« また失敗 | トップページ | ダウンしました »

3月です!

1 雨が降りそうな曇天。数日来暖かくて良い天気かと思うと、あっという間に寒くなったり・・・春の天気は不安定なものなのです。女心と春の空? そうでしたっけ。

昨日の海兵隊員数百名がどこかに立て篭もったという話題以降は、本日はフィリピン情勢のニュースはネット上には見られません。ホッとしてます.

息子の方も少し回復傾向らしくメールが来ました。歩けるくらいまでにはなったらしい。明日には回復予定。一度検査を・・・本当に医療事情が問題。医療費だけではなく待ち時間が長いので診察してもらいに行けない。日本では春は木の芽時で病気になる人が多い季節だけど。フィリピンじゃ、年中夏なのに。

その点、娘は一人暮らしでも同じ日本なので病院はすぐ行けるし、衛生環境を心配する必要もないので安心です。仕事が忙しくて昼食時間や休憩を取れないことと、夜遅くなって夕食を食べる気力がなくなることが心配。差し入れに美味しいウイロとかレア物のとろとろプリンなんかを頂くから余計に夕食抜きに。お肌に悪いよ。もう曲がり角だよ。規則的な食事と睡眠をお忘れなく。たって、仕事柄無理ですね。まだ大丈夫だけれど、これからお肌ボロボロは職業病?ご用心、ご用心。

3月は桃の節句。お雛さまです。去年は4月まで出しておきましたっけ。今年はどうしましょう。娘が戻ってこなければ出す気力が沸きませぬ。11日に戻るらしいけれど、遅いお雛さまをする?パパリンと二人だけで美味しい散らし寿司を作って食べましょう。でもどうも男性は握り寿司は好きな人が多いけれど、散らし寿司って好きじゃないみたい。

子供が小さい時はいろいろと伝統行事も楽しいですが、成長してしまうと何だか大人だけではねえ。でもワンちゃん達に壊されても困るので飾る所を工夫したこともありましたっけ。古いものなので臭いが気になるらしくて。ま、今の所は一つの人形も食べられてません。

戦後まもなくの頃に、私のために全財産を叩いて買ってくれたという御殿付きのお雛さまは、随分前に母が一人で吉野川に流してくれたとか。

来年度、つまりこの4月からこの近辺は粗大ゴミの収集は有料となるそうで。ずっと以前から電気製品がそうですね。電話申込みが必要。捨てるなら今月中に。いえ、まだ娘のお雛さまは捨てません。

江戸時代には豪華なお雛さまではなく紙製の質素なもので、節句が過ぎたら川に流すのが習慣だったとか。女の子の代理として厄を流すという意味で。

もう何度も書いたけれど、3月1日はステンシルの体験に出かけます。本当はリサイクル手芸の日。でも今月だけ3回あるので勝手にカット。自宅で牛乳パックで椅子を作って来週持参するつもりで~す。できるかなあ?去年の11月に先生から頂いた土台に、布カバーをつけたのを現在使用中なので見ながら作りましょう。

お尻をちょこんと乗せるだけの小さな椅子。正座用の補助椅子かな。私はPC作業を机でしているのですが、同じ姿勢なので時々背中が痛くなるので、体勢を変化させるべく座って作業をします。でも体重のせいで正座は足がすぐ痺れます。それで座椅子を。

それにアーちゃんをシャンプーした後のドライヤーかけはその座椅子に座ると安定します。このときは正座ではなく足を投げ出してアーちゃんを囲い込む感じ。だから、大きい方が良いんです。マルチーズのマリちゃんを殆ど毎日部分シャンプーしてた時には、2キロしかなかったので洗面台で洗って、洗濯籠の上に乗せて私は立ったままでドライヤーをかけられて楽でしたっけ。お洒落好きな子だったのか大人しくされるがまま。

紀州犬のラウラは毛が短かったので、シャンプーは楽でした。たまにしか洗わなかった上にバスタオルで十分でした。自分のお口でちゃんと体中をきれいにお手入れしてましたよ。これは小型犬には真似ができないことです。お尻まで舌が届かないんだから。え、それって小型だからではなく、口(鼻先)が短いから舌も短い?

そうですね、きっと。この鼻先が長いと餌をほおり挙げるとカブリってうまくキャッチできるんです。マリちゃんもアーちゃんもこの芸はできない。目のつき方も違っているのかな。平たい顔と細長いキツネ顔では目の位置が違うので見え方が・・・同じ犬族でもいろいろ違う。足の動かし方も違う。マリちゃんもアーちゃんも前足を猫の手のように器用に動かせる。それに小型犬は平気で人の体の上に上ったり、舐めたりする。ラウラは決して顔は舐めなかった。ところで、我が家の歴代のワンちゃん達は皆、シャンプー後にすることがあります。

部屋中を走りまわり、絨毯に体をこすりつける。どこのワンちゃんも同じでしょうか。で、面白いから襖を開けて広くしてやりますと、これまた嬉々としてあっちからこっちへと脱兎の如し。でもマリちゃんだけはすぐに水を飲みに。狭い部屋なのに4~5周したらダウン。

 ところで、アーちゃんはパパリンの側に居るのに飽きたら、私の部屋のドアの前に来て、入りたいときは控えめにノックをする。入りたくないときは私が居るのを確認したらまたすぐにバック。私はドアガール?

ラウラは20キロ以上あったので同じことをされたら、襖の二の舞だ。ボロボロに。ガシガシ、ドーンという音がしましたからね。普段はそんなことはしない控えめな子だったんですが、お客さんが来ると番犬としての職業意識が呼び覚まされるらしかった。

今頃はマリちゃんと仲良く遊んでるかな?ってパパリンがさっき言ってました。どうしたのかな。そして、マリちゃんの方が年は若かったけれど先に行ったので先輩面してるかなって。でも現世でも新米のクセにソファー争奪戦で先輩犬のラウラを追っ払ってたよ。気が強かったのかわがままだったのか。

今でもラウラの思い出のために、ボロボロになった襖はそのまま。ええ、お金が無いのではありません。

2 私の代わりに懸賞で稼いでください。私は参加できませんので。

|

« また失敗 | トップページ | ダウンしました »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また失敗 | トップページ | ダウンしました »