在感がなくて損ばかりしていると嘆いていましたよ。私も小柄。で、先生は背が低い人は太っている方が存在感があって良いですよとアドバイスをしてくれました。素直な私は忠実に守ってます。ハイ。

あ、何が激変連想かというのを説明してませんでした。その先生が古いふるい扇風機を置いていて、「こんな鉄製の古い扇風機は見たことがないでしょ。だから大事に使っているのよ。若い時にはこれでも最新式でした。時代はどんどん進歩していくので、それを見られるのが嬉しい。」って。

今思えば、先生のような年で時代の進歩を楽しんで眺められる人は少ないのではないでしょうか。時代遅れを嘆く人は多いけれど。お年はいくつだったのでしょうねえ。高校生から見た年配女性って、案外・・・

Img_0022achanup 久しぶりにアーちゃんのアップ。私が自分で作った指輪入れを写していると、ぼくも写してと。その写真はニットソーイングのところに入れておきます。

他にも手芸作品は残っていることを思い出しました。テディベア。不細工だけれどすごく愛着があってひとつだけは残してある。作る時は、たくさん作っていつも人にあげてしまうのですが、でも考えてみれば、手つくりの品って作った当人にだけしか本当の価値はないのかも。だって、買ったほうが出来が良いのに決まってるでしょ。

手つくりの作品には愛が一杯詰まってるんだから・・・作った当人が一番愛着がある。手元に残すべし。昔の友人に刺繍が趣味の人がいましたが、彼女は作品を絶対に人にはあげないそうです。全部ちゃんと大切に使用したり、保存してあったり。それが一番。

ところで、このブログのアクセス分析を見たら、不思議なことが。この本文よりもマイフォトの「手芸・ステンシル・ニットソーイングの作品」のアクセス回数の方が多いのはな~ぜ?

| | コメント (0)

白つめ草=クローバー

追加書き込みを上にすると、読んでいる人には時間関係が混乱してしまいますね。でも、こうすれば1日に何回も読んでくれる人には、追加部分だけ読めば良いので便利でしょ。

昨晩息子からメールが来ないなあと思っていたら、孫に頭突きを食らわされて、孫はなんともなかったらしいのですが、息子は眩暈かして頭痛になったらしい。床の絨毯で転寝していたところに、ソファーの上からJR君が落ちたという状況。今メールが来て、まだ目がチカチカして、PCに向かえないくらいだって。かなりの重症。

娘からは、そろそろ仕事が終わるという頃に、電話番を頼まれてしまって帰宅できなくなった、というトホホホのメール。でも、彼女も最近私のブログの影響で、植え込みの植物に興味を持つようになったらしい。興味を持てるものが多いほど幸せですものね。

昨日の文化フェスティバルの様子を撮った写真について。展示作品だけでなく看板用のステンシルまで、全てコアラ先生の手作りだったそうです。朝起きるとメールが。生徒さんの分も入っているのかなあと勝手に。ご免なんしょ。

今朝はPCサークルだったのですが、肩こりで頭痛が。きっとPC入力作業が多かったせい。ちょっと休憩。コーヒーブレイクの後に、明日の英会話の教案作りにかかりましょう。ヨイショ。

Img_minibarakaika

そうそう、昨日半開きだったミニバラが全開。そして、3つある蕾の二つ目が半開き。毎日観察中。ベランダでも楽しみが一杯。ケルベラのボブ君は2枝に分かれて成長してしまったのですが、1本はちゃんと復活。青々と芽が出てますよ。 でも・・・残念。この写真は昨日のですからまだ半開き。

コーヒーブレイク終了。

私、まったく知らずにトホホな犬の背景を使ったのですが、これは幼児や小学生用の雑誌に連載されている漫画のキャラクター。ちょっと覗いてみたら、思わず引き込まれて、他のキャラクター説明まで読んでしまった。面白そう。子供が大きくなると無縁になってしまう世界をちょっと覗き見。

夏の英会話講座の教材の大枠を決めてほっとして休憩して書いてます。

昨日、担当者から教材は何頁になりますか? 何て質問をされてドキッ。(そんなこと出来てみなくちゃわからないでしょうに。)私の住んでいるところの地方自治体からは、事前に枚数を聞かれたことはなかったから。

ハイ、ハイ。ちゃんと計画的にさせていただきますよ。で、メモ用紙に大枠を書いて完成。

でもねえ、私は血液型Aですから、計画を立てるの大好き人間ですが、その通りに終わらせるのが大嫌いな性格で。つまり天邪鬼(アマノジャク)。初めから計画を立ててないと安心して路線を逸脱できない。え、訳わかめ、おろしニンニク?

ああ、すっかり忘れてた。英会話の教案作りの方が緊急だったんだ。これからします、ごめんなんしょ。よほど担当者の言葉が・・・

24日午後4時: 教案完成。明日から中学3年生の教科書使用開始で~す。

Img_0001sirotumesou_1 24日午前12時01分:これは白つめ草。娘からオオイヌノフグリだと教えてもらったことがありますが、本当かな。後でネットで調べておきましょう。

申し訳ない。全くの別物でした。オオイヌノフグリは小さなブルーの花です。勘違いで覚えたらしい。

昨日は苔が好きと書きましたが、苔も雑草のうちかもしれませんね。雑草が好き。以前、「ご近所の花」に道端に生えているスミレを載せました。どこかから飛んできた種が毎年あそこに花を咲かせるのでしょうね。その逞しさが好ましい。温室育ちは人工美で、なんとなく危うい美しさがそれはそれで良いのですがね。

雑草好きな原点は、小学校の頃に徳島の山奥に植物採集に母親と一緒に行ったことです。多分。父がその山深いところにある寺の鐘楼を建てているので、見学しがてらのこと。当然、山だから近所にない珍しい植物がいろいろあって、袋は一杯に。嬉々として帰る列車の中で、その袋を忘れてしまった。

その袋は多分戻ってきたのでしょうが、そこはあやふや。ただ、植物採集に行った。いろいろ珍しいのがあって嬉しかっただけ。それ以来、道の草が愛おしい。雑草にも名前があると分かって嬉しかった。

さっき、徳島の母に電話し、俳句掲載の許可をもらった。でも、「ちょっと今、他に気とられとるけん、コメントなんかよう書かんわ。」

「今でも作っているんでしょ」と、水を向けると、「いやもう作れんわ」と言うので、「母の日の礼状に俳句書いてあったやんか」。「そうじゃ、今月、?の結社で30句選ばれたんやった。それをファックスで送るわ」とうことに。ええ?忘れてたのですか。

以前は「徳島新聞の特選をもろた」とか、「~忌の~賞」やとか、よく報告をもらっていたものでしたが、この半年電話もしなかったから、娘のことはすっかり忘れていたらしい。親不孝者ですんまへんな。

ではこれから俳句と俳画を掲載する準備に入ります。結構手間がかかりますので。

やっと3句完成。本の真ん中あたりになるとスキャンし難くなって写真を切り取る部分が多くなり、細長いものになり、それが結構短冊気分。ではマイフォトの「母の俳句紹介」に入れておきます。いつものようにノーコメントで。当人もそのほうが良いと言ってます。

| | コメント (4)

苔が好き

Cutout_1koke 私の好きなものの1つに苔があります。この写真ではよくわからないかもしれませんが、もっと綺麗な苔が敷き詰めたように生えていた所があるのですが、本日は上からは光線の加減で撮影できませんでした。この次ぎ。

今晩は姑のところへ新しい電話の使い方説明に出かけて、なかなか戻れずに日が変わってしまいました。今もどったところ。これからは毎日出かけなくてはならないかも。86歳で一人暮らしです。でも私よりずっと元気。ちょっと物忘れがひどくなっていますが、体はわたしよりよく動かしてます。

遅くなったので、この続きは明日の朝書くことにして、今からメールをチェックします。何か入っていますので。

なんと4通もメールが入ってました。ジョンのおばちゃまから2件と息子から2件。そして、朝には娘からもカキコが。皆さん、ありがとう。返信はカキコでしておきました。

昨日初めて川柳を作り、ジョンのおばちゃまのHPのしりとり川柳の掲示板に投稿。いとずうずうしいことです。しりとりですから、前の方が残してある「冷やしてよ」から開始。本当はもう先に進んでいるのでしょうが・・・心を広く持って許していただいて。

「冷やしてよ 怒り心頭 パソコンめ」

だったような。母と違って記憶が定かではない。彼女は自分の句はいつ尋ねてもはっきり言えます。それだけ句に愛着があるのでしょう。それって凄いことですね。

まだ朝ごはんは食べてないのですが、これからトースト・フルーツ(オレンジかマンゴー)・プレーンヨーグルト・コーヒーの予定。日記でこれからのこと・・・ま、良いじゃないですか。イレギュラーでんがな。本日は朝から頑張って教材を検討したいからしっかり食べましょう。明日は朝はPCサークル。行けるかなあ?本日の頑張り次第。ヨイショ!

そうそう、母の俳句紹介をたくさんの人たちに見ていただいて、感謝。昨晩はなんと60人以上のアクセスがありました。思いがけないことで母が知ったら驚くことでしょう。速達が届くまでに電話しておきましょう。親不孝物なので敷居が高くって。

息子から新しい背景が気に入ったとカキコが。時々変えるのも楽しいものです。今、コアラさんから日曜日の文化フェスティバルの写真をこのブログに載せる許可をもらいました。私は突然の大雨で参加できなくて残念。では準備を。え、写真をサイズ直ししたりウェブ用にするとか何とか俳句をスキャンするほどではないけれど、手間が。

Kimonokaijouコアラさんの「ニットソーイングへようこそ」のHPではとてもはっきりとしていい写真なのに、私が編集してここに載せるとこうなります。あ~あ。下手ですねえ。

いくつか会場の写真を掲載されているのでマイフォトに入れておきます。いつの日か私も展示させてもらえるのでしょうか。不器用な私ですが、夢は大きく。フフフ。

| | コメント (5)

ニットソーイングのおかげで復活

Thethird 先日、第三作目のニットソーイングの作品をアップしましたが、同じ作品ですが、これはコアラ先生のHPでアップしてくれたものです。感謝。

コアラ先生のHPは写真が挿入できなくなっていたので、修理できるまで待ってました。原因不明で写真が行方不明だったとか。

法事が終わって少しぎっくり腰もでて、不機嫌になっていたのですが、これを見て復活。単純。明日も頑張ってHPの更新をしましょう。

昨日は講師依頼もあったことなので、教材選びを楽しめるので当分は退屈しなくてすみそう。いつも、自分で教材をPCで入力して使うので結構時間がかかるので、早くから開始。今回は7月末からなのですが、それまでに別の仕事が入っているので、それが来る前に完成させねば。と、仕事のことを考えると元気が出てきました。ヨイショ!

そうそう、私が前日に出来上がったばかりのブラウスを着て出かけたら、それを見た友人がやってみたいというので、一緒に行けるかもと期待したら、なんと3ヶ月も海外へ。帰国したらご一緒しましょうね。楽しいですよ。すぐに縫えるようになりますから。でもニット用のミシンがないと家では縫えないのが残念。

普通のミシンを今までにいくつも買い換えたのですが、結局はほとんど使ってません。いつくか人にプレゼント。

さて、本日はアーちゃんのが語学教室のHPの更新日なので、ほとんどPCに向かっていると思います。合間を見て、母の俳句も少し足しておきましょう。でも、私にはコメントを書く能力がないので、作品のみ鑑賞ください。

22日11時20分: 母の俳句三句掲載できました。結構時間がかかります。スキャンで本から取り込んで、余分な部分を切り取って、編集作業をしてから、ウェブサイト用に保存します。でも、コメントを書かないぶんだけ楽。タイトルに、俳句の読み方を入れておきます。私自身が読めないので。

4時: 今、郵便局から速達で母に俳句を掲載してもいいかどうかの確認を送付。やだ!となったら削除。俳句の運命やいかに? もし、掲載の方法が気に入ってくれれば、コメントを送ってくれるはず。彼女の文章は歯切れがよくて読んでると気持ちいいですよ。結果はファックスでもらえるはずですから、1~2日お待ちください。

夜7時40分: アーちゃんの語学教室のHPの更新終了。途中で編集がどうしても思い通りにならないので、ギブアップ。フィリピンの息子までヘルプのメールを送信。ごめんね。時間切れ。コンピューターって、賢いはずなのにどうして大きくしたり小さくしたりがスムーズに出来ないのでしょうね。不思議。私のPCはお馬鹿? いえいえ、使ってる私の方が・・・

昔から馬鹿とハサミは使いようと言うけれど、馬鹿がコンピューターを使ってるんだから。

| | コメント (2)

趣味は何ですか?

狐に摘まれたみたいに、夜中に更新設定してあったブログが飛びました。またですか。ああ、あ。昨日は、カキコに返事を書くこと3回。全て記憶させる前に消えました。もう返事を書くのを諦めました。ニフティーさん頑張って!それとも私の操作ミス?

そんなこんなで、21日のブログ発信は今頃になってしまいました。きっと息子や夜中にいつもみてくれている人はどうしたのかなあと心配してくれていたかも。昨晩は娘が戻っていて、アーちゃんが娘と私たちの布団とを行ったり来たりで、なかなか眠れなかったので、今頃起床。それからの発信で遅くなりました。これから朝食。法事はお婆ちゃんが全部準備してくれているはずなので、1時間前に行くことに。大丈夫かなあ?

Img_520 小さい黄色い花が街路樹の傍に植えられてます。可愛い。写真を撮っていたら、知り合いと目があって、ハズカシ。犬馬鹿だと思われていることでしょうね。本当のことですから仕方ありません。でも、アーちゃんがいるからこそできることがあり、おかげさまでいろいろと勉強させてもらってます。感謝。

アーちゃんは凄く甘えん坊で、人間の傍が大好き。嫌いな食べ物でも、手から食べさせれば律儀に食べます。好きなものはもちろん一人で。あったり前だのクラッカー。(オバンギャグで申し訳なし)

こんなお馬鹿な私に、2年ぶりに地方公共団体(エラク難しい言い方ですね)から講師依頼。嬉々として「何の講師ですか? 」と思わず質問。

だって、いろいろ登録してあるはずだから。英語とスペイン語以外にも、南米の家庭料理指導とか。実は何年も前に登録したままなのですっかり忘れてました。

料理の講師なんて依頼が来ると嬉しいのですが、語学と違って免許をもってないので来るわけないですね。残念。でも、茶道の免許を持っていても何もできないけれど、料理なら・・・

考えてみると、世の中には趣味の類は山ほどあって、結構上手な方が多い。皆、講師登録して、始めてみたい方に公民館で指導してあげればいいのに。登録しておくと、要望があればお呼びがかかります。広報で講座希望者を募集してくれますから、当人は何もする必要なし。

以前、私は担当者の代理で、広報の原稿も公民館の日程押さえまで全部やったような気がします。でしゃばりおばさんだから?

自分にはどんな講師が可能か考える材料に、私がこれまでにした趣味的なものを思い出してみましょう。ちゃんとならったものは、軟式テニスくらい。卓球。あれ? 公民館ではできませぬ。体育館か運動場ですね。

古いカッターシャツから子供のブラウスを作って刺繍を入れたり、編み物(手編みも機械編みも)。それから、和裁。今では浴衣しか縫えませんけどね。そうそう、紙で花を作ったりもしました。ペーパーフラワーですね。紙粘土で人形・飾り帽子や、フェルトで人形作りもしました。で、今はパソコンとニットソーイングを始めたところ。

姑は長いこと切り絵・籐手芸・習字・詩吟・篆刻・川柳等々。

公民館でなくても別に良いでしょ。近所でグループを作って教えあいをするというのも良い。収入にしようとするとそれは大変な責任を負うことになりますので、ボランティアでどうぞ。

思うのですが、何かお稽古事をする時には、自分もいつか誰かに教えてあげられるようになりたいと思って、集中して練習すると進歩が早い。何かを始めたら、もうそればっかり考える。道を歩いていても、トイレに入っていても。

お稽古の日だけでは、忘れる方が多い。忘れても忘れても次々と覚えていけば大丈夫。加齢による物忘れ防止には新しいことに挑戦することや感動したり、覚える努力をすることが有効らしい。私も頑張ります。もう、自然に任せていたらどんどん記憶力は、坂道どころかロープの切れたエレベーター並みに落ちていってます。

| | コメント (0)

えんどう豆の料理

Img_greenpea アーちゃんも大好きなえんどう豆。昨日1パック百円で近所の無人販売所で買いました。早速豆ご飯にして二人と1匹で食べました。こんなに美味しいとは思わなかったので、少ししか炊かなくて不満だったらしいので再度本日は2パック。また、豆ご飯。昼には豆と高野豆腐を卵でとじ、明日は豆の天婦羅にする予定。

えんどう豆を使って他にどんな料理ができますか? 私は、あまり中華とか西洋料理に使った記憶が・・・いえ、コロンビアのスープに冷凍えんどう豆を入れました。これには、豚肉・小豆・カボチャ・えんどう豆・ブイヨン・塩・胡椒を入れます。

パパリンから和風料理の提案。ふきとえんどう豆を一緒に炊くのも良いよって。これはきっと昨日の散歩のときに、ご近所数人がツワブキを囲んで、おしゃべりしながら皮を剥いているのを見たからでしょ。細いんですよ。思わずナンですか?と声をかけちゃいました。庭に生えているのを皆で食べるんだそうです。

ところで、すぐ近くにある無人販売所はずっと開店休業だったので、再開したのを見てホッ。

全く話題は飛びますが、本日の朝刊によると、退職後の海外移住を考えている人が増加しているとか。人気国は、①豪州②マレーシア③ハワイ④カナダ⑤タイという順。長期滞在なら観光ビザで済むけれど、移住となると違うらしい。

 移住条件というのがあって、大抵は経済的な裏付けが必要。全てこの世は金次第ということですな。国はもちろんですが、同じ国でも移住地域が地方が大都市かによっても、必要な資金条件が異なっています。豪州の大都市では、資産約6千6百万円。年収所得証明約5百70万円。これに加えて州債への約6千6百万円の投資。他にも、長期医療保険への加入証明などが必要。

 マレーシアやタイ、ブラジルなどでも、収入証明や投資、毎月の送金額指定などの条件がつく。実際に生活する経費は、移住先の国の物価によります。夫婦で家賃込みでマレーシアでは月約18万円で快適生活。シドニーだと、家賃別で夫婦で35万円が必要。住居費は日本の倍。

 しかし、しかし、経済的なことだけを考慮して物価の安い国に行くと、気候や文化水準、利便性等々の点で困ることに。なかなか難しい選択ですね。

私は退職のない連れ合いと暮らしているので、退職後の生活設計は無し。もちろん退職金など論外。

以前、カナダと日本の両方に住まいを持ち、冬は日本で夏はカナダでと、半年毎に住まいを移す優雅な老後を送っておられる方の話を聞いたことがあります。計画的に老後を上手に設計された1例。

今、20日の午後4時: また追加を書くと長いと叱られそうですが、息子が一日に何回も覗いてくれるそうですから。フィリピンでは日本語を話す機会がほとんどないから。

さっき無人野菜販売所でソラマメと新玉ねぎを買ってきました。すべて同じ値段です。私はソラマメは、塩ゆでにして素朴に食べるか、煮物にして食べる時に皮を剥きながら食べるのが好き。手軽なので、冷凍で売っているのを再度ゆでて食べるのも好きです。

思い出したのですが、近所には3箇所無人販売所あります。でもめったに買う好機には恵まれません。運よく欲しいものがあるときには、財布を持ってない。財布を持って出たら、野菜のほうが無い。ここ3日ほど狙って買いに行ってます。治安が良いからこんな楽しい買い物が可能。

ところで、俳句は昨日の午後にアップしてから、31件のアクセスがありました。有難うございます。これが唯一の親孝行です。次のアップ作業にかかりましょう。

| | コメント (2)

テレビチャンピオンのファンです

Img_kodemarishuusei

昨日の「英語の日記」に書いた花の名前が間違っているらしいのですが、まだ本当の名前は不明。毎日、2~3行の簡単な英語日記。時々サボることもありますけど。興味のある方はどうぞご覧ください。

http://homepage2.nifty.com/margarita/newpage16.html

これが間違えた名前のコデマリという花で、雪柳によく似ているという事で知られてます。フフフ。ネットからの情報。本日は時間があったのでHPの更新の準備をしようと思っていたのが、マイフォトを新たに1件「cooking」作ったり、近所の花に写真を入れてコメントを書き込むだけで、2時間。あっという間にたってしまい、予定のHP記入はまったくできず。

さらに、夜テレビを見ていたから時間がなくなったのです。私、テレビチャンピオンのファンなのですが、今週は「部分痩せさせ王」大会。見ながらつい体をねじったり足を上げたりしてたので、終了後、腰が痛くなって困りました。見てただけなのに。これで部分痩せが出来れば嬉しいのですがね。そう甘くないですね。

ま、更新予定まで時間があるから大丈夫。と、ついいろいろ遊んでしまうのですよね。徳島にいる母の作った俳句集の一部をマイフォトで公開しようかなとか・・・他の人の作品だと著作権の問題とかが生じて迷惑だけど、母はPC開かないから文句も言えないでしょ。そのうちにそのうちに。

彼女は私と違って多少文才があって、絵心もそこそこ。隔世遺伝で、娘が受け継いでいるらしいので、「今の仕事をある程度極めたらそれを題材に、あるいは、兄のフィリピン滞在や波乱万丈の半生を題材に小説を書く」なんてどうでしょうねえ。将来楽しみ。これは是非長生きして見極めなければ損。(オドラニャ、ソン、ソン)

でも、姫がこれを読んだらきっと言うことは分かってます。「あなたが自分で書いたら良いでしょ。」そりゃ、そうじゃ。でも文才がないからね。あるのは面倒くさいの才だけ。

Img_achan518 これは息子の友人の家の近く。もう引越ししてしまったんでした。ちょうどタイミングよくアーちゃんが振り返ってくれました。この後、帰ってからJR君の残していったベビーシャンプーで洗ったので、いい匂いに。でも疲れたみたい。早くからパパリンの足元でうたた寝。

19日の午後からまた雨。本当に梅雨みたいによく降ること。アーちゃん、パパリンと二人でダッシュで散歩。雨は辛いよね。心も雨空になりそう。

 さっきの話のマイフォトのアルバムを増やしてみました。まだほんの少ししかアップできてませんが、興味のある方はご覧ください。母の作った俳句です。今は公民館で俳句作りを指導。数年前には1度だけですが、NHKのBSに俳句番組に徳島代表みたいな感じで出演。角川文庫?の芭蕉忌のコンクールで、全国で片手くらいに選ばれたことも。そりゃ、70年近くやってんだから・・・なんて言ったら俳句集返してと母からクレームの電話が来るかも。

宝くじだって70年買い続けたら・・・

ま、見てくださる方が一人でもありましたら、続編をアップ致します。たくさんの俳句が出番を待っています。私にはさっぱり俳句の味は分かりませんので。本当は母に俳句の説明を書いてもらえばよく味わえるのでしょうね。

英語の文章が長くなると頭痛がすると息子は言いますが、私の場合は・・・

ああ、ありがたいことに、さっそく17人もの方が母の俳句を開いてくれました。では、また時間を見つけてアップするように努力してみます。徳島の母に電話してみようかな。

| | コメント (1)

ニットソーイング3

18日夜11時:この作品の色は本当はこんなに赤くなく、もっと穏やかなピンクです。修整で色が変化しています。木曜日午前中に公民館へ着ていったら、赤じゃなかったんですねと指摘されて気づきました。

18日早朝12時01分: Img_nitsawing2 17日には第三作目のニットを3時間少々で、縫い上げました。コアラ先生が、前もって裁断してくれていたり、ミシンに糸を通しておいてくれたりと、縫えば良いだけにしておいてくれているので、出来上がるまでの時間が短いのです。でも、お稽古の時間をオーバーしているので今後はもっとチャッチャ縫って、2時間半で完成させるのが目標。頑張りますぞ。

何て言ってるけど、本当のところはまだまだどっちへ向かって走っているのかよう分からん状態。へへへ。今日は、表から縫うべきところを、変だなあと思いつつも、裏から縫い始め、どうしても変と思って先生にヘルプをお願いして笑われて・・・ハハハハ・・・笑ってごまかしましょう。

どなたもすぐに縫えるようになると勘違いするらしく、お稽古のときのエ~イ、面倒じゃ、2枚いっぺんに縫っちゃえなんてことを考える豪傑もいるとかいないとか。

私のお稽古仲間は、ご主人に「何回習いに行ったら自分で縫えるようになるんや」と尋ねられたそうです。一人でお留守番をさせられる身になれば、そう尋ねたい気持ちはよくわかります。我が家の場合はさらに、パパリンに送迎までお願いしてますからね。

あの~、何回で縫えるようになるかは、当人次第。出来上がりさえ良ければそれでいいのですから。

私の母は、戦後すぐに洋裁学校へ3ヶ月も行かないうちに、近所の人から縫い物を頼まれて、縫いながら勉強させてもらったとか。学校へは結局行けないくらい忙しく縫っていたそうです。

娘も今それと同じと言うのも変ですが、理容師の通信教育を受けながら、店でエステの毛剃りの仕事をしてます。ま、見習いというのでしょうか。

何事も自分次第。私の和裁のように、とりあえず自分の持っている生地を縫えれば良いと思って習っていると、お稽古を辞めた途端、浴衣以外は一切縫えません。合計3年くらい習ったはず。

学校勤めを始めた頃に、犬を飼い始め、ダブルパンチで、手作りはもっぱら美味しい物作りだけに。

息子の嫁のペンちゃんは、習いに行ったことはなさそうですが、我が家の枕カバーから、カーテンからソファーカバーにベッドカバー。カバーできるものは何でも作ってくれました。それも、オフで1巻で買った布で、できる限りのものを。半年間我が家に滞在したお礼だって。ずいぶん大変だったことでしょうに。

でも問題が1つ残ってます、ペンちゃん。買った布はもう1巻あるのですけど。

Img_kouen516 16日に撮った近所の公園の一角。ボタン1輪が終わって、この右側の別のコーナーにはピンクの芍薬がたくさん咲いてます。マイフォトに入れておきます。しばらく行かないうちに季節は移っていました。藤棚もすっかり葉だけになってしまいました。

| | コメント (2)

立てばシャクヤク座ればボタン

17日は朝からずっと雨。雨、雨。梅雨のようによく降ること。でもそのおかげで、近所の緑は青々。ぐんぐんと音が聞こえそうなくらいよく伸びてます。フィリピンの息子のところでは、台風の影響で大雨。やっとあがったらしいけれど、各地で被害続出。幸いにも息子の周辺はあまり被害はなさそうです。

Img_botanjanai 16日の午前中は小雨でしたが、午後は晴れ間があってアーちゃんと散歩に出られました。良かった。またマイフォトの「ご近所の花」の写真を増やしましたのでご覧ください。

公園ではボタンがすんだと思ったらすぐに芍薬が満開。「立てば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹(ボタン)、歩く姿は百合(ゆり)の花」と美人を形容する言葉に使われます。この写真だとボタンとの差は歴然。豪華さがまったく違います。

まさにコアラさんの説明にあった、「アヤメといちはつの違いは、アヤメは楚々としてるでしょ。」で、パパリンの説明、「タンポポに色をつけたらアザミだろが。」 的確に違いを説明してくれます。

ところで、私の好きな新聞のコラムに、曽野綾子さんの「好みの尊重」が招く幸せというのが載ってました。それを見て、徳島にいる4歳違いの弟のことを思い出しました。

子供時代、弟はゆで卵の黄身が嫌いで、私はどちらかというと白身はあまり好きでなかったので、お互いに好きでないほうを交換して平和に美味しくゆで卵を楽しんでました。記事の内容と同じで、大きくなるとどちらもちゃんと食べられるように・・・

以前このブログに書きましたが、高校時代には、ゆで卵9個の記録を打ち立てた私です。卵は優等生食品。栄養的にも理想的ですが、価格的にも驚異的。半世紀くらい値上がり無し。私の子供のときに1個売りで、10~20円のような気がします。一個づつ、電球に照らして腐ってないか確認して売ってました。

そうそう、ゆで卵の話をもう1つ。フィリピンでは卵の中で孵化している状態のを好んで食べるのだそうです。食文化の違いですから、息子にとっても唯一喉を通らない食べ物のようです。私は考えただけでも喉の奥がこそばゆい。ああ、きも! 

この感じが、お刺身や鯨を食べることを野蛮だと感じる外国人の感覚と共通すると思います。 くれぐれも大嫌いなものを他人にすすめないように、お勧めします。

Img_papa2 この写真の場所は、夏になるとセミ通りと化し、ここを通った外国人はショックを受けます。大声で怒鳴られているように感じるそうですよ。それももうすぐですね。「光陰矢の如し」ですから。

Time flies like an arrow. 時は矢のように飛ぶ。そのままんまですね。

| | コメント (4)

季節の花々

Img_fumei

なんと16日付けで2通もブログ発信をしてしまいましたね。うっかりミス。いつも先に写真だけを入れておいて、後で一覧から選択して内容を記入するのですが、今回は一覧を確認せずに新たに作成したのです。つまり、早く言うと忘れてた。おとといの晩御飯は何か、全く思い出せません。

ご近所の花を写していると、知らない花が一杯。Img_fumei2 上の白い花は桔梗の一種かな?

このプランターのはパンジーでしょ?

Img_nazo3 これも可愛いピンクの花ですが、分かりません。

Img_fumei4

最近ふと気がついたら、もうバラの季節。近所の雑木林の白い小さな花です。多分、野バラだと思います。傍へ行けばトゲが見えるでしょうね。遠いので無理。違うかな?あちこちで見かけます。結構大きな木です。

Img_fumei5 これはピンクの花ですが、葉がどれなのか分からない。地面に近いところで、入り乱れて咲いているので。

名前を知らない花を一挙公開。なんて言うほどのこともないのですけど。今年初めて意識したのですが、梅・桃・桜・木蓮・ツツジ・バラ・アジサイの順で咲きますね。早く紫陽花が咲くと良いのに。

今までの認識だと、桜が咲いたら4月で、梅雨になったら紫陽花。夏休みには朝顔・・・

6月になると、マルチーズのマリちゃんと紀州犬のラウラに会いがてら、紫陽花を楽しみに近くのお寺に参ります。その時には、ちょうど山桃の実が真っ赤に色づいています。あまりにも大木なので手が届きませんけどね。

ところで、いつも一日に何通もメールやらカキコがある息子から何も言ってこないと思ったら、PCが使えなかったようです。何とか修復できたようですけど。機械ものは調子がいいときは便利なのですが、1つ間違うと偉いことになって苦労です。

娘からは私が紹介したゴマ雑炊を作って、メールで写真を送ってくれましたから、昨日付けのブログに載せておきました。白ゴマが無くて、黒ゴマを振りかけてあるのがユニーク。味は同じでしょうけど。

昨日は子供たち二人からメールと電話で母の日の感謝の言葉がありました。私も半年ぶりに母の声を聞きました。そして、自分で自分のために大好きなブルーの額紫陽花を買いました。アメリカから始まった母の日のカーネーションプレゼント。フィリピンではどうなのでしょうか。母の日はあるみたいですが。

ゴマ雑炊は姫だけではなく、コアラさんも玄米で作ったそうです。良かった。たまには良いですよね。また美味しそうな料理を掲載します。明日はニットソーイングの稽古日。さて水玉のニットですが、スリットを入れる練習をする予定。楽しみです。

| | コメント (2)

海外在住者百万人突破

Fiesta この写真は先日、娘が送ってくれた神戸まつりです。どうしてかって?

朝刊によれば、海外在住者が戦後初めて100万人突破ですって。3ヶ月以上の長期在住者と永住者数。2005年10月1日調べということは、息子も該当者? ちゃんと申告したかな? 誰が? 私はしてません。

話を元に戻して、米国、中国、ブラジル、英国の順に多いのだとか。でもブラジルは減少傾向。他の国では増加傾向。

百万人という感覚はよくわかりませんが、我が市の人口は6万人少々です。大阪府の人口は約880万人。 奈良県の人口は約144万人。フィリピンの海外への出稼ぎ人口は700万人。

| | コメント (0)

玉ねぎ入りチジミ

Gomazousui

姫が作った黒ゴマ雑炊。白ゴマが無かったとか。でも美味しそうでしょ。このおかずに薦めたのが、玉ねぎ入りチジミ。

ただ、水溶き小麦粉(ゆるめに)に玉ねぎの大きめ微塵を入れて焼くだけ。あればニラとかカボチャ、シーフードミックスとかイカがあれば万全。

ゴマ油で焦げ目がつく程度によく焼いて、コチュジャン入りポン酢で食べると美味しいですよ。軽いサクサクとした歯ざわりがまた良い。

ベランダの花も蕾をつけたり花を咲かせたりで少し明るくなってきました。マイフォトも覗いてください。「うちの花」

姫の置いていったケルベラのボブ君に芽が伸びてきました。もう大丈夫でしょう。マイフォトに入れておきましたよ。羽衣ジャスミンも1輪だけど開花。やった!本来は匂いの強烈な花のはずですが、1輪じゃねえ。

これは昔は釣堀だった池です。今も大きな魚や亀がいます。Img_kametosagi2

今日は天気が良かったので、カメラを持って出て、まだ撮っていない方面の花と景色を撮影。名前を知らなかったときには気づかなかったけれど、ご近所にはシランが一杯咲いてます。毎年咲いているのでしょうけれど、全く知りませんでした。

Img_azami これはパパリンが「タンポポの色つきがあるよ」と知らせてくれたのは、アザミでした。可愛いでしょ。葉っぱはとげとげですけど。そうか、タンポポは黄色だけれど、ピンク色をつけたらこうなるんだね。花に興味を持つようになったのは大進歩。二人とも。人生の楽しみがまた1つ増えたのですから。

小さな神社の側の道にとても小さな花が一杯咲いていたので撮ったつもりだったのですが、全然ダメ。緑だけ。でも子供たちには懐かしい風景でしょうから、載せておきましょ。

Img_sippai

なんだかねえ。訳がわからないに写真の多いブログになっちゃいましたね。でも見る人が見れば、ああ、あれはあそこだって・・・

朝刊を読んでいると、先日紹介した子守唄協会協力の「唄いつぐ」欄に、徳島の子守唄が載ってました。東京のハンバーガー店で街角無料健康相談室を開いて、若い女性から相談を受けている産婦人科医の話の中に。

  ねんねする子に 赤いべべ着せて

  日傘さしかけ 宮参り ヨイヨイ

  宮に参ったら なんと言うておがむ

  この子一代 息災に ヨイヨイ

  ねんね ねんねと たたいてねさす

  なんでねらりょう たたかれて ヨイヨイ

私は徳島出身ですが、この子守唄には記憶ない。コアラさんはどうでしょうか。’たたいて’たって、殴るわけじゃなく、とんとんと軽くでしょうけど。以前、この協会のHPのアドレスは書いておいたので省きます。

本日は追加を書くたびに、タイトル変更。今朝からずっとHP更新作業中なので、息抜きにブログも更新してます。これでお終いにしますね。アーちゃんは相変わらず、PC机の下でイビキをかきつつ寝てます。

| | コメント (4)

ゴマ入り雑炊

Img_relax_1 せっかく最後までかいたブログが飛んでしまいました。自動送信しようとするとよく不都合が発生しますが、全部飛ぶのは久しぶり。あ~あ、残念。せっかく美味しいレシピを書いたのに。

姫が睡眠不足で食欲が無いということなので、美味しく簡単にできるゴマ入り雑炊を紹介しておきます。この写真は、姫の変わりにアーちゃんが目を開けたまま寝ているところです。焦点が合ってないでしょ。

ご飯は冷凍庫に保存してあるのを使います。暖かご飯があるならそれで。カツオのだし汁で炊きます。温まったら醤油と卵を入れ、かき混ぜたら出来上がり。丼に入れて表面全体に白ゴマをたっぷりとかけます。すごく美味しい雑炊が完成。

飛んだブログにはもう1種類美味しいレシピを書いたけれどもう面倒だから・・・

パパリンに和訳の訂正を頼まれたので、本日はこれまで。明日も雨らしいから散歩に行けないのかな?

おはよう。今朝は日曜日で午後の授業の準備も無しなので、昨晩早々に切り上げた続き。フィリピンでは台風が通り過ぎた後もまだ後遺症で大雨と風。日本へ影響の無い時期なので実感がありませんが、吹き抜け構造の3階建てであることを思い出せばいかに大変な状況か。日本のように雨戸が無い上に、3階の居間には入り口にドアがない。低い柵のみ。寝室にはちゃんとしっかりしたドアがありますが。

あ、昨晩パパリン依頼の和訳チェックはもう提出しましたからご心配なく。これから私の仕事の続きをします。HPに土曜日の授業内容を掲載。私の備忘録を兼ねてますから。でも全員参加のときは省いてます。息子が、今のHPに会員頁をもっと読みやすいレイアウトにしてくれるようなので期待してます。でもあまり無理をしないようにね。PC環境が日本とは違うので時間を取っているようで申し訳ない。

姫の休みは17日。水曜日ですね。私のニットソーイングの日。戻っていれば、私をコアラさんちまで迎えに来るときに同乗してくれれば、まだサクランボを見られるかな? もう皆採った後かな? 例年ほど甘くないと言っていたけれど、スッパ甘で大丈夫。

さて、雨もあがって本日はいい天気になりました。姫、今日は京橋ですか三宮ですか。どちらにしてもオキバリヤス。お仕事、お仕事。セミナーに出て得たものを生かしてください。目からウロコがコロリと落ちたか、やっぱりねえだったかは分かりませんけど、学ぶということは楽しいものですよね。兄もフィリピンで毎月私が送っているPC本で学んでいるのですよ。PCテク?

Img_cherry2

私も本日は読書三昧にしましょう。アーちゃんも昨日のゴマいり雑炊のおかげで今朝は空腹で自分でドッグフードを食べたみたい。コアラさんちのサクランボをデザートに。姫にこのサクランボの実っているサマを見せたかったなあ。豊かさを。

| | コメント (4)

おとといの晩御飯は何?

本日は雨。毎週末は雨。南の島ではもう入梅らしい。フィリピンの息子の家では、台風の影響で大雨に晒されて3階なので怖いくらいだとか。去年は我が家に家族でいたので、3階建てにして初めての経験らしい。周りは2階建てすら少ないような環境ですから、もろ雨風を受けてそりゃ大変。普段は風が一杯入って暑さをしのぎやすいいい環境なのですが。

ところで、最近は春から初夏へとご近所の花で実感。我が家は小さなベランダのみ。近所には大庭園のある家とか玄関を美しく花で飾るのを趣味にしている人も多いので、十分季節を堪能。そのお裾分けをマイフォトで、どうぞ。

コアラさんの協力で、私には謎だった花の名前を訂正しておきました。花音痴の私には、アヤメとアイリスといちはつの違いは今だ謎のまま。ハナミズキと花ズオウは分かりました。花桔梗というツルの花もOKよ。少しずつ。ポコアポコ

私、パパリンと違って、右と左は分かるのですが、肘と膝が分からなくなることが多々あります。よく、賢いのかアホなのかよく分からないといわれます。アホです。ただ、勉強するのは好きですから、お許しを。

これは泉Img_mizunasu州名物の水ナス。パパリンがもらってきてくれました。普通のナスより水分が多いから水ナスというのでしょうが、ぬか漬けになるとフワフワの別物に。美味しいですよ。切るとすぐ色が変化するので食べる直前に切ります。

最近は血液をさらさらにする効果があるとかで、一日3~4個のラッキョを食べるようにしているのですが、この水ナスを食べてからはまた漬物が欲しくなってしまいました。こうなるとご飯が美味しくなって、つい食べ過ぎてしまいます。なんとなく体重が増えたような気が・・・これもみんな美味しい水ナスのせい?

風が吹けば桶屋が儲かる式で、水ナスのせいにしてしまいましたが、やはり減量は必要。毎年、夏を迎えると女性週刊誌のテーマは減量。

肉体労働者の娘はその心配はなさそうです。辛うじて、アーちゃんも大丈夫。この一人と一匹以外は・・・努力しなくちゃいけなさそう。でもアーちゃんも6.8キロになって、前回計測した時より400グラム増加。これで成犬サイズだそうです。ルイちゃんは?ちょっとオーバー。

で、何で水ナスの写真を載せたかと言うと、包んであった糠を使ってキュウリを漬けたら美味しかったのです。それで今は普通のナスを漬け込んでいるところ。さて何回つけられることでしょう。以前も同じことをして、とうとう新たな糠を足して、結構長い間ぬか漬けを楽しみました。

今、気にかかることが。それは、パパリンはどこでこの水ナスをもらったのか。全く記憶にない。確かに聞いたはずなのに。

それでは、昨日の晩御飯は? 秋刀魚。

ではでは、一昨日の晩御飯は? う、う、う・・・

ブリの照り焼き。ものすごく時間をかけて思い出しました。そして、水ナスはパパリンに尋ねてやっと思い出しました。スバルへ車の点検に行って、サービスにもらったのでした。ま、食べたことを忘れてないだけましとしましょう。そこまで行くと認知症(痴呆)ですから。

呆けない秘訣は新しいことに挑戦することらしいですから、頑張ってニットソーイングに励みます。自分にとって簡単で慣れていることをしても脳を使ったことにはあまりならないそうです。難しいと感じたり、慣れないことをすると一生懸命脳は働くのでボケ防止に役立つらしい。

| | コメント (0)

「よっこいしょ」の効能

Cutout_cherryachan

マイフォトの近所の花コーナーもご覧ください。毎日は撮れませんが時々散歩の道すがら、季節の花を載せてます。本当に季節の移り変わりって早い物ですね。実感。

木曜日は、雨が止んだ後にコアラさんちでサクランボを採らせてもらっちゃいました。サクランボを摘むのは初めて。これ、アーちゃんまだ食べちゃダメ。

この写真の分は枝付きのを頂いてきたのですが、桜の木は折ったり切ったりすると切り口から痛むから本当はダメ。切り口を手当てしないと木が弱るそうです。切った部分を覚えておいて、コアラさんは後でご主人に報告してちゃんと手当てするそうですよ。

公園の桜の木をちょっと失敬!なんてことはしてはいけないのです。

反対に梅の木は切らないといけないそうです。剪定の意味ですよ。阿波踊りの歌見たいなのを教えてもらいました。「梅を切らない馬鹿、桜を切る馬鹿」順番が逆だったかもしれませんが。「踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らなソンソン」に似てますが、考えてみると内容は逆。

せっかくの貴重なサクランボ狩りだったので、娘を誘ったのですが、予定が詰まっていて一緒に行けませんでした。残念。転送装置があると良かったのに。スタートレックを毎週見ているのでついSF(空想科学物)チックになります。現実に戻って、実がたわわになっている写真を送っておきました。

サクランボを美味しく頂いた後の散歩で、公園の側にあるビワの木の青い実を撮影。フィリピンにいるペンちゃんのために掲載しておきましょう。去年はお腹を壊すほど食べましたからね。

Cutout_biwa Img_siran 右の写真はコアラさんちのシラン(紫蘭)。帰りにこれも頂きました。感謝。

追加: 私はぎっくり腰を抱えているので、今朝テレビを見ていると、いい情報を言ってました。重いものはもちろん持たないようにしているのですが、何かを持つ時には掛け声をかけるのが良いそうです。筋肉に脳から前もって指令を送るそうです。

「よっこいしょ。どっこいしょ。」と口に出すこと。頭の中で思うだけでは効果なし。これを脳波測定とか筋肉の動き測定をして検証してましたから、結果だけ頂きましょう。

「よっこいしょ」 これは、20代の娘も時々言っているらしい。遠慮なくどうぞ。彼女は癒しのセミナーに本日は参加予定。そうか、身体だけのリラックス業だけでは飽き足らず、精神面でも癒し業に参入するつもりですか。あまり頑張りすぎず、ゆっくりお進みやす。

けっこうこのセミナーには経費がかかりそうですが、ま、私も勘違いとはいえ20数万円もする東洋史辞典を購入した身、お金の説教はできませんぬ。いえ、1冊と思って注文したら1セット1ダース以上もあったのです。でもとてもためになる貴重な史料です、ハイ。

あれ、今気づいたのですが、「よいしょ」ですか、「よっこいしょ」ですか。ひょとして徳島弁。掃除機をかけながら適当にテレビを見ていたので、脳3分の1で判断したかな?

| | コメント (2)

サクランボ甘いかな?

Img_zeraniumu このゼラニウムは栄養剤をあげてからまた一段とたくさん蕾をつけて楽しませてくれてます。ミニバラも写真を撮ってから2つ蕾を持ちました。手入れをすればその分だけ応えてくれるから、植物は好まれるのでしょうね。

娘からフィリピンの歳時記じゃないけれど、行事案内のHPが送られてきました。5月は花の季節で花祭りが各地であるそうです。南米には「花祭り」という賑やかな曲があって大好きです。多分ルーツは、キリスト教徒と土着信仰の結びつきだから同じ。フィリピンはスペインが333年間統治していたんですからね。

息子にもそのHPのアドレスを転送しました。ところが、もう毎日それを見てるという返事。そうか。情報通なのはそのせいなんだ。

Cherry2 コアラさんからサクランボ情報が届きました。行きたい、食べたい。花より団子とずうずうしく連呼してましたからね。さきほど、連絡が取れて、明日昼ごろにお邪魔させてもらうことになりました。バンザ~イ。カ~と陽が照ると甘くなるそうですが、午前中は50%雨。トホホ。でも雨でもいい、豪雨でなければ行く!行く!もう駄々っ子状態。生まれて初めてですから。

ビワ・ヤマモモ・桃・イチゴ・みかん・ぶどう・梨・柿狩りは経験済み。

これはサクランボの木を活けたコアラさんちの写真。3月に送ってくれました。素敵でしょ。英語の日記には庭の木そのものの写真を掲載してあります。

話し変わって、去年は近所の道端に自然になっているビワを食べました。ちょっとすっぱくて美味しかった。別の木の甘すぎるビワは、肥料をやったりする人がいる木なのかな?近くに家もないし、手入れした様子もみられない木のが美味しかった。これは本当に好みですけど。ペンちゃん好み。

もし持ち主がいたらごめんなさいね。でも私たちが採る以外は結局誰も採らなかったのです。

それから、初夏にはヤマモモもなりますね。街路樹とか公園の木としてもあるのですが、子供たちは誰も採りません。私が採って口にすると、気味悪そうな目で見ます。現代の子供たちにとっては、お店で売っていないものは食べ物ではないのでしょうね。口が真っ赤になるから不気味?

アフリカのウガンダの話。小学校は何キロも離れたところにしかないので、朝食など食べる時間も物もなく、登校中に道端になってるバナナとか他の果物を食べるながら行くと、友人の英語の先生が言ってました。

日本でも私の子供の頃には、庭には柿・ビワ・イチジク・ザクロ等を植えている家が多く、友達の家に行って、採らせてもらって嬉しかったことを思い出します。今のようにコンビニに行くと安くて美味しいものが簡単に手に入るわけではなかったですから。もちろん、駄菓子屋に行くと物はありましたが、おこづかいが限られてましたから、1日1回ほんの小さな飴とかお饅頭を買えばおしまい。また明日のお楽しみ。何を選ぶかは大変嬉しいけれど、真剣な選択でした。それで子供たちは我慢ということを覚えたのでしょうね。

フィリピンでは子供たちの数に学校の数が追いつかないので、3部制にしているとか。ベネズエラでは2部制でした。日本の高校がとっている2部制と同じシステムではありません。

団塊の世代の私たちの小学生時代は今の発展途上国とあまり変わりませんでしたね。パパリンの小学校時代は大阪のマンモス校でしたから、そりゃもう今の子供たちとは比較にならないくらいの大人数。朝礼なんか全員一緒に出来なかったのじゃないかな?

私は徳島ですから、それほど多くなくて、1学年9クラス×約50人×6学年ですから、約2700人。今、この近所の小学校は1学年2クラス。30人学級?

今、すでに私たちの国では、大学ですら好みとかレベルとかを無視すれば、いずこかには入学可能。逆に大学側は生徒数減少に存亡の危機。受験生に人気のない学部学科は廃止にし、学科の名前を流行に合わせて生徒集めに必死。

でも考えてみれば、私たちの子供は団塊ジュニアと呼ばれ、今30歳くらいです。彼らも一杯問題を抱えて生きているのですね。良い方にとらえて社会をいいサークルに向ける原動力になってほしいものです。人数が多いということはパワーです。

| | コメント (2)

ボランティア

これ何をするあーちゃん。ごめんなさいね、ご近所さん。Cutout_oshikko

さて、題名をボランティアとしたから、まずはその話題から始めましょう。コアラさん、私は大したことはしてませんよ。好きなことで少しでも役に立てれば良いなあと思ってしてるだけ。

最近は関空専門みたいになってきましたけど、以前は大阪中を走り回ってました。出かけるたびに、方向音痴で地図読みが苦手な私は、パパリンに事前に詳細に確認してから出発。何時何分に出発して何時に到着。だから活動に遅刻したことはありません。あ、パパリンは大阪人です。どこでも何でも知ってる生き字引です。(インターネットという強い味方がついているからね)

あるときは、私を目的地の小学校へ案内してくれるボランティアがついてくれたほどの方向音痴。その時は、総合学習での多文化理解のワークショップをしにいったのでした。でも、結局は案内人も方向を間違えて時間に遅れそうになって大爆笑。

10年くらい前、語学ボランティアをし始めた頃は、皆さんが活動をしたくてたまらない状態で、つい私もつられて頑張ってしまいました。でも、慣れてくるとやりたい人にやらせてあげましょう。手が足りなければ私も呼んでちょうだいね、と引けるようになりました。一生懸命やっている人には私はサボっていると映るかな? ま、いいか。

要するに、おせっかい人間の集まりですからね、ボランティアって。見てると微笑ましいですよ。良い人たちが一杯。人間っていいなあって。

でも、角を立てる人もたくさんいるからご注意。いろいろな活動の仕方があって良いでしょ。自分のやり方しか認めないなんて固まってしまうとやり辛いかも。

私のボランティアは多分いろいろな方面で、一生続けていくと思います。その1つがHP作り。どう続けるかが課題。

でも、人様のためだけじゃなく、自分のためにやってます。

Img_bag さて、これは昨日、関西空港で買ってきた小さなバッグです。英語の日記にも載せました。私はバッグが大好きですが、この手の布の袋はお土産に頂いたことがありますが、この型は初めて。これは丁寧な作りで、チャックが付いています。それに下の両隅は飾付き。背景の布はフィリピンで調達してきたものです。その内縫えるように?

それに関空には珍しく安かったのです。別のコーナーではアフリカか東南アジアの民芸品も売ってました。1村1国?1コーナーで1国の展示販売。一瞬しか見てないので不確かでごめんなさい。このコーナーは、使用しなくなった航空会社のブースの前を利用してのこと。当初はさまざまな航空会社が参入してましたけどね。空港が24時間のハブ空港を目指したところで、鉄道が24時間じゃないものね。

名古屋や神戸にと、空港がいくつも出来たので、生き残りをかけてさまざまな努力をしているのでしょう。考えてみれば、飛行機に乗る人と送迎客しか利用しないのが飛行場。でもそれでは成り立っていかないはず。集客力を模索中。

何とかして近辺の人たちを呼び込まなくちゃ。娘から聞いたことがあるのですが、空港のホテルでの結婚式もあるそうです。

数年前に、高島屋が撤退して娘の会社はホテルに移転し、その後、同様に撤退。そのたびに姫はあっちこっちと苦労しています。そして今後の転勤候補は、京橋か三宮か、はたまた東京か? 千葉の線は消滅。健気にも当人がひと言も会社を批判しないのですが・・・

ところで、田舎暮らしは良いけれど、たまには目先の変わった豪華な食事や素敵な物を買いたいじゃありませんか。空港で飛行機を見ながらディナーを頂くなんて、わくわく。また飛行機に乗りたいねえ。娘とパパリンと三人で。アーちゃんはホテルでお留守番?

「今度はどこへ行こうかな。」とは、ボランティアでご一緒だったイギリスとイタリア滞在暦のある女性の話。私はフィリピン以外は当分考えられません。

私は空港へ行くのは年に数回程度ですが、行くたびにスペイン語と英語の新聞を買うのが楽しみ。今は近所のコンビニで英字新聞を買えますが。食事は、娘が関空島で働いていた間は、たまに三人でホテルのレストランで食べましたっけ。

今は連絡橋の手前、リンクウタウンのホテルにしてます。バイキング中心。

ところで、旅行客相手の空港なので当然なのですが、全国のみやげ物が揃っているのが面白い。結局私は紀州名物を買って帰りましたから。味見もばっちり。デパチカ並に味見コーナーも充実してますよ。みたらし団子や黒ゴマオタベとか・・・

時間がもっとあったらゆっくり買い物をしたかったくらいお店がいっぱい。パパリンが風邪を引いていたので心配だったから、ボランティア終了後すぐに電車に飛び乗って戻りました。残念。

子供じゃないから大丈夫と思ったら、紅茶やのど飴も置いた場所にそのまま。コンビニで買って弁当だけは食べてましたけどねえ。水分とレモン(ビタミンC)は・・・

| | コメント (2)

ピンピンコロリ

Img_isukuturogi_1 久しぶりにくつろいでいるアーちゃんの写真です。ヘチャムクレのアーちゃん。でも見てるだけでホットします。姫、残念ながら、家に帰ってきてもバッグに入れてのお持ち帰りはできませんね。

昨日は月曜日だったけれど、久しぶりに関空までボランティアに出かけたので時間がなくて、HPの更新はできませんでした。ま、ぼちぼち書きます。無理はしないことにしています。無理をするのは娘に任せて。今までHPは、息子と二人三脚でシャカリキで作ってきましたのでここらでちょっと一休みもいいかも。息子にも本来の仕事に集中してもらわないと・・・

ところで、最近よくアンチエイジングという言葉を耳にします。日本語にすると”抗加齢”。年をとらないぞと言うことでしょうか。だから逆に”年をとることは怖くないよ”的な本が目に入ったんですね、天邪鬼(あまのじゃく)の私としては。

アンチエイジングのこころは、”老化は悪”。だから、悪は退治しましょ。そして結論は、「高齢者はいても老人はいない、そんな日が来ることを願う」と「”ピンピンコロリ”を目指しましょ。」 これは私の結論ではなく、産経新聞。この連休の3回連続のシリーズでした。

ピンピンコロリは今に始まった願いではなく、毎年、アジサイを観に近くのお寺には、ボケ封じの観音様。そして、安楽寺?へのポックリ祈願も人気。

人は生まれる時は、自分の意思で誕生するわけではないけれど、「唯一自分で演出できるのが死だ」という考え方もあります。一生という本を閉じるのは自分だから。「好きなように人生の最後を計画すればいい」。この意味が具体的にまだ私にはよくわからない。

話はもどりますが、翻訳者のパパリンと話したんですが、さっきの文を訳す時に、”高齢者”と”老人”を訳し分けなくちゃいけないわけです。普通は同じ単語でいいのにねえ。訳者泣かせの表現はよくありますが、この場合は別の単語は簡単にありそう。

世間様とはポイントがずれている二人です。風邪でボーとしている相手にこんな話をするのは酷でしたね。ごめんなさい。本日は、二人して京都チャンネルでサスペンス劇場を見つつ、突っ込みを入れる大阪人ぶりを発揮。その後、パパリンは翻訳に戻り、私はHPの更新へ。二人ともPCに向かってます。

私は、昨日の語学ボランティアの報告書を書かなくちゃ。実働時間よりもお仲間と情報交換と関空視察の方が忙しかったけど。

バスの切符購入の手伝いをした方によると、自動販売機でお釣りが出てくるのを不思議がられたり、ある人が2千円札を入れたのに、隣で一万円札を入れた人とお釣りが違うと言って抗議されたとか。そりゃ、初めて日本円を見て、2千円と一万円とを即座に判別できる人はよほど旅なれた人でしょ。数字を見れば分かるはずですが、案外同じに見えてしまうものなのです。

| | コメント (4)

ゆりかごの歌

現在8日午後7時: さきほど関空のボランティアから戻りました。大阪バラ会議に参加される外国からのゲストがバスに乗るお手伝いをするのが仕事。

日本円に交換したり、バスの切符を買ったりするお手伝い。最初は受け付けでお名前の確認もしていたのですが、途中で名簿にない人達がどっと入国されて急遽受付業務は中止。自分の名前がないと不安になりますから、正式の名簿のある都ホテルでの受付に変更。ああ、びっくりした。私たちボランティアの責任ではないものの申し訳ない気持ちで一杯。

でも無事お役目が終了してホッ。活躍してくださった私以外のボランティアさんたち、お疲れ様でした。私はずっと椅子に座っているだけで。また、お会いできることを楽しみにしています。

パパリンもやっと風邪から快方されつつあるようで、こちらもホッ。8割くらいかな?なぜ?

「今晩のおかずはお好み焼きがいいけれど、あっさりのイカ入りが良い」ということなので、完璧な回復ではなさそうです。でもしんどかったらお好み焼きとは言わないでしょう。

Img_yagurumaso 8日午前12時01分: 先日、娘が戻っていた時にこの矢車草の色が大好きと言ってました。私もアジサイのブルーが好きです。見ていると爽やかな気分になれます。

今日は珍しくパパリンがダウン。数日前からちょっと喉が痛いと言って、薬を飲んでいたのですが、とうとう寝込んでしまいました。鬼のカクランといってはお気の毒ですが。でも本当にめったにないことですから、家族中が心配してます。当人は機嫌ようテレビをつけて床の中。寝たりテレビを見たり。喉の痛み以外は我慢できる程度らしい。「すっきりせえへんだけや」と言ってます。

脳腫瘍でもすぐ手術後すぐに退院して来た人ですから、根は丈夫です。確か盲腸程度の期間しか入院してなかったような気がします。もうちょっと病院においてもらわないと、「入院保険が下りないのでは」と心配だったような。

話は変わりますが、朝刊を読んでいたら、女優の藤村志保さんの記事の中に、『ゆりかごのうた』がありました。日本子守唄協会(http://www.komoriuta.jp)の協力で、完全版。

 ゆりかごのうたを、

 カナリヤが歌う、よ

 ねんねこ、ねんねこ、

 ねんねこ、よ

去年、息子一家が半年我が家にいる間に、ジェイアール君を寝かせるために何度子守唄を歌ったことでしょう。不思議なことに子守唄を2回くらい歌ったら寝るということのほうが多かったような。ぐずり始めるとその限りにあらずでしたが。

「ねんねこしゃしゃりませ 寝た子のかわいさ・・・」という歌詞は? なんという子守唄でしょう。「おどみゃかんじんかんじん 盆がくりゃ・・・」とか。題名は覚えてませんが、なんとなく歌詞がでてくるのが子守唄。

20代で音楽から遠ざかり、30代で映画を観なくなり、40代で何もしなくなり・・・と言われるそうですが、50代で復活! 人生まだまだ先が長~いのです。子守唄で寝ている場合ではありません。なんてね。

Img_papato 体調の良くないパパリンはパジャマのまま。アーちゃんが一緒に寝ています。明日はきっと元気になってくれるでしょう。

| | コメント (2)

スコーンってご存知?

Img_sukon

雨で散歩に行けなかたので、アーちゃんとベランダで遊びながら、青々としてきた鉢植えの花と撮りましたので、マイフォトをご覧ください。栄養剤を与えてたった3日程度でこんなに成長しました。

スコーンを焼いてみました。大阪で一人住まいの娘が帰って来た時に朝食用に。スコーン用の粉に卵・マーガリン・牛乳を混ぜてこね、冷蔵庫で30分寝かせてから、ラップではさんで伸ばしてから型抜きして、フライパンで焼いただけ。(弱火で初め8分、返して3分。蓋をして)

実に簡単だけど焼きたてだからとっても美味しい。こんな乱暴なレシピじゃお菓子の先生に大目玉を頂きそう。ごめんあそばせ。マルガリータ流ですから。

冷蔵庫で寝かせるのは冷えて少し固めて、型抜きし易くするため。

本日の英語の日記には冷凍しておいたナン(インドのパン)を載せましたが、こちらを作った時は冷蔵庫じゃなく、お湯を張ったボールの上で休ませました。室温にもよるのですが、30分から1時間くらい。

朝起きてすぐに粉をこねて、寝かせている間に顔を洗って、着替えして・・・・そうこうしているうちに膨らんできました。4個に切り分けて、手で自然に伸ばしたら、お店で売っているインドのナンの涙型に。あら、簡単。レトルトのカレーに浸して食べました。アーちゃんは何もつけずに美味しそうに食べてました。

スコーンをどう説明しましょうか? 私にとっては、朝食用のあまり甘すぎないビスケット風パン。パパリンに助け舟を求めたら、首を傾げられました。これはね、アメリカ人の料理上手な友人に教えてもらったのです。例の、正月に息子を連れて、ご馳走を作りに来てくれたやさしい彼。パパリンが脳腫瘍で入院して、私が落ち込んでいた時には、ぜったい直るから大丈夫って勇気付けてくれたっけ。

ところで、スコーンのことをJR君に尋ねたら、どう答えてくれるでしょうか。「Jjup ぼく、食べたこと無いから分からない」って言うかな?

私が旅行中にフィリピンで食べたパンは美味しかったよ。日本の食パンより柔らかくて、南米の食パンみたいだった。同じスペイン系の味なのかな?

昨日の写真では身震いをしていたそうですね。フィリピンの言葉でgigiruっていうんだって。

今回初めてスコーンをフライパンで焼いたので(本当はオーブン)、時間の具合がよく分からなかったので、別の朝食用パンの時間で焼いてみたら、少し焦げ目が・・・でも大丈夫。「美味しかった」とアーちゃんも言っていました。(冒頭の調理時間は成功した時間です。)

一日目は、そのままで焼き、二日目は残った材料に、レーズンを乗せて焼きました。その写真を撮るのを忘れちゃいました。ごめんなさい。もっと美味しそうな写真に出来たはずなのにねえ。ま、いつもピンボケだから・・・

| | コメント (2)

ゴールデンウィーク終了

Img_manju お饅頭とお茶でちょっと休憩。昨晩、ケーキ屋さんでお饅頭も買ってきたのです。アーちゃんは男の子だけれど、お芋とかホットケーキとかフルーツの甘いのが大好き。味の濃いものはあげません。いつもパパリンと二人して、一口上げるということは10倍あげている事と同じなんだよと唱和。

人間の体重と比較しての話。彼は6キロ程度だから10分の1として、塩分や糖分を与えると彼の体にとっては、10倍食べたのと同じだから、あげたらダメよ。

今年の連休には、めずらしく娘が休みを取れたので、家族みんなでゆったりできました。何をするということはないけれど、家族が揃って美味しいものを食べたり、アーちゃんを抱っこしていると幸せを感じます。姫など、このままアーちゃんをバッグにいれて連れて帰ろうかと。

そんな時、アーちゃんは心得たもので、じっと娘を見上げて、好きにしていいよって。こら! つれて帰って、仕事中ずっとマンションに一人でおいとくと、姪のチワワのようなヒネクレモンになるよ。お婆ちゃんがたまにいくと噛まれて可愛そうなのよ。

金曜日で私のゴールデンウィークは終了。週末は公民館講師。月曜日は関空でボランティア。明日から忙しくなります。パパリンはずっとお忙しいまんま。

Jjgigiru このJR君の写真は何をしているところ? 素敵なイヤリングをしていますね。赤い帽子もよく似合ってます。外で遊べないから家の中で何をして遊んでいるのかな。外は暑いし怖いものね。

息子が2歳から6歳まで、南米にいましたので、外で一人で遊ばせたことはありませんでした。誘拐を恐れ有りということで。それで、日が暮れると息子と二人で走って家まで帰ったことを思い出します。

でも日本でだって決して油断はできません。姫、夜中に携帯で話しながら歩いていると危ないですって。マンションの中に入るまで油断めさるな! 兄は全財産をすられた経験があるんだから。いつでしたっけ。2年前? 

| | コメント (3)

カニ三昧

Cutout_kani このカニを食べたわけではありませんが、昨晩はこんなのを食べてきました。息子よ、ごめんね。フィリピンでは大きい沢蟹がいるらしいから、それを味わって! そりゃ、味はねえ・・・同じじゃないよね。

もともと息子は食べるのが面倒な魚とかカニは好きじゃないから。箸の使い方があまり上手じゃないのかも。私も右手を骨折して以来うまく操れないから、手かナイフとホーク使用。親指と人指し指の間の乖離(カイリ)骨折でしたから、広げると未だに痛みが。

セットメニューなので、カニの刺身から天婦羅、お寿司にカニの酢の物に吸い物、サラダといろいろとはあったのですが、残念ながら、デザートがついてなかった。

Cutout_kekiya_1 帰り道にケーキを買ってから帰宅。量が多そうでも、カニって甲羅ばかりで中身は少ない。と自分に言い訳をしつつ。そのケーキ屋さんはお花を綺麗に植えてました。以前、アーちゃんの初めての洋服を着た姿をここで撮影。

Cutout_hanatoachan久しぶりに姫と一緒に散歩ができました。ちゃんとカメラ目線です。先週カットしたので、胸毛もすっきりと短くなって若返っているでしょ。時々長すぎて私が踏んでしまう尻尾も少し短く。近所のとても良心的なお店で安くしていただいてます。

キャバリアは本来あまりカットをする必要がない犬種のようですが、私は怖がりで犬の爪を切ることができないので、爪カットをお願いしてます。

紀州犬のラウラは、娘がガブガブとかまれながらも爪切をしてくれたのですが。ガブリと噛んだら悪いからと小刻みに噛んだものでした。たまには血がにじむことがあったみたい。飼い主の中で一番軽い存在の娘だけしか噛まない律儀な子でした。姫には悪かったね。

犬は家族の中に順位をつけているので、パパリンの目は絶対見なかった。私はどうだったかな? 餌当番としてと、一緒に寝てくれるのはママだからって大切に思っていたのかな? 案外、自分の召使と勘違いしてたかも。最近はこの勘違い犬が増えているらしいから。

娘が軽んじられているのが分かったのは、室内で飼っているので体調が悪くなって粗相をする時は、決まった場所で。それが娘のベッドの上。絶対に自分の寝床ではしなかった。綺麗好きだったのでしょう。

Raula 久しぶりにその紀州犬のラウラの写真です。真っ白でした。アーちゃんと違って耳が立っていたので、パパリンの車が帰って来るとちゃんと玄関まで出迎えに行ってました。アーちゃんは耳が完全に覆われているのであまり聞こえないのじゃないかな? 人間並み?

このブログを始めたての頃、生徒さんたちから私がこんなに犬好きだとは知らなかったと言われました。確かに犬馬鹿です。でも子供がいてもいなくてもペット好きは同じでしょう。私は子供の時から大抵ペットと一緒に育ってきましたから。動物嫌いな人は楽しみが一つ少ないだけですから、またそれはそれで別の楽しみがいっぱいあるでしょう。

人生にはいろいろと楽しみが多い方が生きがいがある。苦しみや嫌なことのほうが多い中、好きなことが一つ増えればそれだけ辛いことが軽くなる。そう思って楽しいことを探しつつ生活してます。単純ですから、素敵な1冊の本を見つけただけで超幸せ感を味わってます。本日は1年ぶりにテレビ講座の本を3冊購入。いつものように、内容をPCに入力しつつ読みました。

語学の初級本は単語を知っているのですぐ読め、内容の吟味にすぐかかれるのが嬉しい。指導方法をチェックしてすぐ読破できるので、テレビの再放送のサスペンスドラマに「それはないでしょ」と突っ込みを入れつつ見ているような感じで楽しい。

息子にとっては、パソコン関係の本がそれにあたるらしい。学生時代にはほとんど読書をしたことがないはずなのに。娘は反対に本の虫でしたね。自分でも小説を書いてたくらいですから。

自分の興味のあるもので、自分のレベルにあった本だと読んでて楽しい。あまり難しい本は疲れます。難しいというのは翻訳本とか大学の専門書でまったくユーモアのセンスがないもの。一文が長すぎるものも読みたくない。パパリン、読んでますか? 

私の部屋には本が山とありますが、その中には3度目の大学生活で買わされた専門書がありますが、捨てるに捨てられないし・・・語学じゃなく史学関係の特に、中国と仏教関係が。見たくも無い! でももったいなくて捨てられない。う~ん! 「老後の楽しみに取っておきましょう。」このセリフは友人の歯科医が、私の親知らずを見て言った言葉。

すっかり忘れていましたが、本日はこどもの日でした。子供が成長して大人になったのでつい・・・それに毎日が休日ですし。英語の日記を書いていてふと思い出し、書き直しました。去年、息子がフィリピンへ戻る時に、鎧兜一式を持たせたので我が家には何も無し。孫のJT君に引き継いで貰えば嬉しいことです。30年間大事において置いて良かった。

| | コメント (2)

田舎はいいなあ

Siroihana

この写真はご近所といってもあまり通らない所なのですが、工事の関係でコース変更を余儀なくされて通った結果です。最近建てられた大きなお家です。その近くにはまたもっと大きなお家が建築中。

ずっと建築業界は不振だったのですが、このところ素敵なお家が続々と建てられているので、やはり経済は上向き基調なのでしょうね。良かった。

自動車業界が好調なのは昨年秋ごろから、パパリンの翻訳の仕事が急増で実感していましたが、一部の業界だけを見て日本の景気が上向きかどうか判断できませんものね。

我が家に関わることだけしか私には経済の実感はありませんから、いつも話は超現実的。娘の会社の新規出店件数とか、息子のフィリピン事情とかしか分かりません。新聞で書いてあるものをどの程度信じていいのかは疑問。

「低成長が普通だということを日本は学ばなくちゃ」と高校卒業の頃から言っている息子もフィリピンで「そうだ、そうだ」と言ってるかな。その息子は今私のホームページをより見やすい頁にするために、夏真っ盛りの暑い中、汗をかきかき、悪戦苦闘中です。くれぐれも無理をしないように。私はHPに合わせた初心者用の出直し英語の教材を作成中です。

Sagasiteitahana アーちゃんの写真がだんだん少なくなってきました。春だから外の景色が撮りたくて。そのうち、またヘチャムクレのアーちゃんのドアップをごらん頂きましょう。

これはマイフォトで先に紹介しておきましたが、近所のお医者さんの庭に大きな木でこれと同じ花が咲いているのです。でも内側だから近寄れない。それで別の家のを撮影に成功。これは玄関先ですから撮っても失礼じゃないでしょ。

撮れた撮れたと一人悦に入っていたら、あの家にもこの家にもあるじゃないですか。ひょっとしたら最初の写真の花も同じかも。

息子や娘が子供の頃には上の写真の家のあたりは住宅地じゃなかった。ここへ移り住んでもう20年以上。変わりました。でもまだ田舎。もっと田舎で、ずっと田舎でいてほしい。

| | コメント (2)

バッドタイミング

アーちゃんの散歩に出かけたら、何かの工事中だったので、コースを変更して逆方向へ曲がって、ぐるりと歩いて戻ってきたら、Papatoissho その工事車は私たちの前へ。これ、何をする。追いかけてきたわけではないでしょうが。ガードマン達が笑ってました。

バッドタイミングでした。この写真は雪柳かな。娘は小さい頃、この花を手でしごいて雪ごっこをして遊んだとか。花がかわいそう。

ま、雪ごっこくらいなら可愛くて許せるのですが、自転車で轢きつぶっていく子供がいると思わず声をかけたくなってしまします。ぐっとこらえてますけど。

本日はバッドタイミングのことが重なるのか、友人から久しぶりに電話。でも非通知だったので出なかったら、こんどは伝言。それで友人と分かってこちらから電話。そしたらあちらが留守電になってました。さっきの電話はな~に? て、思わず吹き出しそうになって、伝言メッセージの途中で切ってしまいました。

お正月に我が家に来てくれたきりですから、ゴールデンウィークにまた来てくれるのかな。お正月にはぎっくり腰が再発していたので、友人はご馳走を作りに来てくれたのです。美味しかったです。男性ですが、料理は上手。ちょっとおしゃべりなのが玉に傷。日本語なら何とも無いのですが、英語でのおしゃべりなので相手をするのが疲れます。

彼は中国人を妻に、三ヶ国語を操る息子を持つアメリカ人。息子は、中国語・英語・日本語を自在に操る幼稚園児です。

家の孫もそうなってくれると良いのですがね。英語・フィリピン語・日本語という風に。当の我が息子は、幼稚園時代にはスペイン語と日本語を自在に操っておりましたが、今はフィリピン語と英語(聞けるだけとか)と日本語が・・・

言語を覚えるのは結構時間がかかるのですが、こどもが忘れるのは早いですよ。使わなくなったら1ヶ月くらいで忘れます。本人がそう言ってましたから。南米から日本へ戻って1ヶ月で「数(1~10)とゴキブリの歌(ラクカラーチャ)しか分からんようになった」って。

でも今フィリピンで、時間かな?お金の数え方かな?どちらかがスペイン語だそうです。だから、息子には好都合。昔、アメリカに占領される前は、333年間もスペインに支配されていた国ですから。言葉の遺産。田舎の方では、スペイン語しか話せない人達もいるそうですから。

Tutujikasatukika この花はツツジかなサツキかな。

撮影場所は息子の友人の家の近く。今、その友人の家は売家広告が。去年、家族みんなでバーベキューをしたのですが。

本日はバッドタイミングがタイトルですが、ついさっき息子(フィリピン)と、娘(大阪)と、高校時代の同級生(徳島)から、殆ど同時にメールが入りました。グッドタイミング。

| | コメント (0)

釣り掘り

Img_turtle 池の亀です。水の色が緑に変色しているのは亀を見えるように編集した結果です。田舎の風景って良いですね。外国でしばらく暮らしていた時、古きよき時代の日本の風景を日本大使館での映画会で見、涙・涙・涙・・・題名は「砂の器」でした。

外国の風景はまたそれはそれで素晴らしいのですが、馴染めないのがちょっと辛い。綺麗だけでは心に響かない。美人の話ではありません。

これは近所の廃池。以前は釣堀だったので、今でも鯉か鮒か分かりませんが、50センチ近くもありそうな大きな魚が泳いでいるのが、道路から見えます。時々釣り人がいます。危険ですからご注意。一時は釣りブームでしたが、少し下火なのかな?

私の子供の頃は、夜店では金魚すくいだけじゃなく、鯉釣りとかウナギ釣りとかもありました。子供より親の方が熱心でしたっけ。今は、24時間営業のゲームセンターに釣堀まであるんですし、レストランで釣った魚を料理して食べさせてくれるとことまで出現。

子供たちが小さい頃はこの釣堀は営業してたはずですが、私たちは釣りは苦手なので入場経験無し。昔、吉野川に釣りに出かけて、子供たちばかりかパパリンまで、私の弟に餌をつけて貰って、ちょっと嫌がられたことがありましたね。都会育ちだもんで。

ところで、2~3日前に掲載した赤いつり橋の架かった池では、何かを養殖しているらしく綱が張り巡らされて、鳥に盗られるのを防いでいます。それで、大きな白い鳥(サギ?)が木いっぱいに巣を作って繁殖していたのがほとんで居なくなりました。駅の近くの林にお引越し。

まだまだ自然が残っているご近所を毎日散歩できる幸せに感謝。アーちゃんと一緒に出かけるようになってからは前の半分くらいの距離ですけどね。

Img_hatake 久しぶりに長い方の散歩へ。ついでに「ご近所の花」のアルバム用にと写真を撮影。ご覧ください。

ここは田舎です、本当に。私のふるさとは大阪から比べると当然小さな町ですが、田舎ではない。家の扉を開けると前は国体道路が走り、近所にはもう畑も田んぼもない。

| | コメント (2)

バイキング三昧

1日午後: ほとんど毎日食べ物のトラックパックが来ます。一応、HPを見てみて皆さんにも訪問してもらうといいなあというのだけ紹介してありますので、どうぞご覧ください。変なのは発見次第削除しています。

どうも私は食べ物のことを多く書いているらしく、フランス料理やイタリア料理が来ますね。ご馳走様。見るだけなのでお腹がグ~。トラックバックとは関係ないですが、つい食べなくなって煮豆を作るついでに、ポークビーンズを作ってしまいました。気がつくと、本日は「すき焼き」と3日前から決定。ああ、また・・・

5月1日朝: Img_gairoju 日曜日の夕方に撮影。すっかり通りが明るくなってました。ついこの間までは枯れたように葉もなかったのに。「春で~す!」 と思いきや、今朝はテレビで5月です、「初夏です」の声。

ワ~! バンザ~イ! フィリピン旅行で買ってきた夏服が着られます。ペンちゃん(嫁)と娘と三人で、色違いを買ったサブリナパンツみたいなのは、昨晩着ました。覚えているかな? これからブラウスをいっぱい出しましょう。ピンクに赤にそりゃもうカラフル。さらに元気が出そう。

娘よ早く冬物を送り返しなさい。お部屋を明るく模様替えしたら、もっともっと体調がよくなるよ。外側からの元気作りも必要。

30日夜中更新: Cutout_jutan2世間ではゴールデンウィークだと浮かれているらしく、レストランはどこも盛況。我が家も一人前に本日は外食。

姑と三人で。息子家族が居た去年も出かけた焼き肉屋は今日もいっぱいで駐車スペース無し。そりゃ、こんな日に暇な店はダメだよねといいつつも、私は待つのが大嫌い。別の店へ。

結局ホテルのバイキングへ。また食べ過ぎてしまいました。いくら新聞で「肥満が体に悪いというのは事実じゃなく、医者の思い込みだ。」なんて記事を読んだからって・・・

バイキング料理でこんなに満腹になるまで食べたのは久しぶり。いつもは注意して食べ過ぎないようしているのですが。多分、すき焼きの恨み。本当は好物のすき焼きを予定していたのですが、急に姑から結婚記念日だからお祝いにどこかへ食べに行こうというお誘い。で、つい食べすぎ。(おじいちゃんは今年3回忌なのに。)

近くのテーブルには小学生の女の子のグループがいて、おいしそうにソフトクリームを食べてました。つい私も。最近のバイキングでは大概のところで、自分でソフトクリームを盛り付けるのです。なかなか手作りは味わえないですから自分の分だけでなく他人の分まで。パパリンは3人分作ってくれました。優しいのか嬉しがりなのか?

別のバイキング屋では、蜜豆とかパフェ、それから綿菓子も自分で作らせてくれます。子供なら一度は経験してみたいことですよね。それは焼き肉屋さんのバイキング。

お寿司やうどん、ソバなんかもあるし、本日のはちょっと高級な店だったので、牛肉のシャブシャブまで。前回のホテルは、さらに高級だったので、カニのてんぷらを目の前で揚げてくれてました。バイキングマニア?

ホテルのバイキングで気持ちの良いのは、食べてすんだ皿をさっさと片付けてくれること。いつまでもそのままだと食が進まない。私は自分でスープから順に少しずつ取ってきて食べるのが好き。いっぺいに皿にテンコ盛りにすると食欲がなくなる。

昔、息子が小学生・娘は多分幼稚園にも行ってなかった頃のこと、大阪の有名ホテルでのバイキングに出かけたら、なんと息子と娘は二人して、素麺ばかりを食べてました。色がついていて美味しかったのでしょうけど、他にもいろいろご馳走があったでしょうに。

今でも娘は素麺が大好き。お味噌汁に入れて煮麺(ニューメン)だって。

先ほど息子から、30メートルくらいのすぐ近所で火事があってドキッとしたという連絡。無事鎮火したから安心してくださいとのこで、ホッ。
先日出かけてきたところなので、大体は分かるのですが、狭いところに軒を連ねて家が建っているので、火事になったらそりゃすぐ類焼するだろうと心配でした。

| | コメント (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »